FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


PC用浣腸ソフト ヴァーチャル浣腸・オムツ学園~後編~が完成しました [2019/03/26 22:51] 未分類
figpeach softwareのPC用浣腸ソフト ヴァーチャル浣腸・オムツ学園~後編~が完成しました。
本日より販売サイトの方で販売開始しました。

最初はFANZA(元DMM)のみの限定販売となります。
om2sample1.jpg
om2sample2.jpg
om2sample3.jpg


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

千葉県30代OLの診察 [2019/03/03 23:14] 未分類
RIMG0017b.jpg



<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は千葉県の30代OL、真菜さんの診察です。真菜さんは昔から医療プレイに興味を持たれていらっしゃったようですが、ようやく勇気を出して受診されました。今までイッたことがなく、気持ちがよくなると逃げてしまうそうです。今日は病院の処置の様に淡々と診察してほしいというリクエストがありました。

まずは聴診を行います。立派なオッパイで、30代にしてはかなり張りがある良いオッパイです。聴診器を当てるとやや鼓動が早く感じられます。

次に検温を行います。ベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらい、下着を下げます。性器はほぼ剃毛されておりツルツルになっています。陰唇からは既に愛液が流れ出し、垂れてきています。手袋を付けた指にゼリーを塗り、真菜さんの肛門に指を挿入し入れます。「気持ち悪い…」そうです。昨晩排便があったとのことで直腸の中は空でした。指を抜いて入れ違いに体温計を挿入します。体温計の表示は37.3度なので、腋の下換算だと36.3度、平熱です。

今度は採石位の姿勢になってもらい、剃毛を行います。ほとんど剃れていたので、Vラインのみ軽く剃り揃えました。剃毛の後は導尿です。真菜さんは導尿は初体験の様です。12Frのカテーテルを尿道に挿入します。10cmほど挿入すると尿が排出されてきました。診察前に尿を溜めてもらっていたのでたくさん出ます。ほぼ400ccほど採尿できました。カテーテルを抜く前に電マを当てて尿道を刺激します。振動が伝わった瞬間に真菜さんの表情に変化があり、呻き声が漏れ始めました。どうしたのか聞いてみると「気持ちいい」そうです。真菜さんは尿道が感じる様です。

カテーテルを抜いて膣の検査を行います。まずはコリン式膣鏡で膣を左右に開きます。かなり開けられたので子宮口がハッキリと見えます。ここでファイバースコープを用いて自分の膣の中を真菜さんに見ていただきます。自分の膣の中を見るのは初めてだそうです。(そうでしょうね)膣鏡を抜いてもも先生の指を膣に入れ、触診を行います。最初にGスポット付近を刺激します。ここでは尿道よりも大きな反応がありました。かなり気持ちいい様です。さらに指を奥に入れてポルチオ周辺に刺激を与えます。ポルチオではさらに大きな反応があります。(喘ぎ声の大きさは一番でした)さあ、イッたことのない真菜さんにイッてもらいましょう。まずはウーマナイザーを用意します。患者様からは大変好評の器具で、7割位の方が潮をふくというとんでもない器具です。ウーマナイザーをクリトリスに当てて吸引します。強烈な刺激に真菜さんは体を捩って逃げようとします。しかしもも先生は当てた器具を離しません。真菜さんの体の1/3がベッドから落ちた状態でも、ウーマナイザーはクリトリスに吸着したまま。苦しい姿勢のまま、真菜さんはイッたそうです。(本人談)この時点で真菜さんがかなり体力を消耗していたので少し休憩です。休憩した後は電マのアタッチメント、OOGA touchでクリトリスとGスポットの同時責め。さらにシナプスフェーズでクリトリスとポルチオの同時責めを行いました。

さらに休憩をはさんだ後、肛門の触診を行います。もも先生の指が真菜さんの肛門に入っていきます。かなり狭い肛門です。さらに指を奥に入れて直腸壁を触診し、直腸壁の向こうにあるポルチオを刺激します。かなり気持ちいいみたいで、真菜さんの口から喘ぎ声が漏れてきます。さらに指の位置を移動させてやはり直腸壁経由でGスポットを刺激します。こちらはさらに気持ち良かった様で声も大きく出ています。

