FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはカカオID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


愛音ちゃんの定期健診 [2011/12/18 21:25] 未分類
今日は愛音ちゃんの定期健診です。
なかなか都合が合わなかったので久しぶりの診察です。

今日は最初からお昼寝モードです。お風呂で暖まって惰眠を貪り、3時のおやつを食べてからプレイです。
ローター、電マで愛音ちゃんを何度も逝かせたあとは浣腸です。今日は可愛く、30ccのガラス浣腸器の登場です。50%グリセリン溶液を150cc作ったので、合計5本浣腸しました。夕方で、すでに室内は暗くなっていたので今日は珍しく風呂場で排便させました。
きょうはこれだけ。


スポンサーサイト
[PR]

21歳の患者さん [2011/12/10 23:37] 未分類
今日は関東で21歳OL麻奈さんの診察です。

自分でイチジク浣腸を使ったり、エッチの時に浣腸を使ったことはあるそうてすが、医療プレイは初めての麻奈さんです。

入院患者さんの設定で診察を開始します。まずは聴診です。ブラジャーを外すと、可愛らしいオッパイの登場です。乳首はやや小さく、つまむとすぐに勃起します。21歳ということで、揉みごたえのある乳房です。

血圧ははほぼ正常だったので検温を行います。パンツを下ろすと、とても小さな肛門が確認できました。直腸検温の前に肛門に指を入れて直腸診を行うと、直腸内はカチカチの便で一杯!

検温後に導尿を行います。わりとクッキリした尿道口にカテーテルを入れると、コップ一杯の尿が採取できました。

次に膣内の検診を行いましょう。クスコ式膣鏡で膣内観察しました。とても綺麗な膣壁です。膣鏡を抜いて感度の検査を行いました。

事前情報では、麻奈さんのクリトリスは非常に感度がよく、強い刺激には痛くなってしまうそうです。確かにローターを軽く当てただけで痛がっています。肛門に指を入れてみると気持ちいいて言いますが、便塊が邪魔になって指が入っていきません。

まずは摘便です。便塊の量が多いので簡単に便塊が取り出せます。摘便の次は浣腸です。今日はグリセリン浣腸ケンエー120を使用します。浣腸後、お尻を押さえて我慢する麻奈さんですが、4分を超えたあたりから薬の効果が強くなったみたいで苦しそうな声と共に鳥肌が立っています。何とか5分我慢した麻奈さんはベッドサイドに置かれた便器にカチカチの便を排泄しました。

最後に肛門鏡と直腸鏡で肛門と直腸の視診をして今日の診察は終了です。


師走の医療プレイ [2011/12/04 22:36] 未分類
師走初回の診察は美紀さんです。いつも使用しているホテルのホームページが消えているので倒産したのか??と思いましたが健在でした。

いつもの医療プレイルームが今日も空いています。今日は入院患者さんが検査室に呼ばれるという場面設定です。聴診~乳首を弄んでからベッドに寝てもらいます。今日も血圧はいつもより20位高く、興奮している様相です。

「体温を計ります」と言うと自主的にパンツを脱いでお尻を突き出す美紀さん。今日は腋の下で計ろうと思ったのに。(笑)結局指にキシロカインゼリーをたっぷり付けて肛門内に指を入れた後、肛門に体温計を突き立てます。
今日も陰唇が濡れています。早速診察台に上がってもらいます。

美紀さんがオシッコがしたいと訴えるので先に導尿します。12号のカテーテルを尿道口に入れると、匂いの少ない尿が100ccほど採尿できました。採尿後にクリトリスと膣内を器具で刺激して感度の検査を行いますが、今日はいまひとつ快楽を与えることが出来なかったようで反省です。

美紀さんが浣腸を欲しがっている様子だったので、浣腸に移ります。今日は事前に「冒険しましょう。もも先生の指示に従ってね。」と伝えてあります。50%グリセリン浣腸を200cc入れて10分以上我慢してみましょうと提案します。50ccのガラス浣腸器で4回に分けて浣腸しますが、180cc程しか液がありませんでした。とろあえず空気も100cc入れました。20ccの不足を補うためにその後、ビワ湖浣腸の40ccを追加します。液残りがあっても30ccは入ったでしょう。5分位我慢したところで「寝たままだったら出せない」と訴える美紀さん。それならば「寝たままでも出せるように液を追加しましょう」と120ccのケンエー浣腸を追加しました。合計330ccの浣腸液を注入された美紀さんは、ちょうど10分位我慢したところで耐え切れなくなって内診台に乗ったまま、もも先生の目前で排泄を始めました。初めて見る美紀さんの排泄姿。本人は「臭かった」と言うけど、全然臭くないコロコロの便秘便と浣腸液、オナラが何度も美紀さんの肛門から排出されました。

最後にベッドでお尻を突き出してもらい、肛門鏡と直腸鏡で肛門壁と直腸内を観察しました。この後にお腹の渋りが治らない美紀さんに微温湯の高圧浣腸を500ccほど行い、今日の診察は終了です。