FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


岐阜への往診 [2015/04/24 23:58] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は岐阜県へ往診です。車で2時間山を超えて走った後に高速バスに乗り換えてさらに3時間。

今日の患者さんは29歳の佐和子さん、診察前に医療器具を見て話に花が咲きます。佐和子さんは医療器具と処置に強い興味を持っているそうで、医療プレイへの思いが募り、診察を依頼されたそうです。

今回は「佐和子ナースが、患者さんが帰った後の病室でもも先生に“便秘でお腹が痛いんです”と訴えるストーリーです。

まずは聴診から入ります。ナース服を下げてブラを取ると立派なオッパイが。29歳とは思えないハリです。乳首はもう立っています。乳首を触るとすぐに悶えはじめます。乳首の感度がかなり良いみたいです。心音は正常ですが、興奮しているのかやや早めです。続いて腹部の触診、聴診を行った後は検温です。四つん這いにして肛門にゼリーを塗った指を入れます。前の方からは透明な愛液がすでに溢れています。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。直腸温は37度5分でした。

検温の次は導尿です。初めての導尿で、痛いのではないかと心配されてましたが、杞憂に終わりました。尿道にカテーテルが挿入された時の第一声が「気持ちいい!」でしたから。コップ1杯分の尿を採取した後は電マをカテーテルに当てて刺激します。カテーテルを挿入するだけで快感に襲われる尿道ですので、当然佐和子さんは悶絶。「イク、イク」た叫んで、尿道の刺激だけでイッてしまいました。

次に膣内の視診を行います。手術用桜井式膣鏡で膣を広げますが、膣の奥行きが長く視診しづらいためターレット式膣鏡に交換します。特大サイズですが佐和子さんの膣はあっさりと受け入れました。子宮口がよく見えます。

膣鏡を抜いて感度の検査を行います。事前にクリトリスは感度が良すぎて刺激すると痛い、と聞いていたので膣の中を中心に刺激しましょう。最初は指でGスポット、ポルチオを刺激します。どちらも感度良好、すぐに何度もイッてしまいます。指をオルガスターを装着した電マに置き換えて、Gスポットを刺激します。初めての体験に佐和子さんは悶絶してイキ続けます。一旦オルガスターを抜いて、肛門を刺激します。今まで指を入れられたこともない佐和子さんの肛門ですが、もも先生の指の刺激により肛門だけでイッてしまいました。さらにゴムスティックを何種類か肛門に出し入れします。単発的な刺激ですが、佐和子さんは悶絶地獄から抜けられません。続いてシナプスヴォーグ、シナプスフェーズを電マに装着してポルチオを責めます。佐和子さんは打ち寄せる快感にイキ続けてグッタリです。この時点で、尿道、肛門、Gスポット、ポルチオ、乳首で20回以上はイッたでしょう。ここで少し休憩です。
休憩の後は肛門の検査です。まずは検査をスムーズにするため肛門を拡張します。肛門ブジー(本日デビュー)を細い方から順番に佐和子さんの肛門に入れていきますが、一番太いブジーも難なく入ってしまいました。収縮の良い肛門で、かなり太いものも飲み込んでしまいそうです。

まずは小さなストランゲ式の肛門鏡を入れます。当然難なくクリア。肛門壁を観察しました。次に線状シムス式肛門鏡を入れます。これは大きいので、さすがに広げると痛がりました。特大のチェルシーイートン式の肛門鏡も難なく飲み込んでしまいます。直腸壁がよく見えます。さらに超特大のチェルシーイートン式の肛門鏡(本日デビュー)を入れますが、これもすんなり飲み込んでしまいました。痛がるどころか、入れるそばから「気持ちいい!」ですから。

肛門壁、直腸の中はとても綺麗でした。

最後に浣腸が待っています。しかし尿意を催した様で、先にトイレでオシッコをしたいと言うので、「もう一度導尿する?」と聞くと嬉しそうに「ハイ!」と答える佐和子さん。今度はコップ3杯分の尿をカテーテルから排出しました。さらに再度電マでカテーテルを刺激すると佐和子さんは快楽の海に溺れてまたもイキ続けます。大腸検査前にグリセリン浣腸したことはあるそうですが、あまり浣腸体験のない佐和子さんに今日はグリセリン50%溶液を150cc浣腸します。浣腸後、すぐに便意を訴えますが我慢させます。しかし2分半を回ったところで我慢しきれずに寝たまま差込便器に排泄してしまいました。もも先生の目の前20cmのところで、佐和子さんの肛門から次々に便がニョロニョロと排泄され続けます。結構な量が出ましたが、我慢が足りなかったので再度浣腸です。今度はグリセリン50%で120ccです。しかし、今度も佐和子さんは我慢できず、3分を目前に差込便器に出してしまいました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/272-1fd370a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)