FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


18歳女子大生の診察 [2017/12/03 23:45] 未分類
Image1203.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は兵庫県の18歳女子大生、ゆりかさんの診察です。何年も前からもも先生のブログを見ていてくれた(18歳未満は見ちゃダメよ)ゆりかさんは「下腹部出てるんです」と言ってましたがなかなかのスタイルの可愛らしい方でした。お互い大阪人ですのでホテルに行く間も話に花が咲きます。

今日は健康診断の設定でプレイを行います。まずは聴診を行います。お椀型のオッパイとご対面。聴診器を当てると、鼓動がかなり早く感じました。乳房にシコリがないかモミモミして確認します。それらしくシコリは確認できず。

次に直腸温測定を行うためにスカートとパンストを脱ぐように指示すると、既にパンツまで脱いでいます。(笑)それはそれで良し。全裸の状態で膝胸位の姿勢になってベッドに寝てもらいます。陰唇からはすでに透明な愛液が溢れていて、興奮しているようです。肛門にゼリー塗った指を挿入します。肛門はキツそうです。指をさらに伸ばして直腸まで入れます。直腸内には便塊はないみたいですが、手袋の指先は茶色くなって出てきました。体温計を入れると37.7度。。脇の下換算でだと36度7分です。

そして剃毛を行います。今回はVラインはほとんど残して、IラインとOラインは全剃毛。比較的毛が多い方でしたので剃るのに時間が掛かりましたが、最後はつるつるのかわいい性器になりました。剃毛後は砕石位にして導尿を行います。ゆりかさんは導尿に興味をお持ちでした。最初に塩化ベンザルコニウムのスワブスティックで尿道口を消毒します。その後に12Frのカテーテルを尿道に挿入しました。ゆりかさんの尿道口は非常にわかりずらい形でしたがもう慣れました。「このあたりでしょ」と挿すと一発で的中。意識せずとも排尿されるという不思議な感覚にゆりかさんはビックリ。僅かな量でしたが、採尿できました。

今度は膣の検査を行います。この検査もゆりなさんは楽しみにしておられました。まずコリン式膣鏡を入れて広げ、ライトで照らします。膣壁はきれいなピンク色でした。膣鏡を抜いて今度は触診を行います。手始めにGスポットを刺激すると、ゆりかさんの表情が歪みます。相当気持ちいいみたいです。さらに指をポルチオに移して突くと、こちらも気持ちがよいみたいです。クリトリスも指で触るともう大騒ぎです。精密検査を行いましょう。器具(大人の玩具)を使います。最初にフェアリーファイブスターでクリトリスを責めます。リズミカルな振動に感じて体をバタバタさせています。次にオルガスターを入れようと思いましたが大きくて入らなかったのでシナプスフェーズを入れました。これはクリトリスとポルチオを同時に責める器具です。振動開始早々に耐え切れなくなったみたいで体をガクガクさせて快感に耐えています。ゆりかさんは気持ちよくなると腰を上下に激しく動かすタイプのようです。ゆりかさんは「ギブアップ」と言うのですが、まだまだ始まったばかりです。今度はフェアリーブラックエクシードに装着したOOGA Touchを使ってクリトリスとGスポットの同時責め。こちらも振動が始まると同時にイキ続けています。やはり「ギブアップ」と言うゆりかさんですがもも先生は許しません。何度も続けてイケせた後、ウーマナイザーを使い忘れていることに気付きました。ウーマナイザーでクリトリスを責めましょう。これも速攻でイキ続けてゆりかさんはヘロヘロになっていました。

休憩の後に浣腸を行います。今日の浣腸は50%のグリセリン溶液を120cc。ゆりかさんは初めての浣腸でしたので5分間耐えられるか心配でした。やはり浣腸後、すぐにお腹痛いと言い出しますが我慢してもらいます。苦痛に歪むお顔が美しいです。3分を過ぎたあたりからもも先生が肛門を押さえてサポートします。何とか5分間我慢できたゆりかさんは寝たまま差し込み便器に浣腸液を排泄しました。しかし便が出ません。(朝、排便があったそうです)その後、トイレで少しだけ出ました。あれだけ苦しんだゆりかさんですが、トイレに入ってから、すぐにスッキリしたようで、浣腸の耐性がありそうです。(今後が楽しみ)

最後に肛門と直腸の検査を行います。まず指を肛門に入れ、肛門壁を触診します。締りがよくて綺麗な肛門壁です。続いて直腸壁も指で触診します。次にストランゲ式肛門鏡を肛門に入れて開いてライトで肛門壁を照らします。綺麗な肛門壁です。次いでケリー氏式直腸鏡を肛門に挿入し、直腸壁を視診します。直腸壁を観察できました。

診察終了後もOOGA Touchやシナプスヴォーグなどでゆりかさんの感度の検査を行いました。最後は立ちあがれなくなるほど疲弊していたゆりかさん、「もうきょうはグッスリですわ」と仰っていました。数え切れないほどイッたそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/337-290929e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)