FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはカカオID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


肛門好き患者さんの診察 [2017/04/30 21:22] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は奈良県の初診患者さん、忍さんの診察を行いました。忍さんは20代前半のスレンダーな方で、とても真面目そうな方です。このような真面目な方は実は淫乱であることも多いので楽しみです。

診察前に聞いてみたところ、忍さんは10年くらい前からもも先生のホームページを見てくれていたそうです。もちろん医療プレイは初めてで、成人してから一番安全そうなもも先生を選んでくれたそうです。今日は総合検診の設定です。

診察は聴診からスタートします。ブラジャーを外して小ぶりの可愛いオッパイとご対面です。心音を聴診器で聞いた後、乳房を揉みながらシコリがないか乳癌の検診を行います。
次は直腸検温を行います。スカートとパンストを脱いでもらい、ベッド上で膝胸位になってもらいます。下着を下げると陰唇から下着にかけて透明な愛液がツーっと糸を引きます。幼い頃から医療器具などに強い興味を持っていた忍さんはかなり興奮しているみたいです。ゼリーを塗った指を肛門に挿入します。指先が肛門壁から直腸にかけて潜り込んでいくと忍さんの表情が歪みます。「どんな感じですか?」と聞くと忍さんは「気持ちいい…」と正直に答えます。
後から聞いた話では、忍さんはクリトリスや膣を使ったオナニーはしないのに、肛門には異物を入れて感覚を楽しんでいるらしいのです。指先はさらに直腸の奥をまさぐっています。便塊は無さそうです。指を肛門から抜いて、代わりに体温計を挿入します。直腸温は37.1度でした。

次に剃毛を行います。もともとほとんど剃毛されていましたが、肛門の周囲と大陰唇の肛門寄りの部分の剃りが甘かったので、その部分だけ剃りました。

剃毛の後は導尿です。過去に入院した時にされたことはあるらしいのですが、プレイとしては初めてです。まずは砕石位になってもらいますが、愛液で尿道口付近もベタベタなためティッシュで愛液を拭き取った後、尿道口をヨードスティックで洗浄します。そして12Frのカテーテルを尿道口に挿入します。間もなく黄色い尿が元気よくコップに流れてきました。100ccほど採尿ができました。

次に膣の検診です。忍さんは今まで1回しか男性なので経験がなく、その時は痛いだけだったそうです。愛液でぬるぬるになっている膣の中に指を入れて触診します。まだ狭い膣のため、指は1本しか入りません。これてはおちんちんが入ってきたら痛いでしょう。指を抜いて小さ目のコリン式膣鏡を入れます。しかし、これでも痛がったのでクスコ式膣鏡のSSを入れました。これでも少し開くだけで痛がったので、開口は最小限にしました。

膣鏡を抜いて、今度は感度の検査です。先程の触診で、膣の中はまだ感度が良くないこと(先に痛みが来てしまう)から、まずはクリトリスを重点的に責めます。最初は指で、そして電マ、ターボローターでクリトリスに刺激を与え続けます。クリトリスは感じる忍さん、「気持ちいい…」と体を捻って快感に耐えています。さらに右の人差し指を肛門に入れます。クリトリスと肛門のW責めに忍さんは仰け反って耐えています。長時間責められてヘロヘロになった忍さんはとうとうギブアップです。

少し休憩を挟んで浣腸です。今日はグリセリン50%溶液を120cc浣腸しましょう。忍さんは浣腸は初体験ですが、興味は持っていたそうです。左側臥位でグリセリン液を全て直腸に飲み込んても、直ぐには便意は来なかったようです。しかし、2分を過ぎたあたりからお薬が効いてきたようです。「お腹が痛い…」とつぶやき顔をしかめる忍さんですか、もも先生が排便の許可を簡単に出す訳がありません。忍さんはもも先生に肛門を押さえられたまま便意を画面するしかありません。しかし、あと10秒で5分というところでハプニング発生です。さあ、腰の下に差込便器を入れようと、肛門を押えている手を少し緩めた瞬間に忍さんは左側臥位のまま、いきなり我慢できずに排便してしまいました。肛門から排出したグリ
セリン液が、もも先生の手や白衣に飛び散ります。慌てて肛門を強く圧迫して、砕石位にして腰の下に差込便器を入れます。忍さんの肛門を押えている手を離すと、忍さんは寝たまま排泄を始めました。最初は硬いコロコロした便が、やがて途中からドロドロした泥状の便が便器を埋め尽くしていきます。匂いも部屋に充満してきました。最も、肛門近くで排便を観察しているもも先生にとっては部屋に匂いが充満する以前に強烈な匂いを嗅いでいるのでどうでもいいことです。かなりの量の排便がありました。

