FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはカカオID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


岐阜への往診 [2015/04/24 23:58] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は岐阜県へ往診です。車で2時間山を超えて走った後に高速バスに乗り換えてさらに3時間。

今日の患者さんは29歳の佐和子さん、診察前に医療器具を見て話に花が咲きます。佐和子さんは医療器具と処置に強い興味を持っているそうで、医療プレイへの思いが募り、診察を依頼されたそうです。

今回は「佐和子ナースが、患者さんが帰った後の病室でもも先生に“便秘でお腹が痛いんです”と訴えるストーリーです。

まずは聴診から入ります。ナース服を下げてブラを取ると立派なオッパイが。29歳とは思えないハリです。乳首はもう立っています。乳首を触るとすぐに悶えはじめます。乳首の感度がかなり良いみたいです。心音は正常ですが、興奮しているのかやや早めです。続いて腹部の触診、聴診を行った後は検温です。四つん這いにして肛門にゼリーを塗った指を入れます。前の方からは透明な愛液がすでに溢れています。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。直腸温は37度5分でした。

検温の次は導尿です。初めての導尿で、痛いのではないかと心配されてましたが、杞憂に終わりました。尿道にカテーテルが挿入された時の第一声が「気持ちいい!」でしたから。コップ1杯分の尿を採取した後は電マをカテーテルに当てて刺激します。カテーテルを挿入するだけで快感に襲われる尿道ですので、当然佐和子さんは悶絶。「イク、イク」た叫んで、尿道の刺激だけでイッてしまいました。

次に膣内の視診を行います。手術用桜井式膣鏡で膣を広げますが、膣の奥行きが長く視診しづらいためターレット式膣鏡に交換します。特大サイズですが佐和子さんの膣はあっさりと受け入れました。子宮口がよく見えます。

膣鏡を抜いて感度の検査を行います。事前にクリトリスは感度が良すぎて刺激すると痛い、と聞いていたので膣の中を中心に刺激しましょう。最初は指でGスポット、ポルチオを刺激します。どちらも感度良好、すぐに何度もイッてしまいます。指をオルガスターを装着した電マに置き換えて、Gスポットを刺激します。初めての体験に佐和子さんは悶絶してイキ続けます。一旦オルガスターを抜いて、肛門を刺激します。今まで指を入れられたこともない佐和子さんの肛門ですが、もも先生の指の刺激により肛門だけでイッてしまいました。さらにゴムスティックを何種類か肛門に出し入れします。単発的な刺激ですが、佐和子さんは悶絶地獄から抜けられません。続いてシナプスヴォーグ、シナプスフェーズを電マに装着してポルチオを責めます。佐和子さんは打ち寄せる快感にイキ続けてグッタリです。この時点で、尿道、肛門、Gスポット、ポルチオ、乳首で20回以上はイッたでしょう。ここで少し休憩です。
休憩の後は肛門の検査です。まずは検査をスムーズにするため肛門を拡張します。肛門ブジー(本日デビュー)を細い方から順番に佐和子さんの肛門に入れていきますが、一番太いブジーも難なく入ってしまいました。収縮の良い肛門で、かなり太いものも飲み込んでしまいそうです。

まずは小さなストランゲ式の肛門鏡を入れます。当然難なくクリア。肛門壁を観察しました。次に線状シムス式肛門鏡を入れます。これは大きいので、さすがに広げると痛がりました。特大のチェルシーイートン式の肛門鏡も難なく飲み込んでしまいます。直腸壁がよく見えます。さらに超特大のチェルシーイートン式の肛門鏡(本日デビュー)を入れますが、これもすんなり飲み込んでしまいました。痛がるどころか、入れるそばから「気持ちいい!」ですから。

肛門壁、直腸の中はとても綺麗でした。

最後に浣腸が待っています。しかし尿意を催した様で、先にトイレでオシッコをしたいと言うので、「もう一度導尿する?」と聞くと嬉しそうに「ハイ!」と答える佐和子さん。今度はコップ3杯分の尿をカテーテルから排出しました。さらに再度電マでカテーテルを刺激すると佐和子さんは快楽の海に溺れてまたもイキ続けます。大腸検査前にグリセリン浣腸したことはあるそうですが、あまり浣腸体験のない佐和子さんに今日はグリセリン50%溶液を150cc浣腸します。浣腸後、すぐに便意を訴えますが我慢させます。しかし2分半を回ったところで我慢しきれずに寝たまま差込便器に排泄してしまいました。もも先生の目の前20cmのところで、佐和子さんの肛門から次々に便がニョロニョロと排泄され続けます。結構な量が出ましたが、我慢が足りなかったので再度浣腸です。今度はグリセリン50%で120ccです。しかし、今度も佐和子さんは我慢できず、3分を目前に差込便器に出してしまいました。


