FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


関西への往診 [2012/08/26 23:01] 未分類
今日は兵庫県の20代OL、沙耶さんの診察です。午前中に、もも先生が患者役の医療プレイをAさんにしてもらったので、ダブルヘッダーです。沙耶さんは肛門のビラビラが気になる、ということでもも先生に相談があり、その縁で診察の運びとなりました。

まずは聴診です。スリムだけど、オッパイは立派な沙耶さん。いいオッパイです。次いで直腸検温です。まずは問題の肛門のビラビラを視診しますが、痔核などではなく昔の裂肛が治った時の見張りイボの様です。肛門に指を入れて触診しますが、肛門の中には痔核は無い様です。

この時に陰唇を見ると、分泌液が溢れています。大量の医療器具を見て濡れてしまったらしいです。

そこで膣の検査を行いました。クスコ式膣鏡のMサイズを入れて視診します。きれいなピンク色です。導尿を試みましたが、痛がったので止めました。

次は感度の検査です。電マが苦手と言うので、電マを弱くしてクリトリスを刺激しますが、弱い刺激でもかなり気持ちいいみたいで大声で喘ぎ続けています。アタッチメントを付けても同様で、体を震わせて快楽の波に身を委ねているようです。15分ほど未知の感覚に襲われ続けた沙耶さんは「疲れた」と言ってダウンです。休憩後、さらに電マで責められた沙耶さんは再度「疲れた」とダウンしました。

いよいよ浣腸です。イチジク浣腸1個でも1分しか我慢できないという沙耶さんですが、グリセリン浣腸オヲタ120を浣腸されて、注入後すぐに便意を訴えます。それでも、もも先生に肛門を押さえられて 5分我慢した沙耶さんは、ベッド上で差し込み便器にブリブリと排泄を始めました。

最後に線状シムス式肛門を入れましたが、痛がるので止め、ケリー氏式直腸鏡で直腸内の視診を行いました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

東海地方への往診 [2012/08/04 21:21] 未分類
今日は三重県の24歳女性、果歩さんの初診往診に行って来ました。
果歩さんは子供の頃に腹痛のため病院で浣腸された経験から、医療プレイに興味を持っていたそうです。

まずは聴診から入ります。24歳とは思えない、張りのあるオッパイです。乳首に悪戯しようかと思いましたが、それは後のお楽しみに取っておきましょう。
次に直腸検温です。パンツを下ろすと、パンツの内側は愛液で変色しています。かなり興奮しているのでしょう。
検温前に指を肛門に入れてゼリーを塗りながら直腸診を行うと、果歩さんは「変な感じ」と呟きます。
ここで剃毛を行いました。全剃毛は初めてらしいのですが、性器と肛門が可愛くなりました。
診察しやすくなったところで導尿です。「出る感じはしない」と言ってましたが、導尿してみるとコップ一杯の尿が採取できました。かなり濃い色です。
次にクスコ式膣鏡を入れて膣内の視診を行いました。中はきれいなピンク色です。膣鏡を抜いて触診すると、喘ぎ声が漏れてきます。かなり気持ち良さそうです。
ローターしか経験がないそうですが、電マ、電マのアタッチメントと連続で責めると何度も何度もイッてしまう果歩さん。肛門にゴムスティックを入れるともう大騒ぎです。さらに乳首も感じるので乳首を抓ったり舐めたりして責めると、またも何度もイッてしまいました。

休憩を挟んで浣腸です。普段から小さな浣腸は使っているそうで、5分の我慢は「頑張ります!」とのことでしたが50%グリセリン液を120cc注入すると、入れて間もなく便意を催した様です。すぐに「我慢できない」と言うので、もも先生が替わって肛門を押さえましたが、2分ちょっと我慢した時点で大量の浣腸液を漏らしてしまいました。(介護シーツをひいていたので事なきを得ました)その後、便器にしゃがませると、それはそれは大きな便塊(直径5cm以上?)を何個も排泄していました。

最後に肛門の検査ということで有窓シムス式の肛門鏡で肛門壁を観察します。その後に超特大の肛門鏡で肛門壁や直腸内を観察しました。

おまけで、何度も感度の検査を行いましたが、やはり何度も何度もイキ続けた果歩さん。今日は10回以上イッたはずです。