最後に肛門と直腸の検査です。先に触診をしましょう。忍さんの肛門に、もも先生の右手人差し指が入っていきます。指先は直腸壁に沿って、直腸の奥をまさぐっています。長時間、直腸診を行った後は肛門に器具を入れましょう。まずはストランゲ式肛門鏡で肛門を広げて、肛門壁を視診します。次にケリー氏式直腸鏡を入れます。内筒を抜いて直腸壁を視診します。結構締まりのいい肛門ですが、大きな肛門鏡も入れてみましょう。特大のチェルシーイートン式の肛門鏡を入れてみたら、案外スッと肛門は飲み込んでくれました。さらに大きなチェルシーイートン式の肛門鏡も、簡単に入ってしまいました。大きな肛門鏡だと、良好な視界が得られます。忍さんの直腸の入り口が綺麗に視診できます。(直腸内を
撮影して、忍さんにも見てもらいました)

肛門鏡を抜いて、肛門用のゴムスティックで肛門の快楽責めです。肛門好きの忍さんはとても感じてらっしゃいます。その後、長時間クリトリスと肛門を刺激して今日の診察は終了です。



スポンサーサイト
[PR]

久しぶりの摘便 [2017/04/17 00:56] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は久しぶりに山形まで往診です。3年前に診察した、陽菜さんの再診です。相変わらず綺麗でスレンダーでした。腰がくびれているのに、大きなお尻は魅力的です。最近は浣腸をしたくてしたくてたまらなくなり、でも薬局で買うのは恥ずかしいので通販で浣腸を買って楽しんでいるそうです。

いつもの様に聴診から入ります。Bカップのオッパイとも3年ぶりのご対面。次に検温のためベッドに膝胸位で寝かせます。下着を下げると可愛らしいお尻。下半身は3年前と同様、診察前から全剃毛されています。体温計を肛門に入れる前に、ゼリーを塗った指で直腸診を行います。指が肛門に飲み込まれると、肛門好きな陽菜さんは気持ちよくなって喘いでいます。直腸の奥には少し便塊がありました。今回、「可能であれば摘便されたい」というリクエストがあったので摘便してみます。しかし軟便かつ肛門が狭い陽菜さんの摘便はかなり厄介。辛うじて少量の摘便を行うことが出来ました。摘便後に肛門に体温計を挿入し直腸温を測定します。直腸温は36.5度だったので体温は低そうです。体温計を抜いた後は、これもリクエストのあった座薬を挿入します。レシカルボン座薬を2個肛門に挿入しました。膣を診るとすでにかなり濡れています。座薬を入れたまま膣の検査に移行します。

まずは砕石位にしてスライド式膣鏡にチャレンジしましたが、膣が小さな陽菜さんには入りませんでした。そこでコリン式膣鏡を入れてみましたが、これでも少し開くと痛がります。陽菜さんは肛門だけではなく膣も狭いのです。そこで少しだけ開いて、中を視診しました。ここで感度の検査を行います。指でクリトリスを刺激すると、陽菜さんは感じすぎて身を捩って逃げようとします。しかし逃がさず押さえつけ、今度は指を膣の中に入れてGスポットを刺激します。Gスポットも陽菜さんはとても感じるようです。さらにポルチオも刺激しましたが、こちらは少し反応がよくなかったです。再度Gスポットを責めますが、陽菜さんが逃げようとするので今度はOOGA Touchを装着したフェアリーターボエクシードでクリトリスとGスポットの同時攻撃です。強烈な刺激に陽菜さんは感じまくっています。さらに肛門に指を入れてクリトリスとGスポットと肛門の3点責めになると陽菜さんは絶叫しています。次に電マのシナプスヴォーグ、シナプスフェーズで快楽責めを続行していたところ、座薬が効いてきた様です。

一旦快楽責めを止めて便器にしゃがませます。レシカルボン座薬は炭酸ガスを腸内で発生させるため、大きなオナラが出ます。さらに浣腸と違って溶けた薬は小量なのでほとんど自然便を出すような感じで排便が始まります。肛門から溶けた薬とオナラに混じってニョロニョロと細い便が排泄されました。

