FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


遠方への出張診察 [2010/04/26 14:55] 未分類
今週末は、何と東北地方まで出張往診をしてきました。21歳の医療プレイに興味のある女性に誘われてお泊りでの診察です。

問診~聴診と続き、肛門検温時に性器を見ると、もうびしょびしょに濡れて下着にシミができています。

膣の検査では大きな膣鏡だと痛がってたので小さな膣鏡で視診しました。膣鏡を入れたままで陰核への刺激を与えてみました。膣内の分泌液が増えているのがよくわかります。

乳首を刺激すると、乳首もみるみるうちに硬くなってきました。

続いて肛門の検診です。やはり大きな肛門鏡は痛がっていたので小さめの肛門鏡に変更です。本日はまだ排便がないそうですが、直腸鏡で直腸内を見ても便は確認できません。

120ccのグリセリン浣腸オヲタを浣腸したところ、1分を越えたあたりから便意を訴えます。自分で肛門を押さえさせましたが、直に我慢できそうにない様子だったので、もも先生が肛門を押さえることで5分間我慢することができました。我慢中は全身に鳥肌を立てて、苦しがっていたのが印象的です。ベッドサイドで排泄させましたが、排泄された便は少量で、むしろ放屁音が多かった印象です。

かなり浣腸で苦しんでいたので、浣腸を嫌いになったかと思っていたら、帰宅後彼女からメールが届いていて、「浣○がますます好きになりました」と書いてありました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

平日の診察 [2010/04/12 14:56] 未分類
先週の平日夜に医療プレイを行いましたので報告します。

同県に住む初心の患者さん、裕子さん(仮名、28歳)の診察を行いました。

初心の患者さんへの決められた手順で問診、聴診、検温と続けます。肛門にて検温をしているともう陰唇はベトベトでかなり興奮されているようです。

膣鏡にて膣内の検査を行った後は陰核や膣内の感度の検査を行います。電マにて責めると「オシッコもれちゃう~」と言ってよがるのですが、結局オシッコは出ず仕舞い。

次に浣腸です。イチジク浣腸はしたことあるけど、すぐに出してしまったと言う裕子さんにグリセリン浣腸オヲタ120を注入しました。半分も入れないうちに便意を訴える裕子さんですが、もも先生が許すわけがありません。5分間我慢させて便器に排泄してもらいました。

その後、もう一度電マで責めて今回の診察は終わりです。


先週の診察 [2010/04/03 14:56] 未分類
実は先週、愛音ちゃんの診察があったのですがソフトの立ち上げが忙しく日記に書けなかったので今週書きます。

さて、久しぶりの診察となりました。まずはホテルで風呂を沸かせて、一緒にお風呂に入ります。膣内に指を滑り込ませると、いきなり濡れ濡れ。

ベッドに戻り医療プレイの開始