FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


80人目の患者さんは電マ好き [2015/06/27 22:53] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は初診患者の埼玉県22歳OL、友里さんの診察です。会ってビックリ、見た目は好みのストライクド真ん中です。可愛いい!友里さんはもも先生の80人目の患者さんになります。

最初は聴診から入りました。ここの部屋の椅子はクルクル回るので病院の椅子みたいで便利です。胸の鼓動を聞いて、くるっと後ろ向きにさせて背中から聴診器を当てます。次に乳房にシコリがないか、乳癌の検査です。柔らかく大きなオッパイにはシコリなど微塵もありません。オッパイを揉む手が乳首に触れると友里さんは可愛い表情を歪めて乳首を硬くします。乳首の感度はかなり良さそうです。次に四つん這いにして直腸温測定です。可愛い肛門は見事に均整の取れた極上のものです。体温計を入れる前にゼリーを塗った指を友里さんの肛門に入れます。指で感じ取る感触からすると、かなり細めの肛門に思えます。友里さんが声を出して呻いているので痛いのかと聞いてみたら気持ちいいそうです。肛門の感度も極上です。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。体温計が37.2度を指したところでピピッとブザーが鳴りました。直腸温は1度高めに出るので36.2度、平熱です。陰唇を見ると、愛液がすでにかなり溢れているのがわかります。

ここで剃毛を行います。Vラインの大半は残して欲しいと聞いていたので、クリトリスから下、IラインとOラインだけを剃りあげました。友里さんの陰唇と肛門はとても可愛くなりました。可愛くなった陰唇を左右に開き、尿道にカテーテルを入れて導尿を行います。膀胱に尿が溜まっていなかったのか、少ししか排尿しませんでした。

次に膣鏡を入れて膣の視診をおこないます。最初は手術用桜井式膣鏡のSを使います。この膣鏡は浅いので膣の入口付近はよく見えますが、子宮口のあたりがよく見えません。そこでクスコ式膣鏡のLに変えました。子宮口が綺麗に見えます。さらに特大のターレット式膣鏡も簡単に飲み込んでしまいました。この膣鏡は豪快に膣をこじ開けるので膣内の見やすさは抜群です。

視診の後、感度の検査をおこないましたが、ここから怒涛の快楽責め、過去にない長時間の刺激が行われました。最初はクリトリスを指で転がして刺激します。クリトリスか弱い友里さんはそれだけですぐに感じて身を捩っています。さらにGスポットを責めますがこちらはいま一つ反応がありません。そこでポルチオを探ると、もう爆発したかのように感じてイキ続けます。これで器具を使ったら恐ろしいことになりそうです。聞いてみたら電マは使ったことがないそうです。電マでクリトリスを責めたら速攻でイッてしまい、先程は今ひとつノリの悪かったGスポットもオルガスターで責めるとイキまくります。電マを一旦抜いて肛門にゴムスティックを出し入れします。これもかなり気持ちいいた言ってます。ゴムスティックが入ったままでシナプスフェーズを装着した電マを入れます。もう半狂乱になって腰を浮かせてイキ続ける友里さんですが、もも先生の攻撃の手は緩みません。ゴムスティックを肛門から抜いて指を入れ、前の方はフェアリーミニエクシードに装着したビッグオルガに変えます。オルガスターがGスポットを責め、肛門から入れた指が直腸壁を通してポルチオを責める、普通なら考えられないGスポットとポルチオのW同時攻撃です。体を捻ったりブリッジで快感から逃げようとする友里さんですが、もも先生の攻撃は乳首への攻撃が追加されて、止むことはありませんでした。

昼食は出前しかなかったので出前を待っていたのですが、その間も2クールの快楽責めが行われました。あまりにも強い快楽に肛門が緩んで何度もオナラが漏れる友里さんでした。

