FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


愛音ちゃんの定期健診 [2011/06/18 12:21] 未分類
今日は愛音ちゃんの定期健診です。

二人だけの時は医療プレイというよりもラブラブでのんびりまったりするのですが、ますますまったり感に拍車がかかり、一緒に眠ったり他愛のない話をして過ごす時間が大半になっています。

今日の浣腸は50%グリセリン溶液を200cc+空気を70ccほどです。200cc浣腸器にカテーテルを接続せず、直挿しです。5分我慢させてから便器に排便させました。

その後も空気浣腸をしたことも手伝って、トイレで大きな排泄音を出していました。


スポンサーサイト
[PR]

ナースさんの診察 [2011/06/13 12:22] 未分類
今日は23歳の現役ナースさんの診察です。普段から便秘で浣腸を愛用している美紀さんは会ってびっくり、目がクリクリとした、大変可愛らしい患者さんでした。

聴診の後、導尿を行いました。おしっこを我慢してもらっていたのですがあまり尿量はなかったです。導尿の際に陰唇内の愛液を確認すると、かなり愛液が染み出ていました。そこで膣内を触診、次に膣鏡で拡大して中を視診しました。陰核にターボローターを当てると腰を浮かして「気持ちいい…」と声が漏れます。電マにアタッチメントを付けて膣内も刺激しますが、意外にも膣内は感じないようです。そこで陰核には電マを当て、指でGスポットを責めると「プシャッ」という音と共に潮ふきが始まりました。

次に便の状態を確認しました。4~5日便秘しているらしく、直腸内にカチカチになった便塊が確認できます。よって摘便を行いました。便の位置、直腸と肛門の形状により非常に難しい状況でしたが、2つほどの便塊を摘便することに成功しました。

次は浣腸です。事前に「出す時はトイレで」という要望があり、それに対し「5分以上我慢できたら」という条件を付けていました。50%グリセリン溶液を150ccしましたが、難なくクリアされてしまいました。(ガッカリ)

ただ、その後美紀さんは何度もトイレを往復していました。

最後に肛門鏡と直腸鏡で肛門・直腸内の検査を行い診察終了です。


1年ぶりの診察 [2011/06/12 12:24] 未分類
今日は、今日子さんの一年ぶりの診察です。前回会った時はショートカットのイメージがあったのですが、今回はロングヘアーで、大人びた雰囲気になっていました。でも、まだ22歳の今日子さんはピチピチです♪

器具を準備する時にはじーっと器具を見つめ、リットマンの聴診器を見つけるともも先生の鼓動を聞いて喜んでいます。

今日の設定は入院患者さんでした。まずは聴診の後、導尿です。最初はチョロチョロとしか尿が出ませんでしたが、膀胱を押すと出る出る…。200ccのコップが溢れそうになったので途中でカテーテルを抜きました。

次に陰唇に愛液が溢れていたので感度の検査を行います。弾丸ローターやターボローターでクリトリスを刺激すると体をよじって感じています。SMルームだったので足を固定されているため今日子さんは逃げることができません。ローターを当てたまま膣内に指を入れてGスポットを刺激すると何度もイッてしまいました。

続いて電マで責めます。やはり今日子さんは何度もイッてしまいました。

休憩後、浣腸です。150ccの50%グリセリン浣腸を行いました。差し込み便器を用意しましたが、座って排泄したい今日子さんは5分のタイマーが鳴ってもずっと我慢しています。ようやく10分ほどで我慢ができなくなり、便器内に排泄を始めました。その後、腹痛がするということで、今日の診察はここで打ち切りました。


夜間の診療 [2011/06/03 12:27] 未分類
今晩は夜間診療です。

今日の患者さんはもう4回目位の診察になる穂波さんです。

聴診のためにブラジャーを外すと、もう乳首が立っています。乳首を指で転がすとさらに硬くなってきます。

尿検査のために導尿を行いました。尿意を我慢してもらっていたので、コップ一杯の尿が採取できました。

膣内はもう濡れていたので感度の検査を行いました。今日は新兵器のターボローターがあります。広告では「最強にすれば持つことすら難しい」というほど強力な振動の器具です。電池も4本使っているので、これは強力です。当てるとあまりの気持ち良さに暴れるので、手を手枷で拘束しました。何度も何度も絶頂に達して穂波さんはぐったりしてしまいました。

休憩後、膣内の検査です。4弁式クスコで膣内を観察しました。

次は浣腸です。まず直腸診を行いましたが、指の届く範囲に便が見つからなかったので摘便は諦めました。50%のグリセリン溶液を100cc浣腸しました。今日は差し込み便器です。寝たまま我慢させ、3分位で排泄してしまいました。5分我慢できなかったのでもう一度浣腸することが必要でしたが、穂波さんの体調不良のため、ここで診察終了です。

帰宅前に少し体調が戻ったようなので、クリトリスにローターを当てながらGスポットを指で刺激しました。またイッてしまった穂波さんは、Gスポットを責めるもも先生の右手に何度もオシッコをもらしてしまうのでした。