FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


20代肛門直腸の感覚が好きなOLと複数プレイ [2018/08/15 22:07] 未分類
0815.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知県の24歳、しのさんの再診ですが、今日は妲己先生もご一緒で3人での複数プレイとなりました。

連休なので渋滞があるかなと思ったのですが、意外とスムーズに待ち合わせ場所まで行くことができました。外来患者さんの設定で診察をスタートさせます。

最初に聴診から入ります。露わになったEカップのオッパイに聴診器を当てます。やや鼓動が早い感じです。妲己先生も聴診器を当てて心音を確認します。乳首は早くも勃起している感じです。

次にベッドの上に上がってもらい、検温のため膝胸位の姿勢になってもらいます。「ズボンを脱いで上がってください」と言ったのにいきなり素っ裸でベッドに上がったしのさん。からかわれて恥ずかしそうにしています。体温計を入れる前に手袋を嵌めた指にゼリーを塗って肛門に挿入します。直腸内には便は無さそうです。肛門が感じるしのさんは、指が這い回るだけで感じてしまい喘ぎ声を出しています。同じように妲己先生も、もも先生に替わって指を肛門に入れます。妲己先生はいきなり膣に指を入れてしまいもも先生に指摘されて大笑いしています。あらためて妲己先生の指が肛門に入りました。妲己先生が直腸の中で指を動かすたびにしのさんは喘いでいます。抜いた妲己先生の指先には少し便が付着していました。指を抜いた肛門に妲己先生が体温計を挿入しました。測定温は37.3度。脇の下なら36.3度程度ですので平熱です。

今度は採石位の姿勢になってもらい、剃毛を行います。Vライン、Iライン、Oラインの全剃毛になりました。剃毛して綺麗になった陰唇に膣鏡を入れて膣内の視診を行います。今日はクスコ式膣鏡のLサイズを使います。大きく広がった膣内を妲己先生と一緒に視診しました。視診の次は触診です。もも先生の指がしのさんのGスポットを捉えます。指がGスポットを擦るたびにしのさんは喘いで足をバタバタさせます。また、膣はもも先生の指を締め付けて離しません。さらに指はポルチオに達し、ポルチオを突くとGスポットとは異なる快感にやはり大きな喘ぎ声を発して感じていました。指だけではなく器具も使いましょう。ハイパワーの電マ、フェアリーブラックエクシードでクリトリスを刺激します。単調ながら強烈な刺激にしのさんは感じ続けています。クリトリスに関しては最近評判のウーマナイザーがあります。ウーマナイザーに替えるともう耐えきれなくなったしのさんは両足を閉じようとしますが、二人に押さえつけられて強制的に快感を与え続けられるのでした。さらに中の方も器具で責めましょう。フェアリーブラックエクシードにビッグオルガを装着してクリトリスとGスポットを責めます。さらにフェアリーファーブスターに
装着したアイリーコネクトでクリトリスとポルチオを責めます。アイリーコネクトでポルチオを突く度にしのさんは大きく喘いで足を痙攣させます。空調が効いている部屋とはいえ、しのさんは長時間の快楽責めでぐったりしています。

少し休憩した後は導尿を行います。12Frのカテーテルが膀胱に達すると黄色い尿がコップに排出されています。300cc程の尿が採取できました。導尿の次は浣腸です。今日はグリセリン液50%で150ccの浣腸になります。200ccのガラス浣腸器に入れたグリセリン液が
カテーテルを通じてしのさんの直腸に入っていきます。全ての薬液を入れ切った頃にはしのさんは早くも便意を訴え始めます。でも5分以上我慢させることを標準としているもも先生ですのですぐには出させません。しのさんは「あと何分ですか?」と何度も聞きますが、かなりお腹が痛くなってるようです。もも先生がお腹を指で押して悪戯をすると、妲己先生も真似をしてしのさんのお腹を押します。しかも「今押したのはもも先生ですよ」と嘘をついてもも先生のせいにするのです!すっかり悪者になってしまったもも先生。でも、しのさんは頑張って5分我慢しました。5分後にベッド脇に置いた便器に跨って、妲己先生ともも先生に見られながらブリブリと排便を行いました。(妲己先生はやや離れた場所でw)

最後に肛門と直腸の検査を行います。最初に触診です。もも先生が肛門壁を触診します。次いで妲己先生も直腸壁を触り異常がないか確認しています。さらに直腸壁も触診します。直腸からGスポットやポルチオを刺激する方法を妲己先生に伝授しました。触診の次は視診です。有柄式肛門鏡でしのさんの肛門を左右に開いて肛門壁を外気に晒します。それを妲己先生に見ていただきました。さらにゴムスティックをしのさんの肛門に入れます。どのゴムスティックもしのさんの肛門/直腸を気持ちよくさせるものであり、刺激される度に足を痙攣させながら喘いでいました。締めに電マのアタッチメント、シナプスヴォーグでクリトリス、ポルチオ、肛門の3点責め。さらに両乳首まで責められて5点責めの快感に喘ぎ続けるしのさんでした。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/361-911ed547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)