昼食後は浣腸です。お湯の浣腸しか体験したことのない友里さんですが今日はグリセリン浣腸です。グリセリン50%溶液をガラス浣腸器で150cc浣腸しました。半分も入れ終わらないうちから便意を訴える友里さん。早めに差し込み便器を当てましたが、1分ちょっとで便器に排便してしまいした。その後もお腹が渋ってなかなかトイレから出られなかった友里さんでしたが、まだ肛門と直腸の検査が残っています。最初にストランゲ式肛門鏡で肛門壁を視診します。次にケリー氏式直腸鏡で直腸壁を視診しました。

ふつうならここで診察は終わりですが、今日はまだまだ快楽責めが続きました。まず、先程の導尿が気持ちよかったらしいので再度尿道にカテーテルを挿入し、カテーテルに電マを当てて尿道を刺激します。かなり気持ちいいらしく、腰を上下に激しく動かして喘いでいます。カテーテルが尿道に入ったままなのでついていくのが大変です。さらに普段は使用しない電マのアタッチメント(要は2軍のアタッチメント)を使ってみたいか聞いてみたら使ってみたいそうなので、順番に試します。

まずは電マンアタッチメントforGスポット。奥まで入れればポルチオまで届きます。これをポルチオまで入れてポルチオを責めたり、途中で止めてGスポットを責めたりしたら友里さんは大興奮。またも、もも先生は肛門から指を入れてGスポットとポルチオをの同時責めやWポルチオ責め(膣側と肛門側の両方からポルチオを責める、今日発案したw)を行うと友里さんは何度も絶頂を迎えてブリッジを連発です。でも、何度腰を浮かせてももも先生な攻撃の手は緩みません。次にCアタックGXを使うとこれが友里さんには合っていたみたいで「ヒィー」と絶叫して即イキ。さらに前後にスライドさせたら「もっと早く動かしてください」と友里さんの催促が。電マとアタッチメントを掴んで何度も高速ピストン運動で友里さんをイカせ続けました。その後、フェアリーミニエクシード用のショック・レディを入れてみました。これもピストン運動をさせると友里さんから「もっと早く動かして」コールがあったので高速ピストンで何度もイカせました。イク時に肛門が緩むため、直腸に残っていたグリセリン液が肛門からジュルジュルと流れ出たりオナラが漏れるのですが、もうそんなことを気にする余裕もなくただひたすらイキ続けます。

その後、休憩を入れながら3クールほどイカせ続けて今日の診察は終わりです。最後は友里さんは潮をふいてシーツがびしょびしょになりました。

普段の「感度の検査にかける時間」に対して、今日は10倍ほど長い時間感度の検査を行いました。さすがに指が疲れましたが、友里さんが気持ちよくなってくれたことで報われたと思います。友里さんお疲れ様でした。


スポンサーサイト
[PR]

浣腸ソフトの新作が完成しました [2015/06/21 02:22] 未分類
om4_560a.jpg
om4_560b.jpg
om4_560c.jpg

6/21、figpeach softwareの新作、「ヴァーチャル オムツ・浣腸 便器とオムツ編」が販売開始になります。まずはDMMにて独占販売。「ヴァーチャル オムツ・浣腸」シリーズの最終作となります。お客様から「ヴァーチャル オムツ・浣腸」シリーズのキャラクタで、オムツではなく便器への排泄がみたいというリクエストがありましたので作ってみました。

ダウンロード先は

http://www.dmm.co.jp/digital/doujin/-/detail/=/cid=d_081976/figpeach-001

です。


関東への往診 [2015/06/09 22:21] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日の診察は千葉県の30代主婦、結さんです。ショートカットで脂肪がなく鍛えられた外見はスポーツで鍛錬された賜物です。

婦人科検診で医療行為に興味を持つようになった結さんは、学生の頃は酷い便秘でイチジク浣腸を使っていた時期もあったそうです。今回はもも先生のホームページを見て患者さん役を希望されての診察となりました。

さて、今日は健康診断の設定です。(最近こればかりですが)聴診のためにシャツとブラジャーを脱いでもらうと柔らかな形のいいオッパイとご対面。乳首に触れながら乳房にシコリがないか確かめます。次に検温です。ズボンを脱いでもらい四つん這いになってもらうと、パンツを脱がなくても判るくらいに愛液が滲み出ています。パンツを下げると陰唇からパンツにネバーっと愛液が糸を引きます。手袋にゼリーを塗り、肛門に指を入れます。「今日は排便がない」と言いますが、直腸内には便の滞留は無い様です。体温計を肛門に入れると36度8分。脇の下で測定すると1度低く出るので実質35度8分でしょう。平時から体温は低いそうです。

