FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


医療プレイ好きOLとの相互診察プレイ [2018/04/26 21:22] 未分類
Rimg0027.jpg



<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は千葉の30代OL、美鈴さんの診察です。美鈴さんは何年も前から医療プレイに興味を持っていて、もも先生のブログを見たりカルテ通信を見たりして悶々と過ごされていたらしいです。ディープな医療プレイ好きの女性ですので間違いは許されません。事前のメールでのコミュニケーションでは、診察される側だけではなく前立腺の検査をやってみたい、との嬉しいリクエストがあり女医さん用の白衣を新調したり今回はかなり気合いの入った診察になりました。メールでは「かなり太いのでLサイズしか入らない」と聞いていましたが、会ってみると普通体型の可愛らしいお嬢様でした。

今日は健康診断の設定でプレイを開始しました。まずは聴診から入ります。露わになった立派なオッパイは硬度も高く、私好みのオッパイです。聴診器を当てて心音を確認しますが、落ち着いている様です。

次に検温のためベッドに移動してもらい、膝胸位の姿勢になってもらいます。ウエストラインからヒップラインにかけて素晴らしいカーブを描いています。ゼリーを塗ったもも先生の指が美鈴さんの肛門に挿入されます。もも先生の指は美鈴さんの肛門壁から直腸壁へとねっとりと移動します。美鈴さんの口から可愛い吐息が漏れてきました。聞いてみると気持ちがいいそうです。美鈴さんは肛門と直腸で感じる変態さんと認定されました。指を抜いて代わりに体温計を挿入します。36.7度だったので、脇の下なら35.7度相当ですのでやや低めですね。

次は導尿を行いましょう。姿勢を採石位に替えます。膝胸位の時は気付かなかったのですが、陰唇から愛液がかなり溢れています。指で掬うと長く糸をひいています。それが肛門の方まで垂れてきています。陰唇を開くと尿道口は容易に確認できました。最初にスワブスティックで尿道口を消毒して、12Frのカテーテルを美鈴さんの尿道口に挿入します。直ぐに紙コップに排尿があり、はじめて導尿を体験した美鈴さんはビックリです。カテーテルを抜く前に電マをカテーテルに当てて尿道に刺激を与えると、これまた初めての快楽に美鈴さんはビックリです。尿道口に伝わる小刻みな刺激に美鈴さんは喜悦の声をあげていました。

次は膣の検査を行いましょう。最初に指で美鈴さんの膣にもも先生の指が侵入します。まずはGスポットを指先で弄ります。ピンスポットでGスポットを狙われた美鈴さんは早くも感じています。Gスポットよりも、膣の入り口付近がかなり感じている印象てす。さらに指先は奥を捉え、子宮口付近に到達しました。今度はポルチオを責める番です。指がポルチオを突く度に美鈴さんは悶え感じています。ここで一旦指を抜いて膣鏡を入れましょう。最初にクスコ式膣鏡のMサイズを入れましたが少し小さい様で、下付きの美鈴さんの子宮口が見えません。そこで4弁クスコ式膣鏡のLLに入れ替えますが、今度は逆に大きすぎでした。そこで左右開きのコリン式膣鏡に再度入れ替えましたが、やはり見えない。子宮口を診るのは断念しました。

膣鏡を抜いて玩具を使用した感度の検査を開始します。最初にウーマナイザーをクリトリスに当ててクリトリスを吸引します。いきなり強烈な刺激に襲われた美鈴さんは大慌てでウーマナイザーを払いのけようとしますが、もも先生はそれを許しません。「逝っちゃう、逝っちゃう」と大騒ぎしている美鈴さんはあっという間に逝ってしまいました。そして電マのアタッチメントOOGA Touch でクリトリスとGスポットの同時責め。これもかなり効いている様です。同じくクリトリスとGスポットを責めるオルガスターに変えてみましたが、こちらは今ひとつの様です。そしてシナプスフェーズによるクリトリスとポルチオの同時責め。その上、肛門にはもも先生の指が侵入してきて膣内のアタッチメントと直腸の間の壁を刺激します。美鈴さんはもうどうしようもなく逝ってしまったのです。

