FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


東北への往診 [2014/07/27 00:12] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

昨晩は東京で医療プレイ研修を終えた後、今日はなんと山形まで往診です。遠すぎるので普通だとお断りする距離なのですが、交通費を出すから山形まで来てくださいという熱意に応えての往診です。
昨晩の医療プレイ研修で2時間しか寝てないのですが、何故か新幹線で眠れません。そんな中待ち合わせ場所でお会いした陽菜さんはアイドルグループにいても違和感のない綺麗でスレンダーな方でびっくり。(ただ、かなりの不思議ちゃんでしたが)

陽菜さんは今まで医療プレイをしたことはもちろん、浣腸や肛門に指を入れられたことすら経験がないそうです。

まずは聴診から入ります。可愛いピンクのブラジャーを外すと、小ぶりの可愛いオッパイです。お腹の触診の後、検温します。これまたペアのパンツを下げると報告に聞いていた通り全剃毛してツルツルになった性器と肛門がお目見えです。まだ外部から何も受け入れたことのない小さな肛門に、ローションを付けたもも先生の指が挿入されます。「変な感じ」と言いながら、実は気持ちよかったらしいです。指を抜いて体温計を入れます。38度でしたが、肛門は脇の下と比べて1度ほど高く出るので実質37度です。

次に導尿です。陽菜さんは痛いのではないかと心配されていましたが、なんの痛みもなく尿道にカテーテルを挿入できました。コップの中になみなみと黄色い尿が溜まっていきます。

カテーテルを抜いて膣鏡を挿入します。手術用桜井式膣鏡、クスコ式膣鏡を立て続けに入れます。小さな陽菜さんの膣には大きな膣鏡は入りそうもありません。

ここで感度の検査を実施しましょう。ローターの経験はあるそうですが普通のピンクローターのことらしいので、もも先生が使用しているターボローターの比ではありません。ターボローターでクリ卜リスを刺激された後は電マで再度クリトリスを刺激されます。膣の中を指と電マのアタッチメントで責めます。オルガスター、シナプスフェーズで長時間責めると陽菜さんは、体をくねらせて逃げ惑います。声が小さいのでイッてないと思っていたのですが、後から聞いたところ何度もイッていたそうです。

しばらく休憩した後、待望の浣腸です。
左側臥位にして、グリセリン50%溶液を120cc浣腸しました。注入後すぐに便意を訴える陽菜さんですが、もも先生が許す訳がありません。腰の下に差し込み便器を入れて5分間我慢させた後に排泄の許可を出しましたが、恥ずかしくて出せないと言います。そこで8分経過したあたりで同量の浣腸を追加します。12分位我慢した時点で「出る…出る…。」と小さく呟いた陽菜さんは、もも先生の目の前で排泄を始めました。小さな可愛い肛門からグリセリン液が小出しに「ビュッビュッ」と出てきます。さらに「ビュリビュリ」と大きな音を立ててオナラを出し、合間に小さくてコロコロした便が出てきました。その後トイレに連れて行くと「ブリブリプリ」と大量の便を排泄しました。今日はこれで終わりません。さらに2回目の浣腸です。陽菜さんの希望で、紙オムツが用意されているのです。浜松で買われたオムツも、まさか山形でこんなに可愛い子に使われるだなん思ってもみなかったでしょう。

今度は50%のグリセリン溶液で150ccの浣腸になります。今度はさっきよりも早く効いてきたようで、2分くらいで寝たままぶちゅぶちゅとオムツの中に排泄を始めました。浣腸液がお尻の周りに流れ込む感触に「お尻が気持ち悪い」と眉をひそめる陽菜さん。でも、自分からオムツを希望したので文句は言えませんね。再度トイレに連れて行くと、またも大量に排泄しました。かなりお腹が凹んだみたいで陽菜さんは喜んでいます。

シャワーでお尻を綺麗にした後に肛門と直腸の検査を行います。まずはストランゲ式の肛門鏡で肛門壁を視診します。痔になったことのない陽菜さんの肛門は見事なものです。可愛い肛門とはこのような肛門のことを言うのでしょう。さらにケリー氏式直腸鏡で直腸内を視診します。大量に浣腸液の残りが確認できたのですぐにトイレでだす様に指示します。

少し休憩して再度、感度の検査を行います。まずは、肛門が気持ちよかったということなので肛門にゴムスティックを何種類か出し入れすると、いずれも陽菜さんは気持ちがいいらしく大喜びです。次いでターボローターと電マでクリトリスをねちっこく責めた後は電マのアタッチメントをシナプスブォーグに変えて責めます。このアタッチメントはクリトリス、膣内、肛門と3箇所を同時に責めることができるのです。予想通り、陽菜さんは何度も何度もイキ続けていました。

帰り際に小さな浣腸を喜んで持ち帰った陽菜さんは、肛門の感覚と浣腸が大好きになったようです。遠方まで往診した甲斐がありました。


スポンサーサイト
[PR]