次に導尿を行います。導尿が初めての結さん、初めて体験するカテーテルと尿道が擦れる感触に「ピリッと痛みがあるけど、何か気持ちいい」と反応しています。尿は少量しか出ませんでしたが、排尿後に電マをカテーテルに当てて刺激すると結さんはまたも「ピリッと痛みがあるけど、何か気持ちいい」と反応しています。

ここであまりにも濡れすぎている陰唇に対して感度の検査を行います。最初はクリトリスをもも先生の指で転がします。腰を浮かしたりして快感から逃げようとする結さんですが、すぐにもも先生に捕まります。さらに指は結さんのGスポットに。「オシッコが出そう」と悶える結さんに対し、今度はポルチオを責めます。指責めの次は電マを使います。玩具の経験が無い結さんはクリトリスを責められると指で責められた時以上の反応です。さらにオルガスターを装着してクリトリスとGスポットを同時に責めます。Gスポットの次は当然ポルチオです。アタッチメントをシナプスフェーズに交換して子宮口付近を責めます。トドメはフェアリーエクシードに装着したオルガBIGで結さんはイキ過ぎて呼吸困難になっています。

少し休んでから膣の診察です。最初に4弁クスコ式膣鏡Lで膣の中を視診します。更に大きなターレット式膣鏡に挑戦です。挿入はできましたが、広げると痛みを訴えたのでここでSTOPです。膣鏡を抜いて膣内を触診します。Gスポットを刺激するとまた感じ出したので2回目の感度の検査に突入です。今度はクリトリスを電マで責めている時に結さんが潮を吹きました。

いよいよここで浣腸です。グリセリン50%溶液を150cc浣腸します。カテーテルを通じて結さんの直腸に中にグリセリンのお薬が注ぎこまれます。イチジク浣腸の経験はあるものの、大きな浣腸を体験したことがない結さんは1分も経たないうちに便意を訴えはじめます。もも先生になだめられた結さんは、頑張って自力で5分我慢しました。腰の下に敷いた差込便器に結さんの肛門からグリセリン溶液が流れ出します。しかし、肛門から出てくるのは浣腸液だけで肝心の便は全く出ません。もう1回浣腸しましゅう。グリセリン浣腸オヲタの150を結さんの肛門に挿入します。今回もすぐに便意を訴える結さんですが、再び5分を自力我慢しました。しかし出てくるのは今回も浣腸液のみ。昨日は下痢だったらしいので昨日のうちに消化器下部の便は全て出てしまったのでしょう。

最後に肛門と直腸の検査です。結さんは大きな内痔核があるので無理をしません。小さなストランゲ式肛門鏡で肛門壁を観察します。次にケリー氏式直腸鏡で直腸壁と内痔核の観察を行いました。

ここでアンコールの感度の検査(本日3度目)を。今度はフェアリーエクシードとオルガBIGの組み合わせで結さんまたも潮吹き。その後も何度もイキ続けて結さんは体力の限界までイキ続けてダウンしたのでした。


関東への往診 [2015/06/06 22:48] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は埼玉の31歳初診患者、理緒さんの診察です。理緒さんは医療プレイや浣腸は全くしたことがないそうです。

今日は会社指定の病院で検診を受ける設定です。最初は聴診から入ります。大人びた黒いブラジャーを外すと、可愛いオッパイがお目見えです。オッパイにシコリがないか入念に揉んで確認します。次に検温を実施します。ズボンと下着を下げて、肛門にゼリーを塗った指を挿入します。指先に柔らかな便塊が当たります。指を抜いて体温計を肛門に。表示は37.5度ですが、直腸は1度高めに出ますので36.5度相当。

