FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはカカオID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


二日続きの診察 [2015/09/28 22:46] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は、5年ぶりの診察になる現役ナースの七海さんが患者さんです。さらに、10代の若手医療プレイ好き女性初音さんがナース役として初参加になります。

東京の某駅で待ちあわせたのですが、久しぶりに会った七海さんは顔つきも大人びていて、素敵なLadyに変身していました。次いで初音さんが到着してホテルに向かいます。初音さんは少女の面影が残る初々しくて可愛らしい方でした。

まずは七海さんが入院患者さんの役で診察スタート。聴診すると心音の早さは普通の様です。興奮してないのかな?と思い、直腸温測定のために膝胸位にして下着を下ろしてみると(この辺り初音ナースがやってくれるので楽♪)陰唇は溢れかえった愛液にまみれています。肛門にゼりーを塗った指を入れて直腸診を行うと直腸内には便は無さそうです。指を抜いて体温計に入れ替えます。直腸温は37度9分だったので脇の下換算で36度9部、平熱です。

次に体位を砕石位にさせて導尿を行います。導尿好きの七海さんですが、最初はなかなか尿が出てきません。しかし膀胱を押すとチョロチョロと濃い色の尿が出てきました。その後、カテーテルに電マを当てて尿道を刺激しました。カテーテルを抜いて膣鏡を入れます。最初はクスコ式のL。難なく入り、広げると子宮口が綺麗に見えます。初音ナースにもよく見てもらいました。初めて見る女性の膣の中を初音ナースは興味津々で見ていました。さらに膣鏡を特大のターレット式に変えます。これも難なくクリア。大きいだけに広げた時の視野はクスコ式の比ではありません。

膣鏡を抜いて、次は膣内の触診です。Gスポット、ポルチオと触っていき、初音ナースにも触ってもらいます。指を抜くと今度は電マを使って感度の検査。フェアリーブラックエクシードでクリトリスを刺激。すると七海さんは体を捻って快楽から逃れようとするので初音ナースが上半身を押さえ込みます。初音ナースはその状態で七海さんの両乳首を指で責めますさらにアタッチメントオルガスターを装着した電マでGスポットを刺激。さらにシナプスフェーズに変えてポルチオ責め。七海さんは押し寄せる快感から逃げようとしますが、初音ナースに阻まれて押えこまれています。初音ナースgood jobです。さらにアタッチメントをシナプスヴォーグに変えて、クリトリスとポルチオと肛門の3点責め。5年前の診察時はこのアタッチメントて悶絶していた七海さん、今回も悶絶しています。電マのアタッチメントを抜いて、今度はもも先生の指で七海さんの膣内を責めます。Gスポットを責めていると気持ちがいいみたいで、「もっと強く押えて」とのリクエストが。診察後にもらったメールでは、この時が一番気持ちよかったそうです。

少し休憩を入れた後は浣腸です。今日はグリセリン50%溶液を150cc浣腸します。左側臥位になった七海さんの肛門にガラス浣腸器に接続されたカテーテルを挿入した後に浣腸器を初音さんに渡し、初音さんに浣腸してもらいました。初音さんはゆっくりと大きな200cc浣腸器のピストンを押し、グリセリン浣腸液は全量七海さんの直腸に注ぎこまれました。

2分ほど経ったところでそろそろ漏れそうだと言ってきた七海さんですが、5分我慢できるまでは排泄させません。念のため砕石位にして腰の下に差込便器を入れて七海さんの肛門を押さえます。途中から初音ナースに肛門を押さえるのを替わってもらいました5分経って排便の許可が出たので、七海さんはもも先生と初音ナースに見られながら浣腸液とコロコロした便を差込便器に排泄しました。

さらにトイレから戻ってきた七海さんに40ccの小さな浣腸を2本注入。今度はトイレで出させます。

お腹が落ち着いてから肛門と直腸の検査です。あまり肛門が広がらない七海さんなので太い肛門鏡は入りません。まずはストランゲ式の肛門鏡で肛門を広げ、肛門壁を視診します。初音ナースにも見てもらいました。次にケリー氏式直腸鏡で直腸壁を視診します。直腸壁に見える血管に初音ナースも「綺麗♪」とびっくりです。