指を抜いた後は浣腸です。真菜さんは便秘の時にイチジク浣腸を使ったことがあるそうですが、今日はグリセリン液50%で120ccの浣腸になります。200ccのガラス浣腸器に入れたグリセリン液が真菜さんの直腸に飲み込まれていきます。すぐに弱音を吐くかと思いましたが、効いているとは言うものの4分くらいまでは肛門を押さえずに、無言で便意に耐えていました。しかし、4分ほど経ったところで「もう我慢できない」というので、もも先生が真菜さんの肛門を押さえました。真菜さんは頑張って5分間便意に耐えて、ベッドサイドに置いた便器にグリセリン液を排泄しましたが、便は出ませんでした。


多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。できれば東海地方であればベストです。


京都20代ナースとお泊り医療プレイ [2019/03/02 09:26] 未分類
yuka0228.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は京都の20代現役ナース、由香さんの2回目の診察です。今回はお泊まり診察です。由香さんはまだ男性経験がないのでプレイ内容は少し限定的なものになります。しかし、今回は事前に「膣の中に指を入れて下さい」とのリクエストがありました。なので膣鏡もSSSサイズの極小のものも使いましょう。

今日も腹痛の外来患者さんの設定でプレイを開始します。最初は聴診です。服とブラジャーを脱いでもらうと、前回と同じ健康的な小麦色の肌。バランスの良い形のいいオッパイに聴診器を当てます。心音は正常です。

次に直腸温測定を行います。ベッドに膝胸位になってもらい、セクシーなレースの下着を下げます。エステで脱毛しているようで、性器の周りには陰毛がありません。前回同様、小陰唇から愛液が溢れて肛門周囲まで愛液まみれです。さらに膝胸位の姿勢を保っていると、陰唇から下着にかけて溢れた愛液が垂れて糸を引いています。指にゼリーを塗って肛門に挿入すると、由香さんは「気持ち悪い」と言いますが、本当は気持ちいいのでしょう。肛門の締まりはかなり良いです。指を肛門からさらに先に進め、直腸に移行します。直腸下部は硬い便で埋め尽くされていました。これでは直腸壁を触れません。指を抜いて肛門に体温計を挿入します。直腸温は36.9度。脇の下換算で35.9度、やや低体温です。

次に導尿を行います。前回の診察時は膀胱が空で尿がほとんど出なかったので、今回はたくさん溜めて尿意を我慢しながら来てくれました。砕石位で寝てもらいましたが、やはり前回同様大陰唇は愛液まみれで滑ってしまうため、一旦ティッシュペーパーで陰唇を拭いた後に左右に広げます。今回は前回よりも少し太い14Frのカテーテルを使用します。床材の尿道にカテーテルが入ると、間もなく採尿コップに排尿が始まりました。溜めていただけあって、尿量は相当なものです。ほぼ350ccくらいの排尿量でした。

次は感度の検査を行います。最初は指でクリトリスを刺激します。前回同様「くすぐったい」と言って逃げようとしますが押さえつけて刺激を続けます。さらに電マ、フェアリーブラックエクシードでクリトリスを責めます。かなり弱い振動ですが、それでも慣れていない由香さんにとってはかなり強い刺激の様で、「気持ちいい」と喘いでいます。電マをウーマナイザーに持ち替えてクリトリスを責め続けます。強烈な吸引にベッドの上を転がるように逃げ惑う由香さん。暴れるのでテを拘束した上で再度ウーマナイザーで責め続けます。逃げられなくなった由香さんは快感からも逃げられなくなり、ペットシーツに潮を吹いていました。さらに責めは続きます。いよいよ、もも先生の指が由香さんの膣に侵入します。処女膜を破らないように慎重に指を挿入します。指を挿入後、Gスポットを刺激すると、初めての快感に由香さんは悶絶しています。恥ずかしがり屋の由香さんですが、「気持ちいい、気持ちいい」と悶えています。指を抜いて膣鏡を入れます。クスコ式のSSSサイズで、とにかく小さい膣鏡です。私の人差し指と同じく位の太さですので、指が入ればこの膣鏡も入るでしょう。「痛くないですか?」と聞きながら慎重に膣鏡を奥の方まで挿入します。そして徐々に開口します。意外とスムーズに膣を開くことができました。ファイバースコープで膣内を映し出し、由香さんに自分の膣内をリアルタイムで見ていただきます。子宮口まで綺麗に見ることができました。初めて見る自分の膣内に由香さんは興味津々です。あと、処女の子に使えるか微妙な大きさだった電マのアタッチメントOOGA touch、無事膣内に入りました。この後、由香さんは長時間この玩具でクリトリスとGスポットを責められていました。

