FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


アルファインでの診察 [2015/01/31 23:56] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日はSMホテルとして名高いアルファインの医療プレイルームに突撃です。複数医療プレイの予定でしたが、最終的には志帆さんとの二人だけのプレイになりました。

志帆さんとは3回目の診察になります。かなりガチの医療プレイマニアです。そんな志帆さんと内診台のある部屋でプレイです。

今回は同僚の男性医師と女性医師の組み合わせという初めての診察の時と同じ設定でスタートです。

いきなり全裸にした志帆さんを内診台に上げて、足だけではなく手も包帯で拘束しました。これで志帆さんの手足の自由は全くなくなりました。

まずは剃毛です。志帆さんの股間がみるみるうちに可愛くなっていきます。陰唇からは愛液が肛門に向かって垂れています。次にLLサイズの4弁クスコ式膣鏡で膣内を大きく広げます。子宮口が綺麗に見えます。膣鏡を抜いて膣内を触診します。Gスポットのあたりを強く押すと快感で志帆さんが身を捩っています。何度もGスポットを責めていると、グイグイと膣が指を締め上げてきます。指を抜いて3本電マとアタッチメントを駆使してクリトリスと膣内を責め続けます。何度も絶頂に達した志帆さんですが、内診台からは降ろしてもらえません。(今回も志帆さんからは「玩具よりも先生の指の方が気持ちいい」とのお言葉をいただき、とても嬉しかったです)

内診台上で休憩した志帆さんへの次の処置は浣腸です。グリセリン50%溶液を200cc浣腸しました。過去の診察では頑張って我慢できた志帆さんですが、今回は半分も注入しないうちから便意を訴えます。今回は肛門を押さえずに我慢させましたので5分我慢できないかもしれません。ちょうど5分位経った時にブッとおならが出ました。その後、チョロチョロとグリセリン液が肛門から漏れはじめ、さらに便がニョロニョロと出てきました。志帆さんは足を大開きにして恥ずかしい排便姿をもも先生に見られてしまいました。最後に肛門鏡を入れようとしましたが、細い志帆さんの肛門は肛門鏡を受け付けなかったので志帆さんの診察はこれにて終了です。

後半はもも先生が患者役になって志帆さんに診察していただきました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://figpeach17.blog.fc2.com/tb.php/268-67b985b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)