FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


20歳の肛門と尿道好き患者さんの診察 [2017/09/30 23:08] 未分類

akari0930.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の患者さんは三重県の20歳OL雛子さん、2回目の診察です。

今日は先日の精密検査で問題が見つかった入院患者さんという設定です。今日もEカップの特大バスト、迫力あります。聴診を行いますが、今日も雛子さんの心音はやや早め。乳首の感度も前回同様非常に良くて、少し触れるだけで喘ぎ声を漏らします。次に検温を行います。膝胸位で下着を下ろすと今回も陰唇は愛液でベトベトになっています。陰唇から下着にかけて透明な粘液が糸を引いています。体温計を入れる前に肛門にゼリーを塗った指を入れて潤滑させます。ついでに直腸診を行いましょう。直腸には柔らかいですが無数の便塊が確認できます。昨晩排便はあったそうなのですが、大量に直腸内に便が溜まっています。指を動かすと「気持ちいい…」と雛子さんは嗚咽を漏らします。前回の診察から肛門が感じて感じて仕方ないみたいです。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。実測37.3度なので腋の下換算で36.3度。

次に全剃毛を行います。砕石位になって剃毛を行いますが、大部分は既に剃られているので簡単に剃ることができました。一度シャワーで毛を流したあと同じ姿勢で導尿を行います。前回は尿道でも感じていたので今回は前回よりも太い14Frのカテーテルを用意しました。今回も200ccほどの尿が採尿できました。さらに排尿後、カテーテルを入れたままで電マをカテーテルに当てて尿道を刺激します。今回も雛子さんは尿道が気持ちよったそうです。

カテーテルを抜いた後は膣の検査です。 最初に特大のターレット式膣鏡を入れて広げましたが、これは少し痛がったのでコリン式膣鏡で膣内を観察しました。さらに触診を行います。
まずはクリトリスを中心にグローブを付けた指で刺激を与えます。当然の様に感じています。次にGスポットを責めます。前回よりも感じているのがわかります。反応がいいです。
さらに膣口付近を責めると意外に反応がいいです。指を膣がギュッギュッと締め付けてきます。最後にポルチオを責めると、ここも前回よりも反応が良いです。

内部の反応の良さに期待をして玩具で責めます。こちらもクリトリスから入りましょう。今日は手足を拘束して責めましょう。鉄棒の両端の金具に膝と手首に固定したベルトを固定しています。どんなに暴れても逃げることができません。
akari09302.jpg
最初はフェアリーブラックエクシード、次にフェアリーファイブスターでクリトリスを直刺激します。雛子さんは「イッちゃう、イッちゃう」と繰り返して何度もイッてました。次にアタッチメントのオルガスターでGスポット、シナプスフェーズやCアタックGXでポルチオを責めます。さらにシナプスフェーズの小突起を肛門に入れ、クリトリスをウーマナイザーで責め続けました。

小休憩の後、雛子さん待望の浣腸です。前回よりも量を増やして今回はグリセリン50%で200ccです。1分もしないうちに雛子さんは便意を訴えます。自分で肛門を押さえさせますが、3分我慢した時点でもも先生に肛門押さえ係を交替します。雛子さんは「漏れる~漏れる~」と言いながら頑張って5分我慢できました。今日は便器にしゃがませての排便です。ブリブリビチビチと音を立てて雛子さんは便器に軟便を排泄し続けました。

最後に肛門と直腸の診察を行います。指を肛門に挿入して肛門壁と直腸壁の触診を行います。何度肛門に指を入れても雛子さんは感じています。指の次は直腸鏡と肛門鏡を肛門に挿入します。最初にケリー氏式直腸鏡を入れて中筒を抜いて直腸壁を視診します。今回も浣腸のお薬が直腸にたくさん残っていたので、抜く時にティシュで受けます。さらに特大のチェルシーイートン肛門鏡も今回は挿入に成功しました。

おまけにゴムスティックを次々に肛門に入れたり抜いたりを繰り返します。その後、シナプスヴォーグでクリトリス、ポルチオ、肛門の3点を責めながら両乳首も同時責めすると雛子さんは何度もイッてしまい、アタッチメントを抜いた後はそのまま目を瞑っていびきをかいて寝てしまいました。


スポンサーサイト
[PR]

26歳とてつもなく可愛いOLの診察 [2017/09/02 16:19] 未分類
moe0902.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の患者さんは千葉県の26歳OL由貴さんです。またまた初心患者さんです。医療プレイはおろか男性経験もないそうですが、普段からこっそり一人で浣腸を楽しんでいるそうです。どんな方かと待ち合わせてびっくり、とてつもなく可愛い方でした。こんな女性が浣腸を愛好しているとはなんという萌える設定!

