FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


美紀さんの再診 [2011/10/22 21:00] 未分類
今日は美紀さんの再診です。

美紀さんは超美形の便秘ナースさんで、自ら毎週の様に浣腸しているプチ変態さんです。久しぶりに診察する機会をいただいたのでレポートします。

いつもの診察ルームが空いていたので先日と同じホテルの部屋に入ります。何度見てもいい部屋です。部屋に着くなり、オシッコに行きたいと言いますが、診察まで我慢できそうになかったので排尿を許可しました。よって今日の導尿は無しです。

まずは問診しますが、今日は排便は済ませてしまったとのことです。ちょっとガッカリですが聴診器を当てて心音を聞きます。この時点で右の乳首が立っています。左の乳首を刺激すると、こちらも立ってきました。次に先日購入した血圧計で血圧測定を行うと、最高血圧が130ちょっとで少し高めです。興奮しているのでしょう。検温を告げると、自分から下半身を脱いで四つんばいになる美紀さん。直腸温測定されることがわかっているのですね。直腸温は37度でした。

美紀さんを内診台に載せて快楽責めを開始です。いつもはクールで、あまり快楽を感じない美紀さんですが、今日は弾丸ローターを当てると端正な顔が快楽に歪んで呻き声が上がります。ターボローターに変えると更に気持ちいみたいです。電マは今ひとつだったのでターボローターに戻します。ダブルのローターなので、一方をクリトリスに、もう一方を膣内に入れます。すると、美紀さんの尿道から潮が少しづつ溢れて肛門を伝い床にこぼれ始めます。膣口が生き物みたいにパクパクと口を開閉し、かなりの時間、潮を吹き続けて床はびしょびしょになってしまいました。

次に膣内の検査です。大型の4弁クスコ式膣鏡で膣を広げますが、痛がったので小型の膣鏡に変えて検査を行いました。膣の次は肛門と直腸の検査です。肛門に採便棒を入れますが、肛門付近には便は無いようです。指で触診すると、奥の方に硬い便塊が1つありました。摘便できる硬さの便なので、指で二つに分けて摘便しました。匂いを嗅いで臭いことを確認しました。

摘便をしても、当然浣腸は外せません。前回、前々回共に5分我慢できた美紀さんはトイレでの排便を許可したために、まだもも先生の目の前で排泄を見せたことがありません。今日はグリセリン50%溶液を300ccです。しかも内診台の上で肛門を押さえずに我慢です。さすがにこれは我慢できないでしょう。浣腸器は金属製の50ccのものを使って6回に分けて浣腸します。時間がかかるので、更に苦しいはずです。しかし、苦痛に顔を歪めた美紀さんは5分間我慢できてしまいました。ただ、トイレでの排便を許可しても、もも先生はトイレの中についていきます。洋式便器にしゃがんだ途端に美紀さんは浣腸液を排出し、派手な排泄音をトイレに響かせました。

最後に肛門鏡、直腸鏡で肛門と直腸の検査をして今日の診察は終わりです。


スポンサーサイト
[PR]

またも関西への出張 [2011/10/16 11:23] 未分類
今日は関西方面に往診です。最近はひさえさんの診察が連続しているのですが、今日は穂波さんの診察でした。穂波さんの診察は久しぶりです。使うホテルの部屋は前回ひさえさんの診察で使用したSMルームです。

さて、今日の診察はいつものように聴診から始まります。次に直腸検温ですが、直腸温は37.2度でした。穂波さんは快楽責めの時にすぐにオシッコを漏らすので先に導尿しておきましょう。先にターレット式の膣鏡を横向きに入れたまま膣口を広げます。この状態で膣鏡を保持すると尿道口がパックリ見えるのです。(巨大なターレット式の膣鏡が入る女性はほとんどいません)

手術用の滅菌された手袋を着用し、導尿用カテーテルにキシロカインゼリーを塗り、露出した尿道に挿入します。やがて大量の尿がコップに採取されました。

カテーテルを抜く時に穂波さんは「あぁっ」と声を上げます。そうです、穂波さんは導尿用カテーテルを抜き差しする感触が好きなのです。

膣鏡を抜いて、膣内の触診を行います。Gスポット付近を刺激すると大きく悶えます。ここで、拘束椅子に穂波さんを移して快楽責めです。まずは弾丸ローター。すぐにイッちゃいます。ターボローターも瞬殺です。電動歯ブラシも瞬殺。電マも瞬殺。クリ系の責めは全て瞬殺でした。次に電マのアタッチメントを付けます。最初はオルガスターです。すごい声を上げて暴れ回る穂波さん。大声が止まりません。アタッチメントをシナプスフェーズに替えて責めると又も大声を上げて絶叫です。何度も何度もイキ尽くしてぐったりしたので快楽責めは終了です。

次に浣腸です。50%グリセリン溶液を150cc浣腸しました。さら空気を100ccほど入れます。5分我慢させて便器に排便です。茶色く汚れた浣腸液が排出されました。

肛門観察のためにシムス式肛門鏡を入れましたが痛がるので、ヒルシュマン式の肛門鏡で肛門壁と直腸内を観察しました。


関西地方への往診 [2011/10/02 11:16] 未分類
今日は、先月初診で受け入れた患者さん、ひさえさんの救急診察です。

ひさえさんから「お仕置きで快楽責めを受けたい」とのリクエストがあり、短時間ですが診察して来ました。

まずは聴診~剃毛です。前回は剃毛NGだったんですが、今回はOKだったので遠慮なく剃らせていただきました。ひさえさんは初の剃毛らしいです。陰唇の周り、肛門の周りと全て綺麗に剃りました。

続いて膣内の検査です。今回は秘密兵器を用意しました。カメラの三脚に高輝度の懐中電灯を固定して膣内を明るく照らします。これが非常に見やすくてgoodでした。

膣内の検診後、「早く退院したい」と我侭を言い出したひさえさんはお仕置きを受けます。まずはお尻をスパンキングされて、その後手足を縛る椅子があったので椅子に縛り付けます。そこでローター、電動歯ブラシ、電マ、肛門用ゴムスティックで責め続けます。「お尻にもっと太い器具を入れて欲しいの?」と聞くと「もっと太いのを入れてください」と応えるひさえさん。何度も何度もイッたひさえさんですが、もも先生の快楽責めは止まりません。15回以上イカせてようやく快楽責めが終わりました。

しばらく休んだ後は浣腸です。グリセリン50%を200cc浣腸して5分我慢させました。まだ2回目の浣腸なので5分は難しいかな?と思いましたが、ひさえさんは無事5分我慢できました。室内ではあまり出なかったのですが、その後トイレでブチュ、ブリブリ~と派手な音を立てて排泄していました。


なお、浣腸ソフトの売れ行きがここのところ不調なので、誰か買ってください。(笑)