FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


20代新人ナースの診察 [2018/09/18 23:43] 未分類
RIMG0002b.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は福井県の22歳新人ナース、英里さんの診察です。今日は英里さんに名古屋まで来てもらっての診察となりました。英里さんとはラインで1年くらいやり取りをして、やっと会えました。目がくりくりとした、純粋そうな可愛らしい女性です。

今日は健康診断の設定でプレイを開始します。まずは聴診からです。さすが22歳、張りのある素敵なオッパイです。揉むと弾力性が素晴らしく押し返してきます。手が乳首に触れると、すぐに乳首は勃起します。

次に検温です。直腸温を測定するためベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を見ると、脱ぐ前から染みが広がっているのがわかります。
kasumi2.jpg

下着を下すと、陰唇は既に大洪水。濡れ濡れです。体温計を入れる前にゼリーを塗った指を英里さんの肛門に挿入します。弾力性のある肛門です。その先、直腸には便は感じられません。指を抜いて体温計を挿入します。測定結果は36.6度。脇の下よりも1度ほど高く出るものなので、低めです。

今度は導尿です。採石位に体位を変換します。陰唇を開こうとしても愛液がベトベトで、ヌルヌルして指が滑ってしまいうまく陰唇が広げられません。ティッシュペーパーで愛液をふき取ってから陰唇を広げ12Frのカテーテルを尿道口から挿入します。名古屋に着いた時にトイレに行ってしまっていたので出るかどうか不安でしたが、チョロチョロと排尿がありました。英里さんは導尿の処置は患者さんに実施済みでしたが、自分が導尿されるのは初めてだったみたいです。さらにカテーテルが入った状態でカテーテルに電マを当てて尿道を刺激します。初めての体験に戸惑う英里さんでしたが、気持ちよかったそうです。


導尿の次は膣の検査です。最初にクスコ式膣鏡のMを英里さんの膣に挿入します。開いてライトで中を照らします。子宮口が正面に見えています。この状態で小型内視鏡を英里さんの膣内に挿入し、スマホでリアルタイムで英里さんに見ていただきました。初めて見る自分の膣内の様子に驚かれた様子でした。膣鏡が抜かれると、今度はもも先生の指が英里さんの膣の中に侵入してきます。まずはGスポット周辺を弄ります。ピンスポットでGスポットを責められると英里さんは快感で腰を浮かせて喘いでいます。とても可愛い声です。指はさらに奥のポルチオ周辺に移動します。ポルチオでも強い快感を感じられるようで今度は体を捩じって暴れています。一旦指を抜いてクリトリスを刺激します。クリトリスもかなり感じるみたいです。まだ電マの経験がない英里さんに電マを使ってみましょう。フェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てて振動を付加します。初めて体験する刺激に英里さんは絶叫しています。さらに電マをウーマナイザーに替えてみます。最高に気持ちが良いようで逃げ惑っています。中がお留守になっているので電マのアタッチメントを入れましょう。最初にビッグオルガを使います。頭の部分が大きいので入れる時は少し痛がりましたが、振動が開始されてクリトリスとGスポットに刺激が伝わると、快感のあまり体が震えています。さらにシナプスフェーズに替えて、クリトリスとポルチオのW責めに切り替わります。これだけでもガクガクとなっていたのにさらにもも先生の指が肛門から侵入してきました。英里さんは「気持ちいい」と言ってましたので、尿道に続き肛門の快感をも得たようです。長時間感度の検査を続けていましたが、さすが22歳。延々責めていてもギブアップすることはありませんでした。

休憩の後は浣腸です。これまた患者さんにはしたことはあっても浣腸されたことがないそうで初体験となります。左側臥位になってもらい、200ccガラス浣腸器にグリセリン50%溶液を120cc入れて浣腸します。わざと少し空気を入れました。(出す時にいい音が出ます)初めての浣腸に、注入後1分も経たないうちから弱気な発言が頻発します。それでも励まされて何とか5分に我慢に成功しました。しかし採石位にして差込便器を腰の下に入れるも「この姿勢では出せません」と言うのでベッド上に簡易便器を置き、跨らせます。跨ると同時に肛門からグリセリン液とガスが一気に排出されました。しかし便が出ません。その後トイレに籠って出してもらい、便を確認しました。黒っぽい下痢状の便でした。最初は匂いがしないと思いましたが、便の直近10cmの距離で匂うと臭かったです。(笑)

最後に肛門と直腸の検査です。再びベッド上で膝胸位の姿勢で寝てもらいます。最初に触診です。もも先生の指が英里さんの肛門に入り、肛門壁と直腸壁を触診します。肛門壁は痔核もなく、非常にきれいな状況でした。次にケリー氏式直腸鏡を入れます。英里さんの直腸壁が血管まできれいに見えました。その後、ゴムスティックを肛門に入れてみましたがゴムスティックは残念ながら英里さんのお眼鏡には叶いませんでした。

その後、もも先生が患者役になって英里さんに診ていただきました。ナースさんとのプレイはこれが楽しみです。ピンクのワンピースのナース服を着た英里さんは天使でした。

オマケで高速椅子に英里さんの四肢を固定し、ウーマナイザーでクリトリスを責めます。
あまりの気持ちよさに英里さんは床に向かって無意識のうちに潮をふいていました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/09/25 13:26] | # [編集]

すみません、コメントに気づいておりませんでした。
昨日メールさせていただきました!
[2018/10/07 01:34] URL | もも先生 #HsxrEBIM [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/365-5e3ad6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)