膣の検査の次は肛門と直腸の検査です。まずはもも先生の指が美鈴さんの肛門壁を触診します。極小さなイボがありますが、気にするような大きさではありません。続いて指は直腸壁に。直腸が感じる変態さんですので、指が直腸壁を弄る度に美鈴さんは気持ち良くなって喘いでいます。指を抜いてストランゲ式の肛門鏡で肛門を開いて視診します。さらにケリー氏式直腸鏡で直腸壁を視診します。直腸癖が感じる変態さんでも見た目は普通の直腸壁です。(笑)

さらに特大のチェルシーイートン式の肛門鏡を入れようとしましたが、微妙に痛がったため肛門を拡張しましょう。金属製の肛門ブジーを4サイズ用意して順番に美鈴さんの肛門に挿入して、しばらく放置します。さらに有柄式肛門鏡を使って美鈴さんの肛門を上下左右に広げます。その甲斐あって、さっきは入らなかったチェルシーイートン式肛門鏡はスッと入れることができました。直径が太いので、視野が抜群です。美鈴さんの直腸が、それはそれはよく視診できました。

肛門鏡を抜いて、ゴムスティックで肛門を気持ちよくさせましょう。小さなゴムスティックが出入りする度に美鈴さんは「気持ちいい」と喘いでいます。このような玩具も初めての体験の様です。でも、「もも先生の指の方が気持ちいい」と言ってもらえました。嬉しい~!さらに 膝胸位の姿勢になってもらいシナプスヴォーグでクリトリス、ポルチオ、肛門の3点責めを行いました。患者さんからな評判で1~2 位を争うアタッチメントですので、それはそれは快感でしょう。「こ、これはヤバいですよ~」と言って美鈴さんは逝き続けていました。

最後に浣腸を行います。今回は特別に少量の浣腸となりました。今日はグリセリン液50%で60ccの浣腸になります。100ccのガラス浣腸器に入れたグリセリン液が美鈴さんの直腸に飲み込まれていきます。美鈴さんにとって初めての浣腸体験になるのですが、直ぐにお薬は効いてきました。しかし、量については譲歩したため我慢の時間については全く譲ることはできません。「もう無理、我慢できない」と言う美鈴さんですが、もも先生に肛門を押さえられては我慢する以外の道はありません。なんとか5分我慢した美鈴さんはベッドサイドに置かれた便器にブチュブチュと排泄を始めました。最初は浣腸液だけでしたが、途中からオナラが混じり始めました。肛門から泡が出ています。そのうちに便も混じる様になりました。

後半は美鈴さんが女医さんになってもも先生を診察するプレイを行いました。ガチの医療プレイ好きの美鈴さんですので、それはそれは上手に女医役を努めあげました。やはり、診察してその後診察されるという濃厚なプレイは最高ですね。


スポンサーサイト
[PR]

LINEの友だち登録について [2018/04/12 22:51] 未分類
DARgLyXVoAQawsk.jpg
キャリアがUQモバイルのため、LINEの年齢認証がONにできません。

そのため、「figpeach」でIDを検索していただいても「入力したIDのユーザーは存在しないか、または検索を許可していません。」のメッセージが出て検索できない、という連絡をいただくことがありました。

とりあえずこのバーコードを読み込んでみるか、 http://line.me/ti/p/k0quccK-hr から直接友だち登録していただけないでしょうか?

21歳愛知県での診察 [2018/04/08 23:52] 未分類
Rimg0004.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知県の21歳春奈さんの診察です。

最初は聴診、大きな胸に聴診器を当てます。心音に異常はありません。次に検温を行います。ベッド上で膝胸位になってもらいます。肛門が丸見えですが、綺麗な肛門です。ゼリーを塗った指を春奈さんの肛門に入れます。もも先生が指で春奈さんの肛門壁を撫で回すと春奈さんは気持ちよくなって声を漏らしています。指を抜いて体温計を挿入すると37.1度。脇の下なら36.1度に相当します。平熱ですね。

次に姿勢を採石位に替え、剃毛を行います。Vラインはほとんど剃毛されていました。IラインとOラインは全く剃られていません。時間をかけて丁寧に剃ったので、とてもきれいになりました。陰毛がなくなったところで導尿を行いましょう。尿道口に12Frのカテーテルを挿入します。紙コップに黄色い尿が排尿されました。今回もカテーテルを抜く前に電マをカテーテルに当てて尿道に刺激を与えました。春奈さんも「気持ちがいい」と感じていました。

