FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


関東への往診 [2015/06/09 22:21] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の診察は千葉県の30代主婦、結さんです。ショートカットで脂肪がなく鍛えられた外見はスポーツで鍛錬された賜物です。

婦人科検診で医療行為に興味を持つようになった結さんは、学生の頃は酷い便秘でイチジク浣腸を使っていた時期もあったそうです。今回はもも先生のホームページを見て患者さん役を希望されての診察となりました。

さて、今日は健康診断の設定です。(最近こればかりですが)聴診のためにシャツとブラジャーを脱いでもらうと柔らかな形のいいオッパイとご対面。乳首に触れながら乳房にシコリがないか確かめます。次に検温です。ズボンを脱いでもらい四つん這いになってもらうと、パンツを脱がなくても判るくらいに愛液が滲み出ています。パンツを下げると陰唇からパンツにネバーっと愛液が糸を引きます。手袋にゼリーを塗り、肛門に指を入れます。「今日は排便がない」と言いますが、直腸内には便の滞留は無い様です。体温計を肛門に入れると36度8分。脇の下で測定すると1度低く出るので実質35度8分でしょう。平時から体温は低いそうです。

次に導尿を行います。導尿が初めての結さん、初めて体験するカテーテルと尿道が擦れる感触に「ピリッと痛みがあるけど、何か気持ちいい」と反応しています。尿は少量しか出ませんでしたが、排尿後に電マをカテーテルに当てて刺激すると結さんはまたも「ピリッと痛みがあるけど、何か気持ちいい」と反応しています。

ここであまりにも濡れすぎている陰唇に対して感度の検査を行います。最初はクリトリスをもも先生の指で転がします。腰を浮かしたりして快感から逃げようとする結さんですが、すぐにもも先生に捕まります。さらに指は結さんのGスポットに。「オシッコが出そう」と悶える結さんに対し、今度はポルチオを責めます。指責めの次は電マを使います。玩具の経験が無い結さんはクリトリスを責められると指で責められた時以上の反応です。さらにオルガスターを装着してクリトリスとGスポットを同時に責めます。Gスポットの次は当然ポルチオです。アタッチメントをシナプスフェーズに交換して子宮口付近を責めます。トドメはフェアリーエクシードに装着したオルガBIGで結さんはイキ過ぎて呼吸困難になっています。

少し休んでから膣の診察です。最初に4弁クスコ式膣鏡Lで膣の中を視診します。更に大きなターレット式膣鏡に挑戦です。挿入はできましたが、広げると痛みを訴えたのでここでSTOPです。膣鏡を抜いて膣内を触診します。Gスポットを刺激するとまた感じ出したので2回目の感度の検査に突入です。今度はクリトリスを電マで責めている時に結さんが潮を吹きました。

いよいよここで浣腸です。グリセリン50%溶液を150cc浣腸します。カテーテルを通じて結さんの直腸に中にグリセリンのお薬が注ぎこまれます。イチジク浣腸の経験はあるものの、大きな浣腸を体験したことがない結さんは1分も経たないうちに便意を訴えはじめます。もも先生になだめられた結さんは、頑張って自力で5分我慢しました。腰の下に敷いた差込便器に結さんの肛門からグリセリン溶液が流れ出します。しかし、肛門から出てくるのは浣腸液だけで肝心の便は全く出ません。もう1回浣腸しましゅう。グリセリン浣腸オヲタの150を結さんの肛門に挿入します。今回もすぐに便意を訴える結さんですが、再び5分を自力我慢しました。しかし出てくるのは今回も浣腸液のみ。昨日は下痢だったらしいので昨日のうちに消化器下部の便は全て出てしまったのでしょう。

最後に肛門と直腸の検査です。結さんは大きな内痔核があるので無理をしません。小さなストランゲ式肛門鏡で肛門壁を観察します。次にケリー氏式直腸鏡で直腸壁と内痔核の観察を行いました。

ここでアンコールの感度の検査(本日3度目)を。今度はフェアリーエクシードとオルガBIGの組み合わせで結さんまたも潮吹き。その後も何度もイキ続けて結さんは体力の限界までイキ続けてダウンしたのでした。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/07/17 08:05] | # [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/276-6ffd25e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)