医療プレイ研修 [2014/07/27 00:08] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は医療プレイ研修と銘打って、茨城県の志帆さんと部分的に相互診察を行いました。各処置を部分的に行い、良かった点、改善すべき点を意見交換し合うのです。一方的にドクター役の好きなようにプレイを進めてしまっていては患者役が満足するとも限りません。そこで、各処置を細切れで行い、患者役の意見を聞いて今後のプレイの参考にさせてもらうのです。

まずは私が患者役になります。肛門の剃毛、浣腸、肛門鏡、前立腺刺激までの各処置をしてもらい、意見を述べました。

次いで私がドクター役になります。まずは膣鏡を入れての膣内の視診です。最初に4弁クスコ式膣鏡を入れます。LLよりも大きなサイズの膣鏡です。次いで同じく特大のターレット式膣鏡に交換します。子宮口付近を子宮頸部拡張器を使って刺激すると志帆さんは気持ち良さそうな声を出します。志帆さんはポルチオ付近にすごく感じるのです。あまりに激しく気持ち良さそうにしているので感度の検査を実施します。気持ちいいことが大好きな志帆さんは何度イッても満足せず、電マと指の相乗効果で何度も何度も大声を上げて絶頂に達していました。

休憩後に浣腸を実施しました。前回は60ccの浣腸でしたが、今回はグリセリン50%溶液で200ccを浣腸しました。今回も志帆さんは頑張って、肛門を押さえずに10分我慢できました。10分経過すると、志帆さんは差し込み便器にぶちゅぶちゅと大きな音を立てて排泄していました。最後にストランゲ式の小さな肛門鏡を入れましたが、痛がったので断念。志帆さんの狭い肛門に肛門鏡を入れて開くのは至難の業です。

個々の処置に対する反省点などについては企業秘密になるため公表できませんが、嬉しかったのは「電マよりも。もも先生の指の方が気持ちいい」と言ってもらえたことです。今後も研鑽を重ねて、患者さん役に喜んでいただけるようなプレイを心掛けます。


近隣での往診 [2014/07/15 22:08] 未分類
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知県の26歳、万里子さんの2回目の診察です。

前回は健康診断の設定でプレイを行ったので、今回は問題のあった項目の精密検査という設定にしました。

まずは導尿から入りました。導尿前にクリトリスに触れたら過敏な反応だったため乳首を触ると身を捩って逃げようとします。陰唇はネバネバした愛液が溢れています。順番を変更して感度の検査に入ります。指で膣内のGスポットやポルチオを責めると指を即座に締めつけてきます。「逝っちゃう…」と何度もつぶやきながら逝き続ける万理子さん。何度か逝かせた後に導尿に戻ります。カテーテルを入れると透明に近い尿がコップ1杯ちょっと採取できました。

採尿後に尿道に入ったままのカテーテルに電マを当てると、万里子さんがまた感じだしはじめました。彼女は尿道の感覚も鋭いのです。聞いてみたら、やはり気持ちいいらしいです。

カテーテルを抜いて、今度は器具を使った感度の検査です。最初は電マでクリトリスを責めます。クリトリスの感度が良い万里子さんは瞬殺。何度も逝ってしまいました。次にアタッチメントをつけてGスポット、ポルチオと責めていくとこれまた何度も逝き続けます。肛門に指を入れると、これもまた気持ちいいそうで、もう何回逝ったかわかりません。最後にパワーシェイクという超高速回転の電マでクリトリスを責め、気が狂いそうになっている万里子さんは撃沈。しばらく動けなくなって固まっていました。

少し休んで浣腸です。今回は3回を予定しています。万里子さんの希望で、今回は栓を使うこと、イルリを使うことが決まっています。前回の浣腸後に少し体調がすぐれなかったこともあり、最初はグリセリン50%溶液を80ccだけ浣腸しました。差込便器を入れて我慢させます。肛門は押さえずにフリーにしておけばすぐに漏らすかな、と思ったのですが意外なことに10分の我慢に成功。やむなくトイレに行かせました。

2回目の浣腸は量を100ccに。今度はダブルバルーンのピッカーカテーテルを入れての浣腸です。バルーンが膨らむだけでお腹が苦しくなった万里子さんはお薬が腸内に入ってくるとすぐにギブアップ。今度は便器にしゃがませて目の前で出してもらいました。

最後はイルリを使ってお湯で腸内を流します。200ccを超えたあたりで苦しくなったみたいだったので、そこで止めて出してもらいました。


イベント参加 [2014/07/14 00:44] 未分類
今日は某縛り関係のサークルイベントにに参加しました。

私は縛りとはほとんど縁が無く、浮いてしまうのではないかと心配しておりましたが、温かく迎えていただいて楽しい時間が過ごせました。声をかけていただいた皆様に感謝いたします。