FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


40代の美魔女の診察 [2018/04/04 23:57] 未分類
442.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は埼玉県の40代の美魔女、佐和子さんです。「こんな年齢でいいのかしら」と謙遜されてましたがとても40代には見えない美しい方でした。

いつもの様に聴診から入ります。形の良いおっぱあに聴診器を当てます。心音は正常、落ち着いていらっしゃいます。

検温のためベッドに 膝胸位になってもらいます。「お尻が大きいのがコンプレックス」と仰ってましたがとんでもない!素晴らしい迫力のあるお尻です。ほぼ満点です。ゼリーを塗った指を佐和子さんの肛門に入れます。もも先生の指を佐和子さんの肛門括約筋が締め上げます。ゼリーを肛門壁に塗りつけると佐和子さんの口から悩ましい声が聞こえます。どうしたのか聞いてみると「変な感じ」と言うのですが感じているっぽいです。指を抜いて体温計を挿入します。37.3度だったので、脇の下なら36.3度相当です。

採石位の姿勢になってもらい導尿を行います。IラインとOラインは完璧に剃毛されています。小さな小振りの陰唇を開いて尿道口を確認します。12Frのカテーテルは容易に挿入できました。間もなく紙コップにチョロチョロと排尿がありました。カテーテルを抜く前に電マをカテーテルに当てて尿道に刺激を与えます。佐和子さんは初めての刺激に「電気が来てるみたい」と戸惑っておられました。

次に膣の検査です。まずは膣鏡で膣内を視診しましょう。小さめの陰唇なのでクスコ式膣鏡のSを入れてみましょう。膣内は綺麗なピンク色です。膣鏡を抜いて触診兼感度の検査です。最初にクリトリスに電マ、フェアリーブラックエクシードを再弱にして当てます。すると、こんなに弱い振動なのに佐和子さんは大絶叫します。「クリトリスは弱いの!」ということらしいです。続けてウーマナイザーも当ててみましたが同じ反応です。クリトリスの感度が尋常ではない様です。続けてGスポットも指で刺激してみます。佐和子さんはGスポットの反応もかなり敏感です。もも先生の指がピンポイントでGスポットに当たる度に腰を浮かして大絶叫です。ポルチオも同様で素晴らしい反応です。佐和子さんの場合は子宮口のぷっくりしたところを直接刺激するのが気持ちいいみたいです。

指を抜いて器具でも刺激を与えてみましょう。電マのアタッチメントをまずはOOGA Touchから試してみます。初めての体験に佐和子さんはこれまた大絶叫。「中が気持ちいいけどクリトリスの刺激が強すぎる」と言うので、アタッチメントをオルガスターに変更。こちらも気持ちいいみたいですが、「お尻に当たるところが気持ちいい」そうです。さらにアタッチメントをシナプスフェーズに替えてポルチオへの刺激に変更します。佐和子さんはポルチオもかなり感じている様子です。シナプスフェーズが入っている状態で、佐和子さんの肛門に指を入れてクリトリス、ポルチオ、肛門の3点責めを行います。もも先生の指は膣内のシナプスフェーズをなぞる様に動き、時には直腸壁を通してポルチオを刺激します。佐和子さんの感じるポルチオは膣と直腸からのダブルアタックで絶頂状態に。

しばらく休憩した後に浣腸を行います。今日は50%のグリセリン溶液を120cc浣腸しましょう。 ベッドに左側臥位に寝てもらい、肛門にカテーテルを挿入します。 グリセリン液はすぐに佐和子さんの直腸内に飲み込まれました。すぐに便意を催した佐和子さんですが、もも先生に肛門を押さえられて排便できません。腰の下に差込便器を入れますが、佐和子さんは「こんなところでは出せません」と猛反対。結局、肛門を抑えずに自力で3分我慢我慢できたらトイレ、ということにします。何とか頑張って我慢した佐和子さんですが、トイレに付いて来たもも先生にウンチを出す音やオナラの音を聞かれたのでした。

最後に肛門と直腸の検査です。最初に指で触診します。指がねっとりと佐和子さんの肛門壁と直腸壁を這い回ります。 佐和子さんは這い回る指の感覚に悶絶し、「気持ちいい」と呟いています。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を肛門に挿入します。まだ直腸内には浣腸液が残っているのが見えます。さらに特大のチェルシーイートン式肛門鏡に入れ替えます。直腸の中が、より鮮明に見えますが、やはり浣腸液に邪魔されて直腸壁の視診は不完全に終わりました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/349-9cd1fe13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)