最後にもう一度感度の検査です。今度は膝胸位の状態でシナプスフェーズを入れますが、うつ伏せになって逃げる七海さんに、40ccの浣腸を2本。我慢させながら肛門に指を入れると、指先に浣腸液の感覚が感じられます。面白いので初音ナースにも肛門に指を入れてもらいました。七海さんの診察はこれにて終了。

ここで初音さんのプチ診察(浣腸が無いので「診察」対象外です)を行いました。今度は七海さんがナース役です。まずは聴診から入ります。可愛らしいオッパイに聴診器を当てると緊張しているのか鼓動がかなり早いです。次に砕石位にして剃毛を行いました。全剃毛で、肛門周囲までツルツルに仕上げました。次に膣鏡を入れます。最初はクスコ式のSS。難なく広げられたのでサイズをMにします。こちらも難なく広げられました。くぱぁと開いた膣の中を七海ナースと視診します。普段から人体を見慣れている七海ナースにとっては見慣れたものです。最後に感度の検査を行います。乳首を七海ナースに責めてもらい、もも先生は電マで初音さんのクリトリスを責めます。

初音さんへの診察は内容限定で聞いていたので、これで終了です。大人の魅力溢れる綺麗な七海さんと、可愛らしい初音さんのコラボレーション、こんな素敵な患者さんとワイワイ楽しく過ごせました。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


2日続けて関東にて診察を行いました。

今日の患者さんは現役ナースのともさん。ショートカットが似合うともさんは私への診察もしていただけるということで朝から晩までの長丁場。事前情報では2穴同時責めが好きと聞いており、かなりの肛門好きの予感♪

外来患者さんの設定で診察はスタートです。聴診すると鼓動はやや早め。僅かに緊張しているのかもしれません。次に膝胸位にして直腸温測定を行います。体温計を入れる前に直腸診を行うと、直腸の中は便でいっぱいで浣腸確定です。(便がなくても浣腸しますが)指を抜いて体温計を入れると37度ちょうどを指しています。

次は剃毛です。砕石位にして全剃毛を行いました。陰唇はこの時点で完全に開いています。ともさんはだんだん興奮してきているみたいです。

陰唇の周りの毛が無くなったところで導尿を行います。12Frのカテーテルを尿道に挿入すると尿がカテーテルの先から出てきました。尿量が多く、コップが1個では足りず2個目に突入。排尿後にカテーテルに電マを当てて尿道を刺激するた、気持ちいいみたいで体を震わせています。排尿されたコップに尿検査のステイックを入れて排卵チェックを行いました。

次に膣の検査を行います。4弁クスコ式膣鏡を入れて膣内を視診します。子宮口付近が愛液でベタベタになっているのが良く見えます。さらに特大のターレット式膣鏡で膣を最大にまで広げます。膣鏡を抜いて触診です。割と子宮口が膣から近い位置にあるのでポルチオ責めは容易でした。感度は普通です。しかし指をGスポットに移動させて刺激するとかなり感じる様で腰を浮かせて反応しています。指先で叩くように刺激すると潮吹きが始まりました。何度も小刻みにもも先生の指が潮にまみれていきます。電マを取り出し、フェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てるとこれまた大騒ぎ。クリトリスの感度も高い様です。電マアタッチメントのオルガスターを当てると、Gスポット用なのでこれも大当たり。何度もイキ続けて腰を浮かしています。その後シナプスフェーズ、シナプスヴォーグなどのアタッチメントに替えて感度の検査を続けましたが、イキ続けたともさんはグッタリとダウンしていました。

体力が回復するまで休んだ後は浣腸です。時々40ccの浣腸を使っているそうですが、100cc以上の浣腸は経験がないそうです。今日はグリセリン50%溶液を120cc浣腸しました。浣腸後1分もしないうちに便意を訴えるともさん。もも先生に肛門を押さえられ、何とか5分をクリアしました。ベッド横に用意された簡易便器にまたがり、ともさんの排泄が始まりました。茶色い便が次から次へと肛門から排泄されます。

ここで再度感度の検査を行います。浣腸により直腸内の便が無くなったので、2穴責めが出来る様になったためです。膣と肛門の両方に指を入れて擦り合わせます。膣側と肛門側の指を様々な組み合わせで責めて、一番反応が良いポイントを探します。ともさんは何度も押し寄せる快感のために膣と肛門を収縮させ、もも先生の指を締め上げるのでした。

