FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


10代看護学生の診察 [2015/09/06 20:34] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は群馬県の19歳、看護学生水菜さんの診察です。事前情報では胸がぺったんこでお腹が出てる、と聞いていたのでどんな体型かと思っていたらスレンダーなモデル体型ではありませんか。

水菜さんは浣腸と導尿に興味があるとのことですが、浣腸も導尿も未体験だそうです。男性体験は無いということです。

今回は看護学生の水菜さんが教師でもある意思のもも先生に腹痛を相談するというストーリーです。

まずは聴診から入ります。ナース服のジッパーを下げてオッパイに聴診器を当てます。小振りですが張りのある10代の素晴らしいオッパイです。心音を聞くと鼓動はかなり早く感じます。かなり緊張しているみたいです。次に検温(直腸温測定)を行います。もも先生のホームページをよく見てくれているので、「検温」というだけで自ら四つん這いになります。パンツを下げると陰唇は既にヌルヌルです。「指は入れられたことがあるがオチンチンは入れたことがないという水菜さんなので、無理に膣に指は入れられません。まずは肛門にゼリーの付いた指を入れると、直腸の中は便で一杯でした。2日程出ていないそうです。

指を抜いて体温計を肛門に入れます。対尾は37度3分を示しています。次に剃毛です。前の部分は残しておいてほしいと聞いていたので、クリトリスの上1cmのラインから下を剃り上げます。ツルツルに剃り上げられた陰部はとても可愛くなりました。

綺麗になったところで導尿です。カテーテルが入ってくる一瞬はチクッとしたそうですが、ほとんど痛みは無かった様です。紙コップには濃い黄色の尿が100ccほど採取できました。カテーテルを抜く前に勝てに電マを当てます。「あ、気持ちいいかも」と言うのでしばらく当ててましたが、極端に気持ちいいわけではないみたいです。カテーテルを抜いた後は感度の検査です。

拘束もされたいと聞いていたので太腿と手首を連結する器具で拘束します。クリトリスと乳首が感じると言う水菜さんなので、クリトリスと乳首を指で責めます。次いで電マをクリトリスに当てます。初めての快楽に逃げようと体を捩る水菜さんですが、拘束されているので逃げらません。何度もイッて潮をふく水菜さん。

少し休憩した後は摘便をしようかと再度直腸診を行います。しかし大量の便は全て柔らかいために摘便は困難です。浣腸にしましょう。浣腸の宣告をすると、すぐに左側臥位になる水菜さん。さすがは看護学生です。グリセリン50%溶液を120cc浣腸すると、1分もしないうちに泣きが入ります。しかしもも先生に肛門を押さえられて叱咤激励された水菜さんは頑張って5分我慢できました。腰の下に入れられた差し込み便器に最初は茶色く濁ったグリセリン液が、その次に黄色い便塊が一気に水菜さんの肛門から差し込み便器に飛んできます。差し込み便器はたちまち便で一杯になってしまいました。

最後に肛門と直腸の検査です。まずは直腸診を行います。先程まで直腸を占領していた便は全て浣腸で綺麗に洗い流されて空になっていました。次に有窓シムス式肛門鏡を入れて肛門を広げます。少し広げただけで痛がったので肛門ブジーを使って肛門を拡張します。拡張後にケリー氏式直腸鏡を肛門に入れ、直腸壁を観察します。直腸の血管と、先ほどのグリセリン浣腸液の残りが直腸に残っているのが見えました。

 番外編 

診察後に、もも先生も水菜さんに浣腸してもらいました。看護学校でもまだ練習したことがないそうですが、とても丁寧で上手な浣腸でした。

さらに再度電マで責められた水菜さんは、ベッドの上で潮をふいてイキ続けていました。

水菜さんは、初めての浣腸に威力に恐れおののいてしまい、「もう浣腸はやりません」「(小さい浣腸をあげる、と言うと)要りません!」と浣腸に強い拒否反応を示していたのでもう会えないかと思っていました。しかし「もも先生は浣腸無しでの診察はしない」ということを知ると、「浣腸頑張ってみます」と言って小さい浣腸も持ち帰ってました。早く浣腸好きになって下さいね。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/09/15 01:04] | # [編集]

Re
メールいただければ対応しますよ。
[2015/09/15 01:38] URL | もも先生 #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/283-fb8144b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)