FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはカカオID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


関東への往診 [2011/07/24 12:17] 未分類
今日は神奈川県の初診患者さんを診察してきました。今日の患者さんは30代前半のスレンダー美女向日葵さんです。

元気がよくて医療プレイは初めての彼女がどんな反応を示すのか楽しみです。(彼女のNGプレイは剃毛、導尿、上半身の撮影、フェラ)

今日は撮影に三脚とリモコンを用意して診察開始。

まずは聴診から始めます。可愛らしいオッパイにドキドキですが、乳首が少し立っているように見えます。次に直腸検温です。パンストを取ると、パンツの中心にシミが確認できます。パンツを脱がせると、やはり膣からの分泌液が糸を引いてパンツに染み込んでいるのがわかります。

小陰唇からは透明で粘りけのある液体が溢れて太股にアーチを描いています。肛門は形もよく、とても綺麗です。

直腸検温の前に、肛門に指を入れて触診してみます。かなり締まりの良い肛門です。

膣からの分泌液が異常な量なので、これは感度の検査が必要でしょう。その前に膣内の検診です。桜井式膣鏡で膣の中を観察します。綺麗なピンク色で、子宮口も綺麗でした。

次は感度の検査です。乳首を触ると、大声を出して体を捻り逃げようとします。かなり乳首が敏感な様です。クリトリスはさらに敏感な様で、もも先生の指を手で払いのけようとします。
Gスポットは感じるものの、クリトリスよりも反応は大人しい様です。そんな超敏感なクリトリスに弾丸ローターを当てるとどうなるか…。大声を出して抵抗して逃げようとします。「ほらほら、そんなに逃げたらベッドから落ちちゃうよ」と足を引っ張って今度は弱めに設定したローターを当てます。次は電マです。強い設定では耐えられそうになかったので弱い設定でクリトリスに当てます。それでも刺激が強すぎて逃げ回る向日葵さん。電マの先にオルガスターを付けてのバイブ責め。何種類かアタッチメントを交換しつ最後は一番人気のシナプスフェーズで責めます。さらに肛門にゴムスティックを出し入れすると、さらに気持ちよくなったようです。肛門からゴムスティックを抜き、代わりにもも先生の指を入れます。膣内に入っているシナプスフェーズに指を這わして膣と直腸の壁を刺激します。間もなくイッてしまった向日葵さんに休憩時間を与えました。(後で聞いたら、シナプスフェーズ+もも先生の指の組み合わせが一番気持ち良かった様です)

次に待望の浣腸です。向日葵さんは浣腸の経験がないどころか、浣腸をするとどうなるのかさえも理解してない様です。

そんな向日葵さんの肛門にグリセリン50%溶液を120cc浣腸しました。浣腸液が全部入りきらないうちから便意を訴える向日葵さん。30秒も経たないうちに「お腹痛い」「出させて」の連発です。もも先生が肛門を押さえて応援します。何とか頑張った向日葵さんは無事に5分我慢できて、部屋に用意した便器の中に排泄を始めました。初めての人前での排泄でしたが、お腹が痛くてそれどころではなかった様です。

最後に肛門と直腸の診察です。まずは有窓シムス氏式肛門鏡で肛門を広げます。ペンライトで直腸内を見ると、浣腸液の残りと便屑が見えます。肛門鏡を線状シムス氏式に交換して引き続き肛門を広げます。肛門壁に関しては、やはりこちらの肛門鏡の方がよく見えます。さらに照明付きの肛門鏡にて直腸内を観察した後は有柄式の肛門鏡で肛門を縦に広げたり横に広げたりして肛門の柔軟性を確認しました。

最後の片付けの時に、50ccのガラス浣腸器を落として割ってしまいました。


スポンサーサイト
[PR]

一ヶ月ぶりの再診 [2011/07/10 12:20] 未分類
今日は美紀さんの一ヶ月ぶりの再診です。

今回は美紀さんから「また浣腸してもらいたくなったのですが…」と診察依頼があったのですが、超可愛い美形の美紀さんを見て、こんなに綺麗な人が浣腸好きだとは信じられない位です。前回の診察から、何回か自分で浣腸をしたとも言ってました。

さて、前回は医療プレイルームが空いていなかったのですが今回は空いていました!

まずは向かい合って聴診からスタートです。病院のような回転椅子もあるので雰囲気もバッチリです。

次にレザーベッドに寝てお腹の触診を行います。続いて四つんばいになって肛門の触診と直腸検温を行いました。今回は当日に排便があったということで直腸内には便塊は確認できませんでした。

そして内診台に上がってもらいます。美紀さんはかなり興奮しているみたいで小陰唇からは透明な露が溢れています。早速感度の検査を行いました。美紀さんは快楽責めにはかなり強い方なのでいきなりクリトリスを弾丸ローター、電動歯ブラシ、ターボローター、電マで責めます。前回は膣内はバイブよりも指の方が気持ちよかったみたいなので指で責めます。次は膣鏡にて膣内を観察します。今回は桜井式膣鏡で膣内を観察しました。

膣内の検査が終わったところで浣腸です。今回は内診台に乗ったままで浣腸です。グリセリン50%溶液を200cc+空気を100cc浣腸して5分我慢させます。我慢できなかったらもも先生の目の前で排便してもらう約束です。今回は手が使えないので、かなり厳しい条件です。カテーテルをガラス浣腸器に接続して、浣腸液を注入しました。間もなく便意に苦しめられる美紀さんですが、難なく5分をクリアしてしまいました。残念ながら前回に続いて排泄シーンを見せてもらえませんでした。そんなわけで再度浣腸です。今度は薬液は同じですがカテーテル無しで、直接美紀さんの肛門にガラス浣腸器を挿入しました。今度は薬液注入後、すぐにトイレに行きたいと言い出したので今度こそ排泄シーンを期待しましたが、またも5分クリアしてしまいました。(涙)

今度診察する時は我慢の時間をもっと延ばして再挑戦してもらおうと思います。