最後に肛門と直腸の検査を行います。最初は有窓シムス式肛門鏡を挿入し、肛門壁を視診しました。次にケリー氏式直腸鏡で直腸壁を視診します。さらに太いチェルシーイートン式肛門鏡を入れたところこれも難なく入ります。最大に太いチェルシーイートン式肛門鏡も一発で入りました。

これでともさんの診察は終了です。ここからは割愛しますが、もも先生がともナースに診察をしていただきました。

最後にセックスしながら肛門にバイブを入れて欲しい、アナルセックスをしながら前にバイブを入れて欲しいというリクエストがあったので挑戦しました。しかし正常位では肛門にバイブを入れにくく、バックでも、もも先生のおちんちんが前に入っていると肛門にバイブを入れようとしても押し出されてうまくいきません。今度は硬めのバイブを用意してリベンジしたいと思います。


スポンサーサイト
[PR]

10代看護学生の診察 [2015/09/06 20:34] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は群馬県の19歳、看護学生水菜さんの診察です。事前情報では胸がぺったんこでお腹が出てる、と聞いていたのでどんな体型かと思っていたらスレンダーなモデル体型ではありませんか。

水菜さんは浣腸と導尿に興味があるとのことですが、浣腸も導尿も未体験だそうです。男性体験は無いということです。

今回は看護学生の水菜さんが教師でもある医師のもも先生に腹痛を相談するというストーリーです。

まずは聴診から入ります。ナース服のジッパーを下げてオッパイに聴診器を当てます。小振りですが張りのある10代の素晴らしいオッパイです。心音を聞くと鼓動はかなり早く感じます。かなり緊張しているみたいです。次に検温(直腸温測定)を行います。もも先生のホームページをよく見てくれているので、「検温」というだけで自ら四つん這いになります。パンツを下げると陰唇は既にヌルヌルです。「指は入れられたことがあるがオチンチンは入れたことがないという水菜さんなので、無理に膣に指は入れられません。まずは肛門にゼリーの付いた指を入れると、直腸の中は便で一杯でした。2日程出ていないそうです。

指を抜いて体温計を肛門に入れます。対尾は37度3分を示しています。次に剃毛です。前の部分は残しておいてほしいと聞いていたので、クリトリスの上1cmのラインから下を剃り上げます。ツルツルに剃り上げられた陰部はとても可愛くなりました。

綺麗になったところで導尿です。カテーテルが入ってくる一瞬はチクッとしたそうですが、ほとんど痛みは無かった様です。紙コップには濃い黄色の尿が100ccほど採取できました。カテーテルを抜く前に勝てに電マを当てます。「あ、気持ちいいかも」と言うのでしばらく当ててましたが、極端に気持ちいいわけではないみたいです。カテーテルを抜いた後は感度の検査です。

拘束もされたいと聞いていたので太腿と手首を連結する器具で拘束します。クリトリスと乳首が感じると言う水菜さんなので、クリトリスと乳首を指で責めます。次いで電マをクリトリスに当てます。初めての快楽に逃げようと体を捩る水菜さんですが、拘束されているので逃げらません。何度もイッて潮をふく水菜さん。

少し休憩した後は摘便をしようかと再度直腸診を行います。しかし大量の便は全て柔らかいために摘便は困難です。浣腸にしましょう。浣腸の宣告をすると、すぐに左側臥位になる水菜さん。さすがは看護学生です。グリセリン50%溶液を120cc浣腸すると、1分もしないうちに泣きが入ります。しかしもも先生に肛門を押さえられて叱咤激励された水菜さんは頑張って5分我慢できました。腰の下に入れられた差し込み便器に最初は茶色く濁ったグリセリン液が、その次に黄色い便塊が一気に水菜さんの肛門から差し込み便器に飛んできます。差し込み便器はたちまち便で一杯になってしまいました。