今日の設定は便秘で受診された外来患者さんです。まずは聴診から入ります。小ぶりのかわいいオッパイとご対面。乳首は感じないとは言いますが、少し触るだけで簡単に勃起します。心音には異常がないのですが、鼓動の速さは激速です。かなり興奮されていますね。

次に検温のためベッドに 膝胸位になるように指示を行います。おおきくて形の良いお尻です。下着を下ろすと陰唇は濡れてない?でも陰唇を広げると内部はシッカリ濡れていました。肛門にゼリーを塗った指を出し入れして、どんな感覚なのか聞いてみると「変な感じ」だそうです。
直腸診を行うと、直腸の中は便で一杯です。本当に便秘していますね。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。実測37.4度なので腋の下換算で36.4度くらい、平熱です。

次に剃毛を行いますが、Vラインは残して欲しいと聞いているのでIラインとOラインのみ剃ります。砕石位になってもらいます剃り上げました。剃毛中も陰唇からは愛液が垂れてきています。次は導尿です。小陰唇を広げて尿道口をヨードで洗浄します。その後12Frのカテーテルを入れます。由貴さんの意識とは無縁に尿がコップに落ちていき、排尿音が響いています。初めての感覚に由貴さんはびっくり。由貴さんは排尿後、カテーテルを入れたままにして電マをカテーテルに当てられています。電マの刺激が由貴さんの尿道を襲います。「ああっ、これ気持ちいいかも!」といきなりの快感宣言です。

カテーテルを抜いて、膣の検査を行いますが、男性経験が無いので膣の入口に指を入れるだけです。少し入れただけで痛がるので中止。処女用の膣鏡を入れるのも諦めました。 しかし愛液を流し続けるので精密検査を終えるわけにはいきません。クリトリスに絞って刺激しましょう。由貴さんは普段は指や電動歯ブラシをクリトリスに当ててオナニーしているそうです。まずはフェアリーブラックエクシードをクリトリスに直当て。すぐに「これ、気持ちいい、(自分用に)欲しいかも~」と喜んでいます。電マをフェアリーファイブスター、スライヴ、ターボローター、ウーマナイザーに換えても同じ反応です。

次は待望の浣腸です。グリセリン50%で160cc。ネラトンカテーテルを由貴さんの肛門に挿入して記念撮影。徐々に薬液を注入していくと「もう効いてきたかも」と弱気な発言が。自分で浣腸する時は1分ちょっとで出してしまうそうです。その後も「お腹痛い」を連発する由貴さんですが、浣腸慣れしているだけあって頑張ってクリアしていきます。注入後3分経ったあたりで、もも先生が由貴さんの肛門を押さえます。5分経った時点で排便の許可を出し、腰の下に差し込み便器を入れます。しかし慣れない姿勢のためなかなか排便ができません。しかし6分を過ぎたあたりからチョロチョロと肛門から茶色く濁ったグリセリン液が漏れてきました。さらに薬液の排出量が増えてきて、そのうち直腸にあった茶色い便塊が肛門から出てきました。さらにその奥にあったと思われる柔らかい黄色い便も出てきました。差し込み便器には見る見る間に由貴さんの便が山盛りになりました。続きをトイレです出させようとトイレに流したところ詰まってしまいました。(涙)愛音ちゃんとのプレイ以来2度目の出来事です。便器に手を突っ込んで修理しました。その後トイレで排便を続ける由貴さん、豪快におならの音を何度も爆発させていました。

さらにリクエストのあった高圧浣腸も続けて行います。イルリに1,000ccの微温湯を入れて、極太のカテーテルを由貴さんの肛門に入れます。まだ300cc位しかはいってない段階で「お腹痛いかも」と由貴さんは訴えますが頑張って1,000ccの微温湯を受け入れていました。すぐにトイレに行かせますが、お湯を排出すやらおならの音が混じって大変素晴らしいサウンドが聞こえてきます。

最後に肛門と直腸の診察を行います。まずは指で肛門壁と直腸壁の触診。直腸の中はさすがに空になっています。指は直腸からポルチオのあたりを刺激し続けます。「何?これ、気持ちいい!」と由貴さんさんはポルチオで感じています。さらに直腸からGスポットの方を刺激すると「き、気持ちいいけど出そうな感じ~」とシッカリGスポットの気持ちよさを感じています。膣が開通したら、きっと中が感じられること間違いなしですね。次にストランゲ式肛門鏡を入れます。肛門壁が見えています。さらにケリー氏式直腸鏡を入れて直腸壁を視診します。まだお湯が直腸に残っているのが見えます。チェルシーイートン式の肛門鏡を入れようとすると痛がるので肛門の拡張を行います。最初は有柄式肛門鏡で肛門を広げます。さらにブジーを肛門に入れてしばらく留置して肛門を広げます。あまり時間がかなったので充分に肛門を広げられなかったので、今回はチェルシーイートン式肛門鏡は入れられませんでした。次回の課題ですね。