FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


現役ナースの診察と研修中女医のデビュー [2016/11/22 23:42] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は現役ナース冴子さんの久しぶりの診察です。しかも今回は女医妲己先生のデビューです。つまり久しぶりの複数プレイ!
冴子さんも妲己先生もバイなので楽しい一日になりそうです。

季節外れの浴衣を着た(笑)冴子さんが外来患者の設定です。聴診のため浴衣の前をはだけると、たわわなオッパイが。聴診器を当てて心音を聞き、続いて妲己先生にも聴診してもらいます。続いて乳癌のシコリがないかおっぱいをモミモミ。当然妲己先生も続いてモミモミ。弾力のある立派なオッパイです。続いて検温です。直腸温を測定するために冴子さんに膝胸位になってもらいパンツを下ろします。妲己先生がゼリーを塗った指を肛門に挿入します。便には当たってないという妲己先生ですが、指を抜いてみると指先には茶色い便が付着しています。軟便が直腸に滞留しているようです。もも先生が冴子さんの肛門に体温計を挿入しました。測定値は37.7度。直腸温は1度程高く出るので実質36.7度です。

次に砕石位にして導尿を行います。何度かもも先生の尿道で練習を行った妲己先生、今日の導尿は滅菌処理を含めて完璧でした。紙コップの中にちょろちょろと尿が流れてきます。妲己先生は大胆にも尿をテイスティング。冴子さんは薬を飲んでいるせいか、少し苦かったらしいです。この頃には冴子さんの膣からは愛液が大量に流れ出ていました。妲己先生がそれを発見したので膣の検査を行うことになりました。まずはスライド式膣鏡を入れて膣を広げますが、少し痛がったのでクスコ式膣鏡のMを入れました。これは細いので痛みもなくスムーズに広がります。子宮口も綺麗に見ることができました。妲己先生は初のリアル膣内視診です。さらに指でクリトリスを触ると冴子さんの口からエッチな吐息が漏れてきます。冴子さんはオナニーの時もクリトリスを触っている、クリ派なのでクリトリスを中心に責め立てることにしました。電マをクリトリスに当てて快楽責めです。今日はスライヴとフェアリーミニブラックエクシード、それに久しぶりのパワーシェイクも用意して、3本を順にクリトリスに当てます。逃げようとしても妲己先生に押さえられてクリトリスの快楽から逃げられない冴子さん。「苦しい、苦しい…」と訴えても妲己先生ももも先生も攻撃の手を緩めません。ようやく責めが終わった時には冴子さんは荒い吐息でぐったりとベッド上に横たわっていました。

休憩して体力が回復した冴子さんに浣腸を行います。今日はグリセリン50%溶液で150cc。200ccのガラス浣腸器に薬液を入れて妲己先生に渡します。浣腸する前から便意のあった冴子さんは薬液が全部注入される前から便意を訴えます。本来なら5分以上我慢させるところですが、今日は特別に3分の我慢にします。グリセリンの便意に苦しむ冴子さんに「浣腸は好き?」と聞くと「好き」と応えます。正直でいい子です。冴子さんは排便したがるのですが、妲己先生が肛門を押さえているので出すことができません。ようやく3分我慢したところで便器にまたがる冴子さんですが、しゃがんですぐにグリセリン液を排出し、続いてどろどろの軟便が大きな音を立てて便器に落ちていきます。便は液状になり、最後は空気を排出しているのですが、それはそれは大きな音となって部屋中に響き渡ります。もも先生は大喜び。妲己先生は匂いを避けて避難です。(笑)

排便後に肛門と直腸の検査を行います。まずは折角の複数プレイなので有柄式肛門鏡で肛門を左右に広げます。妲己先生がライトで照らして肛門壁を視診します。続いて妲己先生によるケリー氏式直腸鏡での直腸内の視診です。妲己先生には直腸壁を視診していただきました。

診察は一旦ここで終了です。しかし精密検査ということで感度の検査を再度実行します。しかも妲己先生お得意の縄で拘束しての責めになります。上半身を縛られた冴子さんですが、縛り終わったところで再度便意を感じたので、縛られたままトイレで排泄です。ベッドに戻り仰向けに寝かせます。またもクリトリスを責められ続ける冴子さんですが、縛られているので抵抗できません。冴子さんは縛られるのは初めてだったのでかなり緩く縛っていただきましたが、妲己先生の縄が外れるわけがなく全く逃げられない状態です。大声をあげ、体を前後に揺らして絶頂を体現する冴子さんですが、今度はさっきよりもかなり長時間責められ続けています。妲己先生はペニバンを装着し、冴子さんに挿入開始。もも先生はその状態で電マをクリトリスに当てます。興が乗ってきた妲己先生は冴子さんとディープキスをしたり顔中を舐めまわしています。また、あるときは左右の乳首を妲己先生ともも先生に吸われています。もちろんその間はクリトリスを延々と責められています。責めが終わった時点でベッドの上にはヘロヘロになった冴子さんが一人横たわっていました。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

この記事に対するコメント:
とても勉強になりました
ありがとうございました
まだまだ教えていただいた多くのコトを生かしきれておらず拙い助手ですが、もも先生のような素晴らしい診察を目標に頑張ります
[2016/11/27 00:23] URL | 妲己(だっき) #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/312-fbbc57a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)