FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


久しぶりのお泊り診察 [2017/06/25 01:37] 未分類

machi0623.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は茨城県のピチピチ20歳万智さんの診察です。万智さんは昔から100均出購入した注射器でお湯を浣腸したり、普段からクリトリスと乳首を刺激してオナニーをしているらしく、変態の香りがプンプンと臭っています。今日は珍しく、シティホテルでお泊まり診察です。

お仕事が長引いて夜遅く部屋を訪れた万智さん、目がクリクリした、とても可愛らしい方でした。外来患者さんの設定でストーリーを進めます。まずは聴診のために上を脱いでもらいます。バランスのとれたオッパイがいい感じです。乳首が若干勃起している感じだったので触ってみると身体を捩って逃げようとします。相当乳首の感度が良いようです。聴診器を当てると少し鼓動が早く感じます。若いだけあって乳房は少し硬く反発があり、最高です。

次に検温のためベッドに膝胸位の姿勢になってもらいます。紐パンを下ろすと、可愛らしい小さな肛門、それに陰唇は既に濡れていて愛液でぬめぬめと光っています。ゴム手袋を装着した指にゼリーを塗って肛門に挿入します。「どんな感じですか?」と聞くと「変な感じ…」と答えますが、どう見ても感じているみたいです。「肛門に指が入るのは初めてですか?」と聞くと「自分の指を入れたことがあります」と答える万智さん。やはり変態さん確定です。さて、指が直腸まで入ると直腸の中は便でいっぱいです。事前に溜められるだけ溜めておいて、とお願いしてあったのですが頑張って便秘状態を作ってくれた様です。感謝!指を抜いて体温計を入れます。測定値は37度ちょうど。

検温の次は導尿です。その前に邪魔な陰毛は剃毛してしまいましょう。砕石位でVラインを残してIラインとOラインを全剃毛し、性器はとても可愛くなりました。万智さんは初めての剃毛だったらしいので、剃毛前と剃毛後の性器の画像を見てもらいました。

陰唇が綺麗になったところで導尿を開始します。導尿も万智さんは初体験の様です。キシロカインゼリーを塗った12Frのカテーテルが万智さんの尿道に入っていきます。検尿用コップに尿がポタポタと排尿が始まりました。あまり尿が溜まっていなかったのか、僅かな排尿でした。

今日はここからが長丁場になる予感です。膣の検査の開始です。適合する膣鏡をセレクトするために万智さんの膣に人指し指を入れてみます。指先でGスポット付近を触ると、万智さんはたまらず喘ぎ声を上げます。指を2本にして、本格的に膣内を触診します。Gスポットの感度は非常に高い様です。ポルチオも感じるのか聞いてみましたが、ポルチオの存在自体がわからない様です。ならば「ここですよ」とポルチオを触ってみると、こちらもとても感じています。それほど広がる膣ではないので、今日はクスコ式膣鏡のMサイズを使いましょう。若いので、まだ婦人科検診を受けたことのない万智さんですが、初めての膣鏡体験です。膣鏡が膣に入ってきてくぱーっと広げます。ライトに照らされて子宮口が観察できました。膣壁も綺麗なピンク色です。膣鏡を抜いて、いよいよ感度の検査です。まずはクリトリスを刺激しましょう。ターボローター(普通のローターよりも強力です)をクリトリスに当てます。強烈な刺激に万智さんは絶叫します。次に本日楽しみにしていた新兵器ウーマナイザー2の投入です。
wn2.jpg
この器具はクリトリスに当てて真空状態を作り出し吸いながら振動を与える構造の様で、静岡SMの館Bちゃんのお勧め品です。吸引を開始すると、瞬時に万智さんは絶叫し、ベッドの上を逃げ回ります。相当気持ちいいみたいです。「気持ちいい!」と言いながら逃げる万智さんを押さえ込んで器具をクリトリスに当てます。逃げすぎてもうベッドの上には下半身しか残っていません。(笑)さらに電マを用意し、オルガスターで責めます。バイブ系も経験がない万智さんにはかなり強烈な刺激だったと思います。その後シナプスヴォーグ、、アイリーコネクト、電マンアタッチメント、シナプスフェーズ、OOGA TOUCHと次々に投入しましたが、全ての器具で感じて絶叫し、逃げ惑い、万智さんはヘロヘロになってました。でも、「もう止めて~」とは言うものの、電源を切って「本当に止めでもいいの?」と聞くと首を振る変態万智さん。(笑)その都度責めが再開され、何度も絶頂に達して絶叫する万智さんでした。

休憩の後は浣腸です。今日もグリセリン50%で120ccの浣腸液を作りました。左横臥位に寝た万智さんの肛門に浣腸器のカテーテルが入りました。間もなく全ての薬液が万智さんの直腸内に送り込まれました。お湯浣腸しか体験したことのない万智さんでしたが、1分もしないうちに便意を訴えます。でも、5分我慢するように指示された万智さんは、肛門をもも先生に押さえられているので、苦しくても我慢するしかありません。砕石位になってもらい、腰の下に差込便器を入れます。相変わらず肛門は押さえられているので、どんなに苦しくても出すことができません。5分頑張って我慢した万智さんは、排便の許可を貰うと一気に排泄を始めました。肛門からグリセリン液に混じって灰色がかった便が出てきました。便はだんだん細くなって行きますが、ブチブチと音を出しながら止まることがありませんでした。

この時点で、もう万智さんには体力がほとんど残っていなかったので最後にケリー氏式直腸鏡を肛門に入れて直腸内を観察して診察は終了です。

でもまだ気持ちいいことはされたがっているのではないかと思い、快楽責めを実施。今度は前半をもも先生の指で責めて、後半を玩具で責めました。

「もう体力、何も残っていません」と言う万智さんとぐったりとして就寝しました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/328-dc696e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)