FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


ゴム手袋フェチ患者さんの診察 [2016/05/14 22:07] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は千葉で初診患者さんの診察です。初診の患者さんはどんな方が来るのかいつもドキドキするのですが、今日の患者さんは、それはそれはショートカットのとても可愛い20代の方でした。個人的にストライクど真ん中。幼少の頃から医療行為に興味があった春香さんは、ホームページを見て往診依頼をしてくれました。

今日は「総合的な全身健康診断」という設定です。

聴診のため上を脱いでもらうと「小さいので…」と謙遜していますが、それはそれは可愛らしいオッパイとご対面。小さく薄茶色の乳首を見ていると、まるで少女を診ている錯覚に陥ります。聴診器を当てると、鼓動が尋常ではないくらい早いです。相当興奮しているのでしょう。乳癌の検診のため乳房を触診します。手が乳首に触れると乳首が勃起しています。乳首の感度は良さそうです。

次に検温を行います。ベッドの上に膝胸位になってもらいます。色素沈着していない可愛い肛門が目の前に。興奮しているのか陰唇は既にパックリと開いています。ゴム手袋を着け、ゼリーを塗った指を春香さんの肛門に挿入します。かなりキツイ肛門です。恐らく極太の肛門鏡は入らないでしょう。指が肛門に入ると「気持ち悪い」と腰をくねらせて逃げようとします。しかしもも先生は指を直腸の奥まで入れて直腸診を行います。指を抜いて体温計を肛門に入れます。直腸温は37.3度、平熱でした。

次に剃毛を行います。砕石位になってもらい、Vラインは残してIラインとOラインのみ剃り上げます。ツルツルになった陰唇を開いて尿道を露出させます。手袋を手術用滅菌済のものに替えて導尿を行います。カテーテルが入って間もなく排尿がありました。意識せずに勝手に尿が出てくることに、初導尿の春香さんはビックリです。排尿後にカテーテルを抜く前に、カテーテルに電マを当てて尿道に刺激を与えてみました。春香さんは初めての尿道の快感に全身を震わせて喘いでいます。

カテーテルを抜いて膣の検査です。最初は触診です。ゴム手袋フェチの春香さんはこの行為を最も期待していたのかもしれません。指を膣に入れてGスポットのあたりを刺激します。いきなり膣が高速で収縮しています。かなり感じているようです。ポルチオの周囲もかなり感じている様子。

感じているところを申し訳ないのですが一旦指を抜いて膣の視診を行います。まずはクスコ式膣鏡のMを入れて膣を上下に開きます。ピンク色の綺麗な膣壁や子宮口が見えます。さらに膣鏡をコリン式のSに替えてみます。今度は膣を左右に開くタイプです。膣鏡を開いていくと、尿道口が持ち上がって鮮明に見えます。クスコ式膣鏡と同じ様に膣内が視診できました。

ここからは感度の検査です。まずはフェアリーブラックエクシードでクリトリスを直撃します。あまりの快感に体をくねらせて逃げる春香さんですが、もも先生の持つ電マは春香さんのクリトリスに追従し、クリトリスからは決して離れません。

さらにアタッチメントを付けたオルガスターでGスポットを徹底的に責めます。春香さんはバイブとかアナルビーズなどを買ったのに、自分で使っても気持ち良くならないので1回しか使っていないそうです。今回の様に他人にしてもらえれば気持ち良いものだとわかってもらえたと思います。

アタッチメントをシナプスフェーズに替えますが、これはGスポットが低めの位置にある春香さんには痛かった様です。

次に浣腸です。1回だけ小さな浣腸を使ったことがあるそうですが、直ぐに出してしまったらしいです。今日はグリセリン50%溶液を150ccですから余程頑張らないとダメですね。200ccガラス浣腸器に薬を入れて、ネラトンカテーテルを接続します。左横臥位になった春香さんの肛門にカテーテルを挿入します。少しづつピストンが押されて春香さんの直腸内にグリセリン溶液が満たされていきます。浣腸後、直ぐにお腹が痛くなった春香さんですが、当然もも先生は春香さんの肛門を押さえて排便を許しません。3分程経ったあたりから春香さんの表情がさらに険しくなってきました。万一漏らすと大変なので腰の下に差込便器を入れます。5分の我慢を目前に、春香さんは4分50秒位で差込便器に排便してしまいました。人前での排便は初めてで恥ずかしかったそうですが、恥ずかしいなどと言ってる場合ではありません。春香さんの肛門からは柔らかそうな細い便が少しづつ排泄されていきます。一日分程度の便が貯まるまで、春香さんはもも先生に見られながらベッドの上で排泄を続けました。

排便後は肛門と直腸の検査です。春香さんは肛門が狭いので、細めのケリー氏式直腸鏡を使います。直腸壁や肛門壁が観察できました。

最後に感度の検査を行って診察終了です。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/298-3adcd525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)