FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


肛門好きの患者さん [2013/02/24 21:41] 未分類
今日の患者さんは三島在住の40代女性、ハルさんですが、40代に見えないほど引き締まった体です。事前に「全ての肛門鏡を試してみたい」と仰るだけあって肛門の感度がかなり高そうな予感です。
聴診、腹部の触診から始まって、直腸検温に入ります。ところが、前回の診察時に体温計をホテルに忘れてきてしまったようです。今回は中国で購入した肛門専用の体温計で直腸温を測定しました。この時点ですでに陰唇はヌルヌルでした。

次に導尿です。僅かな量でしたが、尿を採取することが出来ました。そのままの姿勢でクスコ式膣鏡で膣内を視診します。子宮口がクッキリと見えています。ここで感度の検査を開始しました。クリトリスを指で触ると「気持ちいい…」と嗚咽を漏らします。電マで責めるとさらに気持ち良さそうです。電マにアタッチメントを付けてクリトリスと膣を同時に責めます。さらに肛門に指を入れるとハルさんは一気にギアが上がり、悶えています。その後、肛門に入れるものを指からゴムスティックに変えたりしてハルさんが身悶えするのを見て楽しみました。

少し休んだ後は浣腸です。普段からイチジク浣腸を使用しているそうですが、入れるとすぐに出してしまう、と言うことだったので我慢できないんじゃないかと心配していました。1本目はガラス浣腸器で50%グリセリンを120cc浣腸しました。ところが、余裕で5分クリアです。部屋内の便器に排泄させましたが、朝に排便があったため便は全く出ませんでした。そこでもう一度、今度はグリセリン浣腸オヲタ150を浣腸しました。今度は余裕で10分クリア。本人曰く、「便がないから我慢ができる」そうです。

最後に肛門鏡を順番に入れます。線状シムス式肛門鏡、有窓シムス式肛門鏡、先日奏さんにいただいたディスポの肛門鏡、ヒルシュマン式肛門鏡と4種類の肛門鏡で肛門内の視診を行いました。秘密兵器のLED照明器具も活躍してじっくりと直腸内を観察しました。

診察が終わりエッチをしていましたが、その時に肛門内に指を入れて直腸からポルチオを刺激する技を展開するとハルさんはとても気持ち良さそうでした。この技、今後も使ってみます。


スポンサーサイト
[PR]

ヴァーチャルナース 術前術後の浣腸編 発売開始 [2013/02/21 23:09] 未分類
op640_480a.jpg
本日、新作の浣腸ソフト「ヴァーチャルナース 術前術後の浣腸編」を発表しました。

~あらすじ~

同じ部屋に入院中の亜矢と祐子は全身麻酔の手術を受けるために、2人組ナースに処置室で前処置の浣腸をされてしまいます。浣腸された2人は、簡易便器に排泄するところを2人組ナースに見られてしまいます。

さらに手術後に便秘になった2人は、隣り合わせのベッドで同時にナースに浣腸の処置を受けることになります。
手術後、まだ歩行許可の下りていない2人は差し込み便器に排泄させられてしまいます。


本日はDMMでのみの販売となります。
figpeach softwareのトップページの絵or「作品紹介」から、あるいは「もも先生の診察室」の「調剤室」から飛んでください。

明日以降、Dlsite、Digiketでの販売も順次開始します。


関西への往診 [2013/02/16 23:16] 未分類
今日は久しぶりの診察です。

何と今年初めての診察になります。遥々山口から大阪までいらっしゃった20代の患者さん美琴さんは、なんと処女でありながらの診察希望です。処女ですが、オナニー好きだそうです。普段から便秘で浣腸を愛用している美琴さん、排泄後にすっきりするところがいいそうです。先日はイチジクの30ccで5分我慢できたそうですが、医療用浣腸では何分我慢できるでしょうか。

さて、診察は聴診から始まります。見事な巨乳に聴診器を当て心音を確認します。その後、ベッドに寝かせて腹部の触診と聴診です。続いて肛門で直腸検温です。体温計を入れる前に直腸診を行うと、直腸内には大きな便塊が確認できました。直腸温を測定中に陰唇を確認すると愛液で溢れかえっています。そこで電マを使ってクリトリスに刺激を与え続けました。処女なので膣内に器具を入れることはできませんので、ひたすらクリトリスを責めます。美琴さんは初めての刺激に枕に顔を埋めてうめくことしかできませんでした。

続いて導尿です。尿道口にカテーテルを挿入すると、黄色い尿がコップ一杯に採取できました。

休憩の後はいよいよ浣腸です。グリセリン50%溶液を120cc作り、200cc浣腸器に充填しました。カテーテルを肛門に挿入し、ピストンを押します。120ccのグリセリン浣腸をされた美琴さんは1分も経たないうちに便意を訴えます。3分経った頃には「もう漏れる」と息も絶え絶えでしたが、もも先生に肛門を押さえられた美琴さんは5分間排泄を許されず、5分後に部屋に用意された便器に排泄を始めました。最初は茶色く濁った液しか出ませんでしたが、途中からはさっき直腸にあった大きな便塊が一気に排泄されました。さらにその後は大きなオナラを連発して排泄に華を添えました。

少し休憩して、肛門鏡で肛門を視診します。有窓シムス式肛門鏡を入れて広げてみましたが、痛がるのでヒルシュマン式の肛門鏡に変更です。この肛門鏡に、自作の超高輝度LED照明を当てて肛門壁を確認しました。

最後に肛門にゴムスティックを入れたり、クリトリスを指で刺激したりして気持ちよくなってもらい、今年最初の診察は終了です。