導尿の後は膣の検査を行います。最初に膣の中に指を入れ、中の広さを確認して膣鏡を選択します。今日はクスコ式膣鏡のLを使うことにしました膣内は綺麗なピンク色。膣鏡を抜いて触診を行います。最初にクリトリスを触ります。クリトリスは弱いらしく、結構拒否してきます。しかし意地悪なもも先生はクリトリスに電マ、フェアリーブラックエクシードを当てます。やはり春奈さんは気持ちよすぎてダメなようです。次に指をGスポットに当てて触診、刺激します。感じているみたいで春奈さんはベッドのシーツを強く掴んでいます。さらに指を奥に入れ、ポルチオを責めます。こちらもかなり感じている様子です。指を抜いて電マのアタッチメントで責めます。まずはOOGA TouchでクリトリスとGスポットの同時責めです。かなり感じているみたいです。さらにアタッチメントをCアタックGXに変えてクリトリスとポルチオの同時責め。さらに肛門に指を入れての3点責めです。春奈さんはシーツを掴んで快感に耐えていました。

休憩後に浣腸を行いました。今日は50%のグリセリン溶液を120cc浣腸します。 左側臥位に寝た春奈さんの肛門にカテーテルを挿入します。 グリセリン液はすぐに春奈さんの直腸内に飲み込まれましたが、すぐに便意を訴えます。もも先生に肛門を押さえられて我慢していましたが3分でギブアップ、春奈さんはもも先生に見られて排便してました。

最後に肛門と直腸の検査を行いました。最初に指で触診します。指を肛門壁~直腸壁と連続的に触診して行きます。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を肛門に挿入します。ピンク色の直腸の壁画が見えます。さらに詳しく見るために特大のチェルシーイートン式肛門鏡に入れ替えましたす。口径が大きいので、やはり直腸の中が、より綺麗に見えます。ピンク色の綺麗な直腸壁でした。

40代の美魔女の診察 [2018/04/04 23:57] 未分類
442.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は埼玉県の40代の美魔女、佐和子さんです。「こんな年齢でいいのかしら」と謙遜されてましたがとても40代には見えない美しい方でした。

いつもの様に聴診から入ります。形の良いおっぱあに聴診器を当てます。心音は正常、落ち着いていらっしゃいます。

検温のためベッドに 膝胸位になってもらいます。「お尻が大きいのがコンプレックス」と仰ってましたがとんでもない!素晴らしい迫力のあるお尻です。ほぼ満点です。ゼリーを塗った指を佐和子さんの肛門に入れます。もも先生の指を佐和子さんの肛門括約筋が締め上げます。ゼリーを肛門壁に塗りつけると佐和子さんの口から悩ましい声が聞こえます。どうしたのか聞いてみると「変な感じ」と言うのですが感じているっぽいです。指を抜いて体温計を挿入します。37.3度だったので、脇の下なら36.3度相当です。

採石位の姿勢になってもらい導尿を行います。IラインとOラインは完璧に剃毛されています。小さな小振りの陰唇を開いて尿道口を確認します。12Frのカテーテルは容易に挿入できました。間もなく紙コップにチョロチョロと排尿がありました。カテーテルを抜く前に電マをカテーテルに当てて尿道に刺激を与えます。佐和子さんは初めての刺激に「電気が来てるみたい」と戸惑っておられました。

次に膣の検査です。まずは膣鏡で膣内を視診しましょう。小さめの陰唇なのでクスコ式膣鏡のSを入れてみましょう。膣内は綺麗なピンク色です。膣鏡を抜いて触診兼感度の検査です。最初にクリトリスに電マ、フェアリーブラックエクシードを再弱にして当てます。すると、こんなに弱い振動なのに佐和子さんは大絶叫します。「クリトリスは弱いの!」ということらしいです。続けてウーマナイザーも当ててみましたが同じ反応です。クリトリスの感度が尋常ではない様です。続けてGスポットも指で刺激してみます。佐和子さんはGスポットの反応もかなり敏感です。もも先生の指がピンポイントでGスポットに当たる度に腰を浮かして大絶叫です。ポルチオも同様で素晴らしい反応です。佐和子さんの場合は子宮口のぷっくりしたところを直接刺激するのが気持ちいいみたいです。

