FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


東京への往診 [2014/11/29 21:42] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は東京で診察がありました。埼玉の24歳の新患、亜依さんです。医療プレイに興味があり、もも先生のホームページを見て患者さんになりたいと連絡をもらい診察が実現しました。

事前の会話から想像できたのは、かなり真面目で実はエッチというキャラクタ。会ってみたらその通りでした。

今日の設定は健康診断。最初に聴診から入ります。さすが24歳、肌が綺麗です。心臓の鼓動はかなり早めです。最初は乳首が勃ってなかったのに聴診が終わる頃には勃っています。すでにこの段階で興奮していたのでしょう。

次に直腸温の測定です。その前に肛門周囲の毛を剃ります。可愛い肛門がさらに可愛くなりました。陰唇を見ると愛液で溢れかえってるのが見えます。一通りからかった後にキシロを塗った指を肛門に挿入した後に体温計を入れます。直腸温は37.5度。次に導尿です。尿道にカテーテルを挿入しますが、なかなか尿が出ません。でもお腹を押すとチョロチョロと尿が流れ出しました。しかし亜依さんは「拔かないで」と叫びました。尿道の感覚が気持ち良いみたいなのです。もも先生はカテーテルにローターを当てました。すると快感が増した様で体を小刻みに震わせてイッてしまった様です。尿道が感じる女性は多いですが、ここまで感じる女性も珍しいです。

カテーテルを抜いて今度は膣内の触診です。Gスポット、ポルチオ付近を丹念に触診すると気持ちがいいみたいでまたも体をプルプルと震わせています。指を抜いて膣鏡を入れます。最初は手術用桜井式膣鏡を入れますが、膣の形にマッチしないためクスコ式膣鏡のLサイズに変更します。綺麗なピンク色の子宮口や膣壁が観察できました。

次に感度の検査です。最初にクリトリスを電マで責めます。普段はローターでオナニーしている亜依さんですが、電マのパワーには驚いている様です。亜依さんは「もも先生のを…入れて下さい…」とオチンチンを催促しますが、エッチは診察後のお楽しみです。何度かイカせた後は電マにアタッチメントを付けてクリトリスとGスポットを同時責め!押し寄せる快感に最後は獣の様に咆哮してイキ続けました。

休憩の後はいよいよ浣腸の時間です。時々小さな浣腸を買って使ってる亜依さんですが、大きな浣腸は初めてです。グリセリン50%溶液を150cc用意して浣腸しました。最初の1分位までは余裕でしたが、だんだんとお薬が効いてくると亜依さんの表情が険しくなってきました。「出したい」と懇願する亜依さんですが、4分位で差込便器に出してしまいました。最初は茶色く濁ったグリセリン液だけでしたが、途中から茶色と黒の混じった便がボトボトと排泄されました。
さらに高圧浣腸を追加します。微温湯を500ccほどイルリガートルで浣腸しました。今度は微温湯だったので5分我慢できました。

最後に肛門と直腸の視診です。最初に有窓シムス式肛門鏡で肛門を左右に広げて肛門壁を視診します。次にケリー氏式直腸鏡で直腸内を視診します。最後を締めるのは特大のチェルシーイートン式肛門鏡。ゆっくり入れると可愛い肛門はすんなりと肛門鏡を飲み込んで行きました。中筒を抜くと、直腸壁と肛門壁が同時に観察できます。直腸内にはまだかなりの微温湯が残されているのが見えましたが、亜依さんは診察後にトイレでプリブリと豪快な音を立てて排泄していました。

真面目そうな外見と裏腹に、内に強烈なエッチ性を秘めた亜依さん、また診察させていただきたいと思わせる素敵な患者さんでした。見事なお尻した。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

三重への往診 [2014/11/18 22:51] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は三重県の41歳主婦、菜穂さんの再診です。

聴診からスタートした本日の診察、前回同様に陰毛の下半分を剃毛します。とても綺麗になった股間の尿道に14Frのカテーテルを挿入して導尿しますが、今回は50cc程度しか採尿できませんでした。さらにカテーテルを抜かずに、カテーテルを電マで刺激します。(最近、尿道振動責めが患者様に好評です)

次に手術用桜井式膣鏡を入れて膣内の視診を行います。金属製医療器具の持つ冷たさに感じてしまう菜穂さんは冷たい膣鏡の感触にうっとりとしています。この膣鏡は手を離しても落ちない構造になっているので、この機会に肛門ビデオ内視鏡画像診断システム(デジタルアノスコープ)から肛門鏡を外し、CCD映像のみモニタに映し出してみました。
さすがに本物、子宮口や膣壁が非常に綺麗に写っています。リアルタイムで観察できるので、菜穂さんにも自分の膣内を観ていただきました。その後、ミラー式膣鏡に換えて同様に子宮口などをモニタで確認しました。

膣鏡を抜くと今度は感度の検査です。もも先生の指・電マなどでクリトリス・Gスポット・ポルチオ・肛門などの性感帯をかき回し、菜穂さんは悶絶しています。

休憩後に浣腸です。前回の診察以来、菜穂さんはグリセリン浣腸の苦しみがとても好きになったみたいです。今回も50%グリセリン溶液を150cc浣腸して我慢させます。差し込み便器を腰の下に入れて我慢させますが、3分も持たずに浣腸液と便を差し込み便器の中に排泄してしまいました。柔らかい便が断続的に便器に排泄されていきます。もう一度浣腸です。再度50%グリセリン溶液を150cc浣腸して我慢させます。今度はダブルバルーンのピッカーカテーテルで栓をします。ところが、ゴムが劣化していてゴムと金属の隙間から空気が漏れてしまい、バルーンが萎んでしまい浣腸液が漏れてしまいました。仕方なく、差し込み便器を入れて差し込み便器内に排泄させました。今度はほとんどがグリセリン液で、便塊はほとんどありませんでした。

最後に直腸と肛門の検査です。菜穂さんを四つんばいにして肛門ビデオ内視鏡画像診断システムを使い、直腸や肛門壁の観察を行いました。パソコンのモニタに菜穂さんの直腸や肛門壁がリアルタイムに表示されるので、菜穂さんと2人で楽しく観ていました。


新作浣腸ソフト発売開始! [2014/11/05 22:04] 未分類
vns2014_2_tuika560.jpg
figpeach softwareの新作、「ヴァーチャルナース ~食中毒入院オムツ編~」が完成しました。

まずはDMMにての販売となっています。

http://www.dmm.co.jp/digital/doujin/-/detail/=/cid=d_074285/figpeach-001