FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


大阪に往診 [2010/08/28 13:34] 未分類
今週末の医療プレイ記を書きます。

今回は大阪の患者さんの診察を行いました。
待ち合わせ場所でお会いしたUさんは20代の目がくりくりっとして可愛らしい患者さん。過去に手術前後で浣腸されたことがあり医療プレイに興味を持たれたようです。

肛門で直腸温を計ると35度9分、聞くと普段から平熱が低いそうです。膣内からは透明で粘り気のある愛液が陰唇からこぼれています。

乳首はあまり感じないとのことだったので、感度の検査はクリトリスと膣内を中心に行いました。

ローターは持っていて週に1回オナニーするそうですが、バイブや電マは経験が無いそうです。
ローター、バイブ、電マで責めましたが指でGスポットを中心に責めた方が気持ち良さそうにしていました。

膣内を膣鏡で観察すると膣内はきれいなピンク色でした。

次に導尿です。導尿は、診察前から是非して欲しいと言われていました。痛みも無しにカテーテルが挿入できて、スムーズに排尿できました。尿検査の結果も異常なし。

導尿の次は浣腸です。200ccガラス浣腸器に120ccのグリセリン50%溶液を入れて浣腸です。空気も同じくらい入れました。排泄音を大きくするためです。浣腸注入中から「出そう」と言い出したUさん、自分で肛門を押さえていますが限界の様です。もも先生が代わりに肛門を押さえました。何とか5分我慢させて便器に排便。大量の便をもも先生の目の前で排泄したUさん。恥ずかしかったと思います。

排泄中の開ききった肛門に指を入れるもも先生。直腸内を指が這い回る度に「気持ち悪い」と訴えるUさん。
肛門内の快感にはまだ目覚めていないようです。

再度浣腸を実施しました。今回はネラトンカテーテルの代わりにWピッカーカテーテルで栓をしました。何度も「漏れちゃう」と苦しみ悶えるUさんですが、「栓があるから絶対に漏れないですよ」と我慢を強制させました。苦しむUさんの表情は素敵でした。どちらかと言うとアイドル系の可愛らしい顔が痛みと羞恥で歪んでいます。今度は便はほとんど出ませんでした。腸内はきれいになったことでしょう。

次に肛門鏡で肛門の中と直腸の中を観察しました。直腸もきれいで異常なし。

最後にスティックで肛門をマッサージ。同時に膣内を指で掻き回しているうちに肛門の気持ちよさがわかってきたようです。

まだまだ肛門内の感度は上がっていくはずなので、今度会えるのが待ち遠しい患者さんでした。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

複数医療プレイ [2010/08/24 13:35] 未分類
週末の医療プレイ記を書きます。

今回は関西地方の患者さん(Eさん)と愛音ちゃんの3人での複数医療プレイです。

最初はEさんが患者役で、愛音ちゃんがナース役です。愛音ちゃんはピンクのナース服を着ています。今回は入院患者のEさんが、回診の際に便秘を訴えるという設定です。

聴診器で心音を聞くと、ドキドキとかなり早い心臓の鼓動が確認できました。肛門で直腸温を計ると36度9分。膣内から溢れた愛液が陰唇を伝わってこぼれています。
膣内を膣鏡で観察しました。膣内は愛液が溜まっているのが確認できます。
そんなわけで感度の検査を行いました。ローターやバイブの経験がないEさんは普通のローターや小さなバイブの刺激にも非常にいい反応を示します。
電マで責めたところ、強い刺激に却って抵抗がありました。

休憩をはさんで浣腸を実施しました。愛音ちゃん、初の浣腸実施です。ケンエー浣腸120を入れて5分我慢させ、部屋の隅に置いた便器で排泄を済ませました。
腸内が綺麗になったところで肛門鏡と直腸鏡で肛門内の検査を行いました。

次は愛音ちゃんとEさんが交代です。Eさんはスレンダー美人で、青いナース服がビシッと似合っています。愛音ちゃんへの治療はEさんがされたものと全く同じだったので割愛します。

双方の診察が終わった段階で、W浣腸を実施します。愛音ちゃんとEさんを四つんばいにさせて、同時にグリセリン浣腸オヲタを浣腸します。何故かEさんの方はボトルとカテーテル部の間からかなり液が漏れてしまいました。今回はお尻押さえなしで我慢させました。最初に我慢できなくなったのは愛音ちゃん。続いてEさんも愛音ちゃんの隣で並んで排泄です。

愛音ちゃんは先に排泄した罰として150cc浣腸され、さらに200ccの空気も浣腸されました。部屋の隅で、大きな放屁音を出しながら愛音ちゃんは排泄を続けました。
お腹が渋ったので、最後にお湯の浣腸。都合、今日の浣腸回数は6回です。非常に充実した診察でした。