FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


クリスマス前の診察 [2012/12/23 21:59] 未分類
今日は、先日診察したばかりですが、由那さんの再診です。訳あって、今日は夜の診察です。豊かなオッパイと背中を聴診した後、肛門で直腸温を測定します。パンツを下げると締まった肛門がキリッとした表情で顔を出します。陰唇は今日はあまり濡れていません。肛門に指を入れると強く締め付けてきます。体温計を入れて体温を測ると36度です。

次にクスコ式膣鏡を入れて、膣内の視診です。由那さんの膣は狭いのでSサイズが適合します。膣内はいつもの綺麗なピンク色。膣鏡を抜くと、由那さんが大好きな導尿です。12Frのカテーテルを入れると、黄色い尿が意識とは別に流れ出します。カテーテルを抜いて剃毛を行いました 由那さんはいつもはきれいに剃り上げているのですが、今日は急に呼び出したので不揃いだったのです。次に、風呂場に連れて行き感度の検査です。椅子に座ったもも先生の上に座らせ、膣の入り口付近を指で刺激すると由那さんは何度も潮を噴きつづけました。

剃毛して股間が可愛くなった由那さんの肛門に浣腸です。由那さんのリクエストで、ガラス浣腸器にカテーテルを接続せずに直接肛門に挿入し、グリセリン50%溶液を120ccと空気80ccを注入しました。すぐにお薬が効いてきた由那さんは半立ちの姿勢で我慢します。この姿勢が一番我慢しやすいのだそうです。頑張って5分我慢した由那さんは仰向けの姿勢になって、差込便器を当てられてベッド上でブリブリと恥ずかしい排泄を始めました。
さらに由那さんのリクエストでお湯の高圧浣腸です。前回は500ccほどをイルリで注入しましたが、今回は200cc浣腸器で5本、合計1,000ccを浣腸します。グリセリンよりも刺激が弱いので、5分間耐えられました。トイレで排泄をさせましたが、(もちろん付き添います)何度も何度も腸の奥の方にあった恥ずかしい塊をボシュッ!ボシュッ!と排泄していました。

最後に由那さんを四つん這いにして肛門鏡で肛門と直腸内の検査です。綺麗な直腸と肛門壁を確認して、今日の診察は終わるはずでしたが、これまた由那さんのリクエストで本日2度目の導尿です。由那さんは本当に導尿が好きなのです。2回目の導尿でしたが、今度は透明な尿が300ccほど採取できました。


スポンサーサイト
[PR]

4人での複数プレイ [2012/12/10 00:36] 未分類
今日は何と4人での複数プレイです。診察するのはもも先生と女医の麻耶先生、患者役は久しぶりのうささんと、ここのところよく診させてもらっている由那さんです。由那さんの到着が診察に間に合わなかったので急遽予定していたストーリーを変更、「健康診断を受け損ねたナースさんが麻耶先生ともも先生に健康診断を受ける」という設定です。

まずはうさナースが患者役です。喉の検査を行った後は聴診です。ナース服のジッパーを下げるとブラジャーをしていないうささんのきれいなオッパイがプルンと出てきます。横になって血圧を測定するとちょっと高めです。興奮しているのでしょう。直腸検温のためお尻を出させると小陰唇から愛液が糸を引いています。初めての複数プレイに興奮しているみたいです。麻耶先生が肛門にゼリーを塗り、直聴診を行った後に体温計が肛門に挿入されます。

次に仰向けに寝て足を開かせ、導尿です。麻耶先生が尿道口にカテーテルを入れると黄色いオシッコが採取できました。そのままの姿勢で膣の触診を行います。麻耶先生ともも先生、それぞれ触診を行った後はクスコ式膣鏡を入れて膣内の視診を行いました。きれいなピンク色です。膣鏡を入れたままファイバースコープを膣内に入れ、パソコンの画面に膣内の画像を映し、うさナースにも見てもらいました。続いて感度の検査です。麻耶先生ともも先生の2人に陰核や膣内、肛門、乳首を責められてうさナースは身悶えしておりました。

そこに遅れて由那ナース登場。休憩をはさんで、うさナースに浣腸です。由那ナースがケンエー浣腸120をうさナースの肛門に入れ、薬液を注入します。差し込み便器で排便させる予定でしたが3分でトイレに行ってしまいました。

ここでオシッコに行きたくなった由那ナースにもも先生が導尿を行いました。コップ1個では足りずに、2個目のコップも満タンになるくらい大量の排尿がありました。

再度うさナースが患者役です。四つんばいにさせて肛門の検査です。直聴診の後、線状シムス式肛門鏡で肛門を大きく開口しました。その後、特大のヒルシュマン式肛門鏡で直腸内を視診してうさナースの診察は終了です。

今度は由那ナースの健康診断です。喉の検査の次に聴診です。この時に麻耶先生の指摘で、うさナースに由那ナースの背後に回ってもらい手を押さえてもらいました。うさナースに直腸検温をしてもらった後は2回目の導尿です。今度は麻耶先生が行います。さっきコップ2杯もオシッコした由那ナースはまたもコップ一杯に排尿を行いました。

排尿後はクスコ式膣鏡で膣内の検診です。生理が近いとあって、膣の奥の方には血の塊のようなものが確認できました。やはりファイバースコープで膣内を写して、由那ナースに見てもらいました。

感度の検査ですが、由那ナースは膣の入り口付近がすごく感じるのです。もも先生が指で刺激を行うと、何度も何度も暖かい潮をもも先生の手に掛けるのでした。

少し休んで、うさナースが由那ナースに浣腸です。ケンエー浣腸120を注入後、すぐに便意を訴える由那ナース。オムツを穿いて我慢しますが、やはり3分でトイレに行ってしまいました。

最後に線状シムス式肛門鏡で肛門内を視診して由那ナースの診察は終了です。

2人の個々の診察が終わったので、お楽しみの同時浣腸です。麻耶先生がうさナース、もも先生が由那ナースにケンエー浣腸120を同時に浣腸しました。ベッド上で苦しむ2人のナース。とても可愛い2人なのですが、可愛いお顔が苦痛に歪んでいます。うさナースは寝て我慢、由那ナースは起き上がって我慢しています。今度はトイレでの排便を許していないので、3分経った後、うさナースと由那ナースは並んで便器に排泄しました。最初に由那ナースがシャーっと浣腸液を排泄しています。続いてうさナースがぶじゅぶじゅとガス音を響かせています。可愛いお尻を並べての排泄は見応えがありました。

ここで時間切れ、今日の診察はここまでです。