FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


美熟女さんの診察 [2012/10/21 20:45] 未分類
今日は美熟女亜紀子さんの3回目の診察です。今回は時間がないため2時間限定のプチ診察です。
亜紀子さんの自宅に往診するというストーリーで診察しました。

検温、直腸診を行うと、便塊が直腸まで降りてきているのがわかります。摘便するには柔らか過ぎたので、後程浣腸して出すことにしました。感度の検査の後に浣腸を行いました。亜紀子さんの希望で、30ccの浣腸を5本。5本浣腸した後、残留液を集めて再度浣腸します。ここから我慢時間のカウント開始ですが、1本目の浣腸の時点で便意を訴えていた亜紀子さんは大暴れです。腰の下に差し込み便器を入れ、亜紀子さんの肛門にはもも先生の指が。しかも指先は直腸壁を触っています。(これも亜紀子さんの要望)直腸内に溜まったグリセリン液の中に便塊がプカプカ浮いているのが指先の感触ででわかります。3分しか我慢できなかった亜紀子さんは差し込み便器に排泄を始めました。最初は小さな便塊しか出ませんでしたが、その後太くて長い立派な便が2本立て続けに排出されました。

その後、線状シムス式肛門鏡、有柄式肛門鏡、ヒルシュマン式肛門鏡と連続で肛門鏡を肛門に入れ、肛門を拡張しつつ肛門壁の検査を行いました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

名古屋への往診 [2012/10/07 18:52] 未分類
今日は一宮のOL、初診患者の真美さんの診察です。真美さんは当サイトをご覧になって直接受診申し込みをされました。SM体験はあるものの浣腸も子供の頃以来無いそうで、浣腸に恐怖心があるそうです。会ってみるとスレンダーな女性で、黒のニーハイが似合う素敵な眼鏡女性でした。

さて、今日の診察は聴診から入ります。小ぶりで可愛いオッパイに聴診器を当てます。検温は肛門で行うことを告げて直腸検温します。四つんばいにしてパンツを脱がすと、もう陰唇からタラーっと愛液がこぼれています。かなり興奮しているみたいです。ゼリーを塗った指を肛門に入れると、真美さんは痛がります。肛門に指を入れられたことがないそうです。指を抜いて体温計を入れます。体温は35度9分でした。

陰唇からの愛液の量が非常に多かったので先に膣の検査を行うことにしました。Mサイズのクスコ式膣鏡を入れましたが、痛がっています。肛門も膣も未開発で狭いようです。Sサイズの膣鏡に変更して膣を広げます。中はきれいなピンク色です。膣鏡を抜いて指で触診します。Gスポットのあたりを触ると体を捩って「気持ちいい…」と嗚咽が漏れます。ここまできて剃毛を行うのを忘れていました。IラインとOラインだけですが、剃刀で綺麗に剃り上げました。

ここで感度の検査です。電マは体験があるそうですが電マのアタッチメントは経験がないそうです。

まずは電マを直接クリトリスに当てます。やはり体を捩って「気持ちいい…」と呟くのがわかります。電マにオルガスターをつなげて膣に入れようとしますが、膣が狭い真美さんは膣に入れるだけで一苦労です。しかし膣に入った後はあまりもの気持ちよさに体を反らして快楽の波に体を預けています。アタッチメントをシナプスフェーズに変えて、肛門にゴムスティックを入れて刺激します。肛門の刺激に慣れていない真美さんは「何、これ?」「変な感じ」を連発です。スティックを指に変えたりアタッチメントを変えたりして長時間責め続けました。だんだんと肛門の快楽が理解できてみたみたいで、「後半はお尻が気持ちいい」を連発していました。

休憩の後は肛門と直腸の検査を行いました。さっきは肛門を痛がったのでまずは小さなストランゲ式肛門鏡を入れましたが、あっさりと開くことに成功しました。次に有柄式肛門鏡でグッと左右に肛門を広げましたが、これも痛がりません。そこで有窓シムス式肛門鏡を入れましたが、これはさすがに痛がりました。最後にヒルシュマン式の肛門鏡で直腸内と肛門壁の視診を行いました。直腸内に便はない様ですが、浣腸を行いました。今日はグリセリン50%溶液を100ccです。横臥位で浣腸しました。そのまま5分、予想よりも簡単に我慢できました。しかし浣腸液とオナラだけで、便はほとんど出ませんでした。

診察終了後、電マで快楽責めの続きをして楽しんでいたら、真美さんが「お願いがあるんですが…」と言うので何かと聞いてみると、「肛門にもも先生の指を入れてください」と言うのです。よほど肛門が気持ちよかったみたいです。(大半の患者さんがそうですけどね)喜んで真美さんの肛門に指を入れ、肛門壁、直腸内と指で撫で回しました。真美さんは「気持ちいい…」を連発していました。もう真美さんは肛門の快楽から離れられないと思います。

後片付けの時、100ccガラス浣腸器をテーブルから落として割ってしまいました。(涙)