全裸になってもらい、仰向けの姿勢で体網を行いました。部分的に自分で剃ったことはあるという下半身はVライン、Iライン、Oライン全てツルツルに。

無毛になり可愛くなった陰唇を開き、導尿を行います。まずは尿道口をヨードスティックで消毒後、導尿用カテーテルを尿道に挿入します。理緒さんの意識とは関係なく尿がコップに溜まります。(理緒さんは、これが一番不思議だったそうです)

導尿の次は膣の検査です。まずは指を入れて内診します。Gスポットのあたりを刺激すると理緒さんは腰をモジモジとさせます。指を抜いてクスコ式膣鏡のLサイズを挿入して開きます。子宮口が奥に見えます。膣壁もきれいなピンク色。

膣鏡を抜いて感度の検温に移ります。クリトリスに電マを当てると一気に理緒さんのスイッチが入りました。押し寄せる快感に身体を捩り大暴れしている理緒さん。隣の部屋にいても聞こえそうな大声を出して何度も絶頂を迎えています。理緒さんは電マの経験はあるそうですが、電マのアタッチメントは経験がないそうなので、体験してもらいましょう。まずはGスポットを狙ってオルガスターで責めます。振動を入れた途端に絶叫!逃げても逃げてももも先生は電マを離しません。さらにシナプスフェーズに替えてポルチオを責めます。これまた理緒さんは絶叫に次ぐ絶叫!瀕死となった理緒さんですが、攻撃の手は緩まません。更にフェアリーエクシードに装着したオルガBIGでとどめを刺しました。理緒さんはグッタリです。

少し休んだ後に浣腸を行いました。グリセリン50%溶液で120cc浣腸しました。注入後30秒もしないうちに理緒さんの表情が苦しそうになっています。初めての浣腸体験で慣れていないせいもありますが、かなり苦しそうです。「まだ1分ですよ」「もう少しで2分ですよ」と励ましますが、2分経ったあたりからかなり漏らしそうな雰囲気が。ここからはもも先生が理緒さんの肛門を押さえます。腹痛に耐えて端正なお顔が苦痛に歪んでいます。それでも理緒さんは頑張って5分を耐え抜きました。いよいよ排便が始まります。お尻の下に引かれた差込便器に向かって理緒さんの緩んだ肛門から茶色く濁ったグリセリン溶液が流れてきました。「ブジュッ ブリブリ」と放屁音と共に便塊が肛門から出てきました。まるで生き物の様に軟便で、ニョロニョロと肛門から出てきます。次から次へと途切れることなく排泄される便。理緒さんに聞いてみると、人前で排泄するのは初めてらしいです。しかも寝たままの排泄です。

排便が終わると肛門と直腸の検査です。今朝、排便時に肛門に痛みがあったそうなので無理はしません。まずは指を入れて肛門の触診です。肛門壁には異常は感じられません。そのまま直腸診を行います。直腸から子宮口を目がけてポルチオを刺激します。不思議な感覚に理緒さんは腰を揺らして悩ましい声を出しています。「変な感じ」と言ってましたが、感じていたのではないでしょうか。指を抜くと肛門が閉じずにポカンと口を開けています。面白いので激写。

次にストランゲ式肛門鏡で肛門を開きます。小さな肛門鏡なので痛みもなくスムーズに肛門が開きます。ケリー氏式直腸鏡も細いのでスッと入ります。直腸の血管が綺麗に網の目のように見えます。もう少し太い肛門鏡にもチャレンジしましょう。極太のチェルシーイートン式肛門鏡に挑戦しましたが、これは痛がったので断念。細めのヒルシュマン式肛門鏡を入れて直腸壁を撮影しました。

子宮口や尿道、直腸壁の画像を理緒さんと見て大盛り上がり。なかなか自分の下半身の中を見る機会はないですからね。

最後に再度電マで理緒さんを責めます。何度もアタッチメントを交換し、違った刺激を感じる度に理緒さんは絶叫して大暴れ。この小さな体のどこにパワーがあるのでしょうか、何発かヒザを喰らいましたが押さえ込んで責め続け、最後はベッド上で死んだ様にグッタリとなった理緒さんでした。

理緒さんは、今度はナース役もしてみたいそうです。一