最後に肛門と直腸の検査です。まずは直腸診を行います。先程まで直腸を占領していた便は全て浣腸で綺麗に洗い流されて空になっていました。次に有窓シムス式肛門鏡を入れて肛門を広げます。少し広げただけで痛がったので肛門ブジーを使って肛門を拡張します。拡張後にケリー氏式直腸鏡を肛門に入れ、直腸壁を観察します。直腸の血管と、先ほどのグリセリン浣腸液の残りが直腸に残っているのが見えました。

 番外編 

診察後に、もも先生も水菜さんに浣腸してもらいました。看護学校でもまだ練習したことがないそうですが、とても丁寧で上手な浣腸でした。

さらに再度電マで責められた水菜さんは、ベッドの上で潮をふいてイキ続けていました。

水菜さんは、初めての浣腸に威力に恐れおののいてしまい、「もう浣腸はやりません」「(小さい浣腸をあげる、と言うと)要りません!」と浣腸に強い拒否反応を示していたのでもう会えないかと思っていました。しかし「もも先生は浣腸無しでの診察はしない」ということを知ると、「浣腸頑張ってみます」と言って小さい浣腸も持ち帰ってました。早く浣腸好きになって下さいね。


関西への往診 [2015/09/02 00:19] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は関西に往診してきました。今日の患者さんは定期患者さんの由那さん。事前に幼児プレイと留置式カテーテルを希望されていたので、準備万端で診察に挑みます。

まず最初は聴診です。「幼稚園児がブラジャーとは可笑しいですね」とからかわれて出て来た柔らかな真っ白いマシュマロみたいなオッパイに聴診器を当てます。心音は正常の様です。次に下も脱がせて四つん這いにします。「幼児なんだから全剃毛してくるように」と指示していたのですが、綺麗なパイパンになっていました。全剃毛された女性器は美しいです。クリトリスを指で転がすと感じてきた 由那さんから悩ましい吐息が漏れてきます。姿勢を仰向けにして膣の入口付近を指で刺激すると、盛大にオシッコを漏らす由那 さん。もも先生の手は由那さんのオシッコでビショビショです。ここで由那さん待望の留置式バルーンカテーテルの登場です。尿道に入ってくる時は少し痛がりましたが、膀胱の中でバルーンが膨らんだ後は平然としています。先程大量にオシッコを漏らしたばかりなので、尿バッグはほとんど空です。

カテーテルを入れたまま、由那さんの肛門にレシカルボン座薬を2個入れました。「気持ち悪い」と言いますが、座薬は由那さんのリクエストです。座薬が溶けた頃を見計らってグリセリン浣腸を追加します。今日は小児科の設定なので、ガラス浣腸器も30ccの可愛い物を使います。しかしこの幼稚園児は体が大きいので4本の浣腸をされてしまいました。グリセリン溶液50%を120ccです。紙オムツを付けて我慢する由那さんてすが、浣腸前から座薬の効果で既に便意があったためかなり苦しそうです。「5分以上我慢するように」指示しましたが、惜しくも4分50秒でオムツの中に出してしまいました。ここでバルーンカテーテルを抜去しましたが、由那さんは大量に浣腸液と便をオムツの中に排泄し、さらにレシカルボン座薬によって発生したガスで大きな放屁音を部屋に響かせていました。

休憩後に再度浣腸です。僅か10秒でも我慢が足りなかったら再度の浣腸になるもの診察。今度はまずイチジク浣腸の幼児用10ccを入れます。次いで40ccを2本。液残りを考えると実質70cc程度でしょうか。またも直ぐに便意を訴える由那さん。今度は2分も我慢できずにベッドの上に置いた便器にブリブリと排便しました。お腹が渋って開きっぱなしになっている由那さんの肛門に、もも先生は指を入れて肛門や直腸を掻き回します。余りもの気持ち悪さに嫌がる由那さんですが、もも先生の悪戯は止まりません。

再度休憩した後は膣内の検査を行いました。指1本を入れただけでも痛がるため、最初はクスコ式膣鏡のSSを使います。砕石位にした由那さんの子宮口と膣壁が綺麗に見えます。次に膣鏡をクスコ式のSに替えて視診を続けます。これ位のサイズなら問題なさそうです。

最後に肛門の視診を行うため四つん這いにさせます。小さなストランゲ式肛門鏡を入れますが、痛がるので抜きました。抜く時に肛門壁を挟んでしまい、痛がる由那さんに平謝りでした。