FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


20歳OLの診察 [2017/08/31 00:45] 未分類
0829.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の患者さんは三重県の20歳OL雛子さんです。前回の患者さん同様、初心患者さんで、医療プレイも浣腸も初めて。婦人科検診は先日受けてきたそうです。

今日の設定は精密検査を受ける入院患者さんです。Eカップの特大バスとをOPENして聴診を行います。乳首が感じる雛子さんは乳首に触れるだけで声を漏らします。張りのあるすばらしいオッパイです。心音には異常がないのですが、鼓動の速さは普通の方の倍くらいあります。かなり興奮されているようです。
次に検温を行います。ベッドに 膝胸位して下着を下ろすともう陰唇からはかなりの愛液が垂れてきています。まだ指も玩具も受け入れたことのない肛門にゼリーを塗った指を入れます。
「変な感じ」という雛子さんですが、もも先生は遠慮せずに肛門壁と直腸壁を触診します。ようやく指が抜かれて体温計を肛門に挿入します。実測37.6度なので腋の下換算で36.6度くらいです。

次に全剃毛を行いました。砕石位になってもらいますが、既に一部が剃られているので簡単に剃り上げられました。そのままの姿勢で導尿を行いましょう。小陰唇を広げて12Frのカテーテルを入れます。尿がコップに落ちていき、200ccほどの尿が採尿できました。雛子さんもまた排尿後、カテーテルを入れたままにして電マをカテーテルに当てられます。電マの刺激が雛子さんの尿道を襲います。最初は「変な感じ」としか言いませんでしたが、後に「気持ちいい」と白状しました。

カテーテルを抜いて、膣の検査を行いましょう。 最初は触診で、グローブを付けた指にたっぷりローションを塗って膣に入れます。指を曲げてGスポットやポルチオを責めてもあまり反応がありません。しかしクリトリスにはかなりの反応があります。雛子さんは中よりもクリトリスの方が圧倒的に感度が良いみたいです。膣鏡はスライド式膣鏡を用いました。大きなサイズなのですが雛子さんは痛くないようですんなり入りました。中はきれいなピンク色でした。

次に感度の検査です。まずはウーマナイザーです。雛子さんは速攻でイッてしまいました。さらにフェアリーファイブスターで様々な振動パターンで責めるとこれも秒殺。クリトリスの感度は非常に高いです。さらに電マのアタッチメントのオルガスター、シナプスフェーズなどでクリトリスとGスポットかポルチオの複合箇所を責めます。長時間責め続けられると雛子さんはやはり何度もイッてしまいました。

休憩の後は浣腸です。初めての浣腸はグリセリン50%で120cc。。ネラトンカテーテルを雛子さんの肛門に挿入します。「あまりのお腹の痛みに言葉も出ない」と無言で我慢する雛子さん。5分我慢して差込便器を入れましたが、便意が遠のいた様子。40ccの小さな浣腸を追加しますがやはり効かないようで、10分経っても我慢していたのでご褒美にトイレに行かせました。「ブリ!ボチャ!」とグリセリン液に混じって硬い便が便器に落ちる音がします。相当の便が排出されました。しかしお腹の痛みが引かないので120ccほどお湯を浣腸して直腸をすすぎました。

最後に肛門と直腸の診察です。まずは指で肛門壁と直腸壁の触診。次いでストランゲ式肛門鏡を入れますが、少し開いただけで痛がるのですぐに抜きました。ケリー氏式直腸鏡を入れて中筒を抜いて直腸壁を視診します。かなりお湯が直腸に残っているみたいです。

診察はここで終了しましたが、その後ウーマナーザーやフェアリーファイブスターで再度責め、久しぶりにおせっくすもさせていただきました。

スポンサーサイト
[PR]

19歳女子大生の診察 [2017/08/15 20:51] 未分類
dkl_01.jpeg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の患者さんは岐阜県の19歳女子大生祥子さんです。初心患者さんで、医療プレイも浣腸も初めてらしいです。

どちらかというと、ヘビーなプレイよりもライトなプレイがしたいとのことでしたので、それなりの準備をしてきました。

今日の設定は便秘症の外来患者さんです。まずは聴診から。さすが19歳、綺麗で弾力のあるオッパイです。弾む弾む。心音には異常がなく、検温します。ベッドに 膝胸位になってもらい、下着を下ろします。綺麗な肛門です。ゼリーを塗った指を祥子さんの肛門に入れます。グリグリと回しながら肛門壁と直腸壁を触診します。祥子さんは「気持ち悪い」と言いながら耐えています。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。実測37.3度でした。

次に尿検査を行います。導尿です。今度は砕石位になってもらい、小陰唇を広げます。若いので尿道口もハッキリしています。12Frのカテーテルを入れると、ほどなく尿がコップに落ちてきました。排尿後、カテーテルを入れたままにして電マをカテーテルに当てます。微妙な刺激が祥子さんの尿道を襲います。喘ぐ祥子さんですが、聞いてみたら気持ちがいいそうです。

カテーテルを抜いて、膣の検査を行います。 まずは触診です。グローブを付けた指を膣に入れます。人差し指と中指の2本がすんなりと入りました。指を曲げてGスポッとを責めるとすぐに反応があります。「逝っちゃう逝っちゃう」と大騒ぎ。次に指を子宮口に移動させ、ポルチオを責めます。こちらも感じている様です。

指を抜いて膣鏡を入れます。最初に入れたスライド式膣鏡は痛がったので小型のコリン式に交換。これも痛がったのでクスコ式のSに再度交換。今度はすんなり入りました。中はきれいなピンク色です。

今度は感度の検査です。まずは新兵器のフェアリーファイブスター。AC100Vの電マで唯一振動パターンをセレクトできるモデルです。これも 「逝っちゃう逝っちゃう」です。さらに新兵器のウーマナイザー、これに至っては暴れて逃げ惑うほどの快感だった様です。その後も電マのアタッチメントをオルガスター、シナプスヴォーグ、シナプスフェーズ、 OOGA TOUCHなどに変えて責め続けます。祥子さんは「止めて」というのですが、電マを止めて「本当に止めていいんですか?」と聞くと首を振ります。本当はもっと責めて欲しいのに、恥ずかしくて言えない様です。

少し休憩したあとは浣腸です。まだ浣腸を体験したことのない祥子さんは浣腸を怖がっていました。 今日もグリセリン50%で120ccの浣腸 になります。オレンジ色のネラトンカテーテルを祥子さんの肛門に挿入します。薬液が半分も入らないうちに祥子さんは「出したい出したい」と大騒ぎです。我慢できなくなった祥子さんは、もも先生の目の前でブリブリと排便を始めました。

お腹がかなり痛くなったみたいなので、今日の診察はここで終了しました。