指を抜いて器具でも刺激を与えてみましょう。電マのアタッチメントをまずはOOGA Touchから試してみます。初めての体験に佐和子さんはこれまた大絶叫。「中が気持ちいいけどクリトリスの刺激が強すぎる」と言うので、アタッチメントをオルガスターに変更。こちらも気持ちいいみたいですが、「お尻に当たるところが気持ちいい」そうです。さらにアタッチメントをシナプスフェーズに替えてポルチオへの刺激に変更します。佐和子さんはポルチオもかなり感じている様子です。シナプスフェーズが入っている状態で、佐和子さんの肛門に指を入れてクリトリス、ポルチオ、肛門の3点責めを行います。もも先生の指は膣内のシナプスフェーズをなぞる様に動き、時には直腸壁を通してポルチオを刺激します。佐和子さんの感じるポルチオは膣と直腸からのダブルアタックで絶頂状態に。

しばらく休憩した後に浣腸を行います。今日は50%のグリセリン溶液を120cc浣腸しましょう。 ベッドに左側臥位に寝てもらい、肛門にカテーテルを挿入します。 グリセリン液はすぐに佐和子さんの直腸内に飲み込まれました。すぐに便意を催した佐和子さんですが、もも先生に肛門を押さえられて排便できません。腰の下に差込便器を入れますが、佐和子さんは「こんなところでは出せません」と猛反対。結局、肛門を抑えずに自力で3分我慢我慢できたらトイレ、ということにします。何とか頑張って我慢した佐和子さんですが、トイレに付いて来たもも先生にウンチを出す音やオナラの音を聞かれたのでした。

最後に肛門と直腸の検査です。最初に指で触診します。指がねっとりと佐和子さんの肛門壁と直腸壁を這い回ります。 佐和子さんは這い回る指の感覚に悶絶し、「気持ちいい」と呟いています。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を肛門に挿入します。まだ直腸内には浣腸液が残っているのが見えます。さらに特大のチェルシーイートン式肛門鏡に入れ替えます。直腸の中が、より鮮明に見えますが、やはり浣腸液に邪魔されて直腸壁の視診は不完全に終わりました。

お気に入りの女子大生と複数プレイ [2018/04/03 23:31] 未分類

yuzu0401.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は先日来診察したばかりのゆづさんの再診です。ゆづさんはとても素敵な方で、好きすぎて好きすぎてたまりません。今日は診察前に秋葉原のアダルトショップを2人でハシゴしました。今日の戦利品はディルドとゴムスティック。
Rimg0042.jpg
ディルドはゆづさんのオナニー用です。ゆづさんは毎日オナニーしているらしいので、これでオナニーにも幅が出るでしょう。
Rimg0043.jpg
ゴムスティックは早速診察で使用しましょう。出し入れではなく、横に回して楽しむタイプのものです。

今日の診察にはゲストで某医療プレイ店の雪乃さんもナース役でご参加です。「普段男性の体しか触ることが少ないので、女性の体も隅々まで触ってみたい」とのことです。

私とゆづさんはお泊まりで、雪乃さんは2時間だけで退出されます。ところが某駅のラブホテルで18時~入室できるところはすべて満室。しばらく待機してからプレイが始まりました。

きょうのストーリーは入院患者のゆづさんを、主治医の私と病棟を移ってきた雪乃ナースが処置を行うというストーリーです。


最初に聴診を行います。これは雪乃ナースにお任せ。乳首は勃起していなかったのですが、指で刺激するとすぐに勃起します。雪乃ナースも面白そうにゆづさんの乳首を指で刺激しています。ゆづさんの乳首はすぐにフル勃起。

次に検温です。 膝胸位になって下着1枚姿のゆづさんは下着を下ろされます。この時点で陰唇は大洪水、雪乃ナースも呆れられています。雪乃ナースの指がゆづさんの肛門を捉えます。肛門の感度が高いゆづさんですので身体を捩って感じています。雪乃ナースに「この患者さんは肛門壁や直腸壁でも感じるんですよ」と教えたところ直腸壁への触診が行われました。ますます感じている様子のゆづさんです。雪乃ナースが指を抜いて体温計を肛門に入れ直します。体温計は37.3度を示したところでブザーが鳴りました。脇の下だと36.3度くらいてしょう。