休憩の後は浣腸です。由香さんは時々自分で浣腸している様ですが、あまり我慢できない様です。今日はもも先生が肛門を押さえるので大変だと思います。今日の浣腸はグリセリン50%溶液を120ccです。由香さんの病院では、ディスポの浣腸は150ccのものを使う病棟があったり、プラスチックの注射器にカテーテルを接続して浣腸することもあるそうです。また、今日はゆかさんのリクエストで紙おむつを使います。先に紙おむつを敷いて、足を持ち上げた膝胸位の姿勢でカテーテルを由香さんの肛門に挿入します。浣腸後直ぐに便意を訴えてトイレに行きたいと懇願する由香さんですが、もも先生が許すはずがありません。ずっと出る出ると大騒ぎしていた由香さんですが、頑張って5分我慢することができました。お尻にベッタリと絡みつくグリセリン液の感触に由香さんは「気持ち悪い」と訴えます。でも自分から紙おむつを着けたいと言い出したので仕方ないですね。紙おむつを開いてみるとグリセリン液しか排出されていません。寝たままでは腹圧がかけられないので排便が難しい様です。その後トイレに連れて行くと、ぶりぶりと大きな放屁音と共に排泄を繰り返していました。

お腹の中が綺麗になったので肛門と直腸の検査を行います。まずは触診のために、もも先生の指が由香さんの肛門に挿入されます。由香さんの肛門は締まりは抜群にいいのに伸縮性に富んでいて太い肛門鏡を楽に飲み込める素晴らしい肛門なのです。指が由香さんの肛門内でぐりぐりと回されています。肛門好きの可愛い変態さんである由香さんは悶絶しています。指をさらに伸ばして直腸壁を捉えます。さっきまでは大量の便塊が入っていたので触れなかった直腸壁を触られて由香さんはまたも悶絶。さらに、もも先生の得意技で直腸壁経由でポルチオを狙って責める技が炸裂すると、由香さんは我慢できずに「気持ちいい~!気持ちいい~!」と腰を上下させて喘いでいます。続けて直腸経由でGスポットを責める技に移行すると「オシッ コが」出ちゃう!と大騒ぎです。指を抜いて肛門鏡を挿入します。

最初はケリー氏式の短い肛門鏡(医療プレイ店で働いていたYナースさんからいただきました)を使います。この肛門鏡は先が細くて、だんだん太くなっていくタイプのものです。由香さんの肛門は難なくこの肛門鏡を飲み込んでしまいます。次に特大のチェルシーイートン式肛門鏡を入れますが、これも由香さんの肛門は躊躇なく飲み込んでしまいます。さらにもっと大きなチェルシーイートン式肛門鏡(前回の診察では、これが気持ちよかったみたいです)を挿入しますが、やはり由香さんの肛門は何の抵抗もなく飲み込んでしまいました。肛門鏡で直腸内を視診する度に直腸奥からグリセリン液と便が降りてくるので(ちょうど直腸内を見た瞬間にゴボゴボとS字結腸から流れてくる)何度もトイレに行ってもらいました。直腸内の様子は再度ファイバースコープで由香さんに見ていただきました。

その後、ゴムスティックで肛門と直腸に刺激を与えると、由香さんは何度も何度も肛門と直腸の快楽に歓喜の声を上げていました。

診察の第一部はこれで終了です。お好み焼きを食べに行って第二部の開始。第二部は、もも先生が患者役です。桃色のナース服を着た由香さんにタップリと浣腸や前立腺で責めていただきました。

さらにゆかさんのへの責めも追加で行いました。ケリー氏式の肛門鏡が気持ち良かったと言うので入れてみたり、クリトリスをクンニしたり膣からのGスポット責め、肛門からのポルチオ責め、Gスポット責め、肛門からのゴムスティック責めなども行い何度も何度も快楽の海で溺れていただきました。翌朝も朝から同様に責め続け、2日間、徹底的に快楽責めを体験していただきました。時間に余裕のあるお泊まり診察は最高ですね。


多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。