少し休憩した後は浣腸です。左側臥位でグリセリン50%溶液を120cc浣腸しました。注入後直ぐに便意を訴える陽菜さんですが、もも先生は陽菜さんのクリトリスを刺激します。気持ちよすぎて便意よりも快感が勝ってしまった陽菜さんは、何度も喘いでは果て、喘いでは果てを繰り返しています。そんなことをしているうちに10分以上が経過。快楽責めを止めても便意は消えていました。そこで15分ほど経ったところで60ccのグリセリン液を追加。最終的に18分ほど我慢したところで陽菜さんは差し込み便器に排便しました。

最後に肛門と直腸の検査です。膝胸位でケリー氏式直腸鏡を挿入し、肛門と直腸の検査を行いました。直腸の中はまだグリセリン液で一杯だったので直ぐにトイレに行ってもらいました。

その後陽菜さんがナース役になってもも先生に浣腸してもらったり、相互浣腸を行って楽しみました。

5年越しの医療プレイ実現 [2017/04/02 23:39] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は遠方に遠征です。群馬県のアラサー主婦典子さんは5年程前から連絡を取り合っていたのですが、なかなかタイミングが合わず、やっとお会いする機会に恵まれました。典子さんは普段から体が弱く病院にかかることも多かったため、徐々に医療プレイに興味を持っていたらしいです。今日は総合健康診断ということでプレイ開始です。実は今回も生理と重なり診察が危ぶまれたのですが、タンポンを入れて診察実施です。


最初に聴診ですが、服を脱ぐと立派なオッパイが。聞くとFカップらしいです。聴診器を当てると、心音は正常です。乳首はやや立っています。次に検温を行うためベッド上で膝胸位になる様に指示します。パンツを下ろすと綺麗な肛門とこんにちは。肛門にゼリーを塗った指を挿入すると「変な感じ」と悶えます。さらに直腸診を行うと声は「気持ちいい…」に変わりました。指を肛門から抜くと、指先にベッタリと便が付着していました。泥状便が直腸の奥にありそうです。これは排便臭が強いかも。(笑)

次に剃毛を行いましょう。リクエストでVラインは残しておいて欲しい、ということなのでIラインとOラインのみ剃りましょう。砕石位にして剃毛を開始します。剃り終わって陰唇を見ると、愛液がベッタリと溢れています。このままでは導尿に支障が出そうなので、一旦ティッシュでふき取ります。尿道口はクッキリしていたのでカテーテルの挿入は容易でした。12Frの導尿用カテーテルが尿道に挿入されると、尿がコップに排出されていきます。チョロチョロと言う排尿音を聞いて、典子さんは「何?出そうとしてないのに出てる…」とびっくりです。100ccほど採尿ができました。

次は膣内の視診です。タンポンを抜いてコリン式膣鏡を膣内に入れます。出産経験のある膣は容易に膣鏡を受け入れました。膣鏡を広げると、子宮口が見えます。まだ生理が完全に終わっていないので出血も見られます。次いで陰唇の濡れ具合が異常なので、感度の検査を実施です。指でGスポットを刺激すると体を捩って大騒ぎ!さらにポルチオも刺激するとこちらも感じる様で絶叫します。さらに電マのアタッチメント、オルガスターでGスポットとクリトリスを同時に責めます。初めての体験に何度も「イク~!」と絶叫する典子さん。アタッチメントをシナプスフェーズに変えてポルチオを責めるとこちらも何度もイキ続けます。最後にOOGA Touchをフェアリーターボエクシードに装着して一気に高回転で責めるとこの日一番の快感だったようで典子さんは更に悶絶しておりました。このOOGA Touch、地味ですがいい仕事します。

休憩の後、浣腸を実施します。グリセリン50%溶液を120cc浣腸ですが、注入が始まると同時に「出したい」と言う、浣腸に弱い典子さん。すぐにでも漏らしそうなので、腰の下に差込便器を入れ、もも先生が典子さんの肛門を押さえます。しかし2分ほど我慢したところで我慢できずに寝たまま便器に漏らしてしまいました。やはり泥状便の影響で、典子さんは「臭い…」とつぶやいていました。

お腹の中が綺麗になったところで今日のメインイベントです。典子さんのたっての希望で用意したデジタル肛門鏡。直腸の中がリアルタイムにパソコンの画面で見られる優れものです。使い捨ての肛門鏡の先端を肛門に挿入し、中芯を抜くと直腸壁がパソコンの画面に映されます。そして肛門鏡をゆっくりと抜いていくと画面は肛門壁に変わり、最後に抜ききるまで全ての肛門壁が見れるのです。そんな画面を典子さんともも先生は2人で見て楽しみました。