スポンサーサイト
[PR]

久しぶりの診察 [2015/04/18 22:31] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

「しばらく診察されてませんが、何かあったんですか?」と患者さんからの問い合わせをたくさんいただきました。再診希望の患者さんはたくさんいたのですが、ほとんど断っていたために今日は久しぶりの診察になりました。

今日の患者さんは初診の20歳、ドSの希美さんです。ドSでも何でも、もも先生は遠慮しません。肛門がすごく感じるというので、楽しみです。

聴診から入りますが、さすが20歳、張りのあるオッパイです。心音は正常ですが、興奮してるのかかなり早く脈打っています。次に四つん這いにしてパンツを降ろし、直腸検温です。アナルセックスをした時に切れ痔になったということですが、綺麗に治っている感じの肛門です。まずは指を入れて肛門の内側にゼリーを塗ります。続いて体温計を入れて直腸温を測定します。36.9度でした。

検温の次に剃毛を行います。全剃毛で希美さんの下半身はツルツルになりました。ツルツルになったところで陰唇を広げて導尿です。最初はチクッとしたみたいですが、大きな痛みもなくコップ1杯の尿を採取できました。希美さんは、他の患者さんが「導尿後にカテーテルに振動を加えられて気持ちよくなる」のを読んで、それを体験したいと聞いていたので早速実践しました。最初は変な感覚だったみたいですが、徐々に感じてきたみたいです。カテーテルからポタポタとシーツの上にオシッコをこぼしながら感じているみたいです。一旦カテーテルを抜いて、可愛い小振りのクリトリスに電マを当てます。生理ということで膣内に海綿が入っており、膣内は責められません。
自分用の電マを持ってるらしいのですが、他人からは電マ責めはほとんど経験がないらしく感じまくっています。電マの次は肛門にゴムスティックを入れて刺激します。肛門好きの希美さんはスティックが出入りする度に「気持ちいい」と連呼します。さらにスティックを抜いて、もも先生の指が希美さんの肛門に入ってきました。直腸壁を通じてポルチオを責めます。もも先生の指は長いのでこんな責めが可能なのです。希美さんは下半身を痙攣させて感じまくっています。さらにこの状態でクリとリスへの電マ攻撃を追加すると、希美さんはシーツをギュッと握って快感に耐えるのが精一杯みたいです。ここで休憩を入れました。希美さんはもうグッタリです。

休憩後に浣腸を行います。今日は3日ほど便が出ていないということだったので楽しみです。希美さんは元々便秘が酷く、60ccのディスポの浣腸を処方してもらってるみたいです。でもお腹が痛くなるのが嫌でお湯の浣腸をすることが多いそうです。今日はグリセリン50%溶液を150cc浣腸します。浣腸後、すぐにお腹が痛くなった希美さんですが、もも先生は希美さんの肛門を脱脂綿で抑えて、排泄を許しません。希美さんも自分で浣腸していたならすぐに出してしまっていたでしょう。「お腹痛いよ 」と弱々しく訴える希美さんですが、ドSも形無しです。何とか5分我慢できた希美さんは、ベッドに寝たままで差し込み便器に大量の便を排泄しました。

浣腸して直腸が奇麗になったので肛門と直腸の視診です。有窓シムス式肛門鏡は余裕でクリアです。次に特大のチェルシー・イートン式肛門鏡を入れますが、これもクリア。最後にケリー氏式直腸鏡で直腸を診て今日の診察は終わりです。

診察終了後に希美さんにシャワーでお尻を綺麗にしてもらい、肛門舐めをして差し上げました。最初に菊襞の外側から舐めていきますが、この時点でかなり気持ちいいみたいです。さらに舌を肛門の中に入れ、肛門の内側を舐めると希美さんは感じまくりでした。さらに再度肛門に指を入れて直腸からポルチオやGスボットを責めると「オシッコが漏れちゃう !」と、大騒ぎです。

最後の片付けの時、希美さんが「本当は朝排便があったので、3日出てない、と言うのは嘘
。本当の事を言って浣腸してもらえなくなったら困るので。」と言いました。もも先生はそんなことでは浣腸は止めませんっ!!希美さんは嘘をついた罰に、お仕置きに40ccの小さな浣腸をされました。10分我慢しなさい、というもも先生の指示に「お腹痛 い」といいながら希美さんは電マでオナニーをしながら10分我慢していました。