FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


妲己先生との複数プレイ [2018/01/09 01:26] 未分類
0108.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の患者さんは三重県の20歳OL雛子さん、3回目の診察です。今回は研修中の女医、<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の患者さんは三重県の20歳OL雛子さん、3回目の診察です。今回は研修中の女医、妲己先生も同行です。

今日は外来患者さんの設定です。今日はどうされましたか、と聞くと「濡れすぎるんです」と答える雛子さん。妲己先生にどこが濡れるの?と訊かれて「おまんこ」と答える雛さん。妲己先生も苦笑いです。まず聴診を行います。最初にもも先生が聴診した後、妲己先生も聴診します。心音はやや早めです。乳首はほとんどフラットな状態でしたが、少し触るだけでみるみるうちに勃起します。妲己先生も反対側の乳首を触ると、やはりコリコリに勃起します。妲己先生が「どうしたんですか?」と訊くと「気持ちいい」と答えます。次に膝胸位でベッドに寝かせて検温です。雛子さんは慣れているのでベッドに上がるように指示されると素っ裸になっています。陰唇を覗き込むともう濡れ濡れになっています。妲己先生と顔を見合わせて指で愛液を掬い取るとツーッと糸を引きます。体温計を入れる前にゼリーを塗った指を肛門に入れます。直腸内に便は無いようです。今日の昼間に排便があったそうです。次いで妲己先生も直腸診を行います。妲己先生は肛門や直腸の襞を念入りに触診されています。「変な感じ…」と雛子さんは漏らしますが、きっと気持ちいいのでしょう。指を抜いて体温計を肛門に挿入し、直腸温を測定します。実測37.3度なので腋の下換算で36.3度と判断します。

直腸温測定の次は全剃毛です。砕石位になって剃毛を行いましょう。妲己先生と交替で剃り揚げました。性器周辺は赤ちゃんの様にツルツルになりました。きれいになったところで導尿です。今回は留置式バルーンカテーテルを使いましょう。カテーテルを尿道に挿入すると尿袋に尿が溜まり始めます。バルーンを膨らませてしばらくすると250ccほどの量が採尿できました。導尿中も膣の中から愛液がドロドロと流れ続けます。妲己先生は呆れ顔です。そこでカテが入ったまま今回もカテに電マを当てて尿道に振動を与えます。ブルブルと震えながら感じている雛子さん。

あまりにも濡れ続けているので膣の検査を行います。カテーテルを抜いて膣の視診です。クスコ式膣鏡のLサイズを使って、膣を広げます。膣鏡の中に子宮口や膣壁の襞が見えます。膣鏡を抜いて今度は触診です。最初はGスポット、次にポルチオを指で触診します。今日はGスポットの反応が今ひとつでしたが、ポルチオは非常に感じているようです。妲己先生に交替して触診してもらいます。残念ながらポルチオまで指が届かなかったので器具を使うことにしましょう。まずはクリトリスにウーマナイザーを当てます。最近大人気のこの器具ですが、振動と吸引でクリトリスに強烈な刺激を与えます。ほどなく「イク~」と叫んだ雛子さんはベッドの上を暴れまわっています。それをもも先生と妲己先生が押さえつけています。さらにシナプスフェーズでクリトリスとポルチオを責めます。シナプスフェーズが入ったままでもも先生の指は雛子さんの肛門へ。フェアリーブラックエクシードに装着したOOGA Touchを使ってクリトリスとGスポットの同時責めです。妲己先生は雛子さんの乳首を刺激しています。さらにフェアリーブラックエクシードに装着したOOGA TouchでリトリスとGスポットを責めます。こちらの反応は今ひとつ。

小休憩の後、浣腸を行いました。前回と同じくグリセリン50%で200ccです。妲己先生がガラス浣腸器で雛子さんに浣腸します。まだ30秒も経たないうちに雛子さんは便意を訴えて出したいと懇願します。もちろん「こんなに早く出したらお薬しか出ませんよ」と排便の許可は出ません。3分を我慢したところでギブアップした雛子さんはベッドの下に置いた便器に排便を始めました。その後、渋りが収まらなかったので微温湯で浣腸。一部はコレにて終了です。

今日は二部があります。妲己先生が縄で雛子さんを拘束します。拘束した状態でもも先生がウーマナイザーでクリトリスを責めます。縄を解いた後はペニバンを装着した妲己先生が、雛子さんの膣にペニバン攻撃。正常位で責め立てます。その後もも先生のおちんちんと妲己先生のペニバンが交互に雛子さんの膣を責めあげます。最後にもも先生にシナプスフェーズでクリトリスとポルチオを責められ、妲己先生に乳首を責められた雛子さんは再び「イク~」と叫んでいました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/341-ee244bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)