検温の後は導尿てす。今度は採石位になって脚を広げます。私は左手でゆづさんの陰唇を指で大きく開き、右手で持ったライトで尿道口を照らします。そこに12Frのカテーテルを持った雪乃ナースがカテーテルを尿道口に挿入します。間もなく黄色い尿が紙コップに溜まっていきます。今日は尿が溜まっていたのか200ccほど採尿できました。排尿が終わった後もカテーテルを外さずにしておき、雪乃ナースに電マをカテーテルに当てる様に指示を出しました。尿道に刺激が与えられて尿道が感じるゆづさんは感じて歓喜の声を上げています。

次は膣の検査を行います。先に膣鏡を入れて視診です。まずはスライド式膣鏡を使いましょう。雪乃ナースが中を視診しても子宮口がよく見えなかったので横開きのコリン式膣鏡に変更します。今度は子宮口が簡単に視診できました。

膣鏡を抜いて感度の検査を行いましょう。最初にもも先生がゆづさんの膣に指を入れて、雪乃ナースに彼女のGスポットの位置を説明します。Gスポットを刺激されたゆづさんは腰をバタバタさせて感じています。指を抜いて雪乃ナースに交替します。雪乃ナースは慎重にGスポットの位置を探っています。さらにポルチオ。ゆづさんの一番の性感帯は直腸寄りの2箇所なのですが、もも先生がそこをグイグイ押すとゆづさんは一気に絶頂に達してもも先生の指を千切れんばかりに締め付けてきます。ところが、雪乃ナースは指が短いため、そのスポットには指が届きませんでした。これは仕方ないですね。残念。

指の次は器具で感度の検査を継続します。最初はクリトリスから。雪乃ナースはフェアリーファイブスターでゆづさんのクリトリスを責めます。さらにウーマナイザーでクリトリスを吸引します。クリトリスの感度が良いゆづさんはかなり感じています。さらに電マのアタッチメント、オルガスターでクリトリスとGスポットの同時攻撃で、ゆづさんは息も絶え絶えに。アタッチメントをシナプスフェーズに替えて今度はクリトリスとポルチオの同時攻撃。その上、雪乃ナースに肛門に指を入れられて3箇所同時攻撃に。雪乃ナースは指で感じるアタッチメントの感触に、膣と直腸の距離の近さを感じてビックリです。 さらにもも先生に両乳首を触られて 5箇所同時攻撃になると、ゆづさんはもう腰を上下に動かしてイキ続けています。最後にアタッチメントをシナプスヴォーグに替えてクリトリス、ポルチオ、肛門の3箇所同時攻撃でゆづさんもダウンです。

今日は50%のグリセリン溶液を150cc浣腸です。 左側臥位になったゆづさんに雪乃ナースが浣腸を実施します。雪乃ナースが肛門にネラトンカテーテルを挿入します。やがてピストンが押され、グリセリン溶液がゆづさんの直腸に少しずつ注入されます。すぐに便意を訴えるゆづさんですが僅かな休憩の後は浣腸です。5分我慢するように指示します。雪乃ナースに肛門を押さえてもらいながらクリトリスを弄びオナニーしているゆづさんですが、どうしても我慢できなくなった様なのでもも先生が替わりに肛門を押さえます。しかしどうしても我慢できないと言うので腰の下に差し込み便器を入れます。3分後に手を離すと、肛門からグリセリン液が漏れてきました。続けて小さな硬い便塊が出てきます。さらに柔らかいニョロニョロした便も肛門から出てきました。柔らかい便は臭いです。雪乃ナースはマスクをしているのでマシですが、もも先生は直撃です。雪乃ナースは、女性の排便姿を見るのは初めての様です。

雪乃ナースは用事があるためここで退出です。私とゆづさんは着替えて夕食に行き、焼き肉を食しました。ホテルに戻っておせっくすしたりいろいろと2人で快楽を貪りあって深夜に就寝しました。

朝方、目が覚めてベッド上でイチャイチャ。朝食を食べてからもベッド上でイチャイチャ。ゆづさんからは肛門を舐めて欲しいとかリクエストがあり、朝から肛門舐めなどして全開で楽しんでいます。おせっくす等して、もも先生は仕事に向かいました。

今回は雪乃ナースとの複数プレイということもあり、いつもとは違った新鮮なプレイが楽しめました。雪乃ナースもお疲れさまでした。ゆづさんはいつも女子大生とは思えない気遣いをしてくれているので一緒かないることが楽しくて楽しくて仕方がありません。今から「次はいつ会えるんだろうか」とか考えてしまうほど魅力的な患者さんなのです。