FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


愛知県への往診 [2014/10/26 19:37] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は豊橋の和子さん、2回目の診察になります。

腹痛の入院患者の設定下、前回同様聴診から診察の開始となります。次に導尿ですが、砕石位にしてみると膣から溢れた愛液が肛門付近まで流れています。かなり興奮しているようです。
カテーテルを入れるとすぐに尿が流れ出しますが、膀胱の中はほとんど空だった模様ですぐに排尿は止まりました。次に膣内の検査です。手術用桜井式膣鏡を入れて膣内を観察します。この膣鏡は手を離しても膣鏡が抜けてこない構造になっているので便利です。続いて特大のターレット式膣鏡を入れて広げます。さすがにキツかった様で、少し広げただけで痛がったのであまり広げられませんでした。

次は感度の検査です。最新兵器の高回転電マでクリトリスを責めると、あまりの気持ちよさに和子さんは身を捩って声を出して喘ぎます。さらにアタッチメントを付けてGスポットを刺激すると大声で絶叫してのけぞって快感に耐えています。最後にポルチオを責めるアタッチメントでも責めて和子さんはグッタリです。

少しインターバルをとってからは浣腸です。今回は「我慢したい」とのことだったのでダブルバルーンのピッカーカテーテルを使ってグリセリン50%溶液を150cc浣腸しました。浣腸後、まもなく便意を感じた和子さんですが、5分経った頃に「もう5分でいい」と訴えます。しかしもも先生は許さず、和子さんの直腸のあたりを押さえながら10分我慢させました。ピッカーカテーテルの空気を抜くと、和子さんは大量に浣腸液、便、オナラを大音響と共に排泄しました。

最後に肛門と直腸の検査です。有窓シムス式肛門鏡を広げて肛門壁を観察します。以前裂肛になったことがあるそうですが、綺麗な肛門壁でした。次にケリー氏式直腸鏡で直腸内を視診します。直腸内も綺麗なピンク色で、先ほど浣腸した残りの液と便が少し確認できました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

お泊りイベント [2014/10/20 21:23] 未分類
所属しているSMサークルで、某所でお泊りイベントがあり参加しました。行き返り共に混浴の温泉に入り、貸し別荘でもずーっと混浴。素敵な女性でいっぱいのサークルでしたので、終始おっぱいに囲まれて本当に天国でした。

最も縄と鞭がメインのサークルなので、医療系の私は端の方で邪魔にならないように遊ばせていただいただけですが…。でも、一人だけこそっと浣腸させていただきました。(笑)

皆さんにはお世話になり、一生忘れられない旅行になりました。本当に癒されて帰って来ました。10ヶ月ほど溜め込んだストレスも90%は飛んでいった感じです。


[2014/10/07 00:03] 未分類
昨晩、久しぶりに夢の中で愛音ちゃんに会いました。

もも先生の背中に手を回してギュッとしがみつく愛音ちゃん、もも先生も愛音ちゃんの背中に手を回して無言のままずっと立っているだけ…。愛音ちゃんの口から、どんな言葉が発せられるのかドキドキしていたらそこで目が覚めました。外は台風で雨と風の大きな音。

もも先生にとって、初めての患者さんが愛音ちゃんだったことは何よりもラッキーなことだったと思います。

詩人の俵万智さんは自著チョコレート革命のあとがきにこう記しました。

「あと何年早く出会えていたら、とか、タイミングがもう少し遅ければ、とか、人は言うけれど、そんなのは贅沢なわがままだ。ないものねだりでしかない。出会えたこと、そのことに私は感謝したいし、感動もする。だって、ほんの百年ずれていたら、二人は会えなかったのだから。」

一生のうちに愛音ちゃんと廻り逢えたことだけでも感謝しなければいけないのかもしれません。


実験動物プレイを行いました [2014/10/05 20:37] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は、果歩さんの診察です。診察というよりも、今日は実験動物になりたいということで実験動物の観察プレイになりました。前回同様ノーパンノーブラで駅で待ちあわせます。白い服だったので乳首が丸見えです。途中某所でパンツを履かせ、ローターを装填します。ホテルまで強力なターボローターの刺激で責め続けます。部屋に入ると全裸でのオナニーを命じます。電マの準備ができるまで、実験動物は大声を出してオナニーしていました。電マ、及び電マのアタッチメントで実験動物を責め続けます。20分程で30回以上はイキ続けたと思います。(ほとんどイキっぱなし)

休憩した後に今度は実験動物の尿検査です。バルーンカテーテルを入れて排尿させた後、カテーテルに電マを当てます。電マの刺激がカテーテルに伝わり、尿道が刺激されます。実験動物は初めての経験に、大声を出して反応していました。尿検査の次は便検査です。前回はダブルバルーンのピッカーカテーテルを吹き飛ばされてしまったため、今回はバルーンの大きなシリコン製のバルーンカテーテルを使用します。

直腸内で膨らんだバルーンの大きさにびっくりした実験動物は薬を入れる前から泣きが入ってます。50%のグリセリン溶液を150cc浣腸して、そのまま我慢させます。今まで5分も我慢したことのない実験動物はあまりのお腹の痛さに泣き出しましたが、いくら泣き叫んでも排泄の許可を出してもらえません。さらに我慢中に電マで責められて「痛い痛い」「イクイク」「痛い痛い」「イクイク」と痛がったりイッてしまったり繰り返し。約6分後に実験動物らしく四つん這いになった姿勢のまま便器に大きな便塊を排泄しました。

最後は肛門と直腸の検査です。線状シムス式肛門鏡を最大に広げると肛門壁と直腸内が同時に綺麗に見えました。


浣腸ソフトの新作発売開始! [2014/10/04 23:09] 未分類
560_b.jpg

figpeach softwareの新作、「ヴァーチャル オムツ・浣腸 妹乱入編」が完成しました。

新キャラクタの妹の登場、複数同時我慢などの以外に、地味ですが紙オムツの質感向上なども行われています。

まずはDMMにての販売となっています。

http://www.dmm.co.jp/digital/doujin/-/detail/=/cid=d_073359/figpeach-001
ソフトダウンロード先


三重県への往診 [2014/10/03 23:56] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は三重県の41歳主婦、菜穂さんの診察を行いました。菜穂さんは幼少の頃、病院に行く度に大きなガラス浣腸器で浣腸されていたそうです。

また菜穂さんは普段から便秘がちで時には2週間位出ないことがあるそうですが、もも先生のブログを見ると意識的に腸が刺激されて排便があるそうです。(笑)

菜穂さんは貧乳を気にされていましたが、決して貧乳が嫌いではないもも先生は聴診時にじっくりと拝見させてもらいました。形のいい肛門に体温計を挿入し、直腸温測定中に陰唇を見ると既に濡れているようです。
陰毛の下半分を剃り上げ、診察しやすいようにした後は尿道にカテーテルを入れて導尿です。後から聞いたのですが、カテーテルを抜く時に気持ちよかったそうです。

次にミラー式膣鏡を入れて膣内の視診を行います。金属製医療器具の持つ冷たさに感じてしまうという菜穂さんの子宮口が綺麗に見えます。さらに膣鏡を特大のターレット式に変えて視診を行います。
膣鏡を抜いて感度の検査です。最初はもも先生の指を膣内でかき回し、その後は電マと電マのアタッチメントで一気に責めます。玩具に慣れていない菜穂さんは、電マの刺激は強すぎたみたいです。もも先生の指の方が気持ち良かったと言っていただきました。

休憩後に浣腸です。50%グリセリン溶液を150cc浣腸して我慢させます。便器を用意していつでもしゃがめる様に準備しておきましたが、3分を過ぎたあたりで歩いていけないと訴えたため差込便器を腰の下に入れました。4分位経った時点で菜穂さんは我慢できず差込便器に排泄してしまいました。ところがグリセリン液ばかりで便塊がありません。
もう一度浣腸です。再度50%グリセリン溶液を150cc浣腸して我慢させます。今度はもも先生が菜穂さんの肛門を強力に押さえて強制我慢です。今度は6分ほど我慢できましたが、朝排便のあった菜穂さんの肛門から大きな便塊が出てくることはありませんでした。

最後に直腸と肛門の検査です。指で肛門内と直腸内を丹念に探った後はケリー氏式直腸鏡で直腸の中を診ます。綺麗なピンク色です。次に特大のチェルシー・イートン式肛門鏡を入れます。これも菜穂さんの肛門はすんなりと飲み込んでしまいました。ケリー氏式直腸鏡よりもきれいに直腸の中が見えます。
そして有窓シムス式肛門鏡で肛門を広げて、肛門壁に異常がないことを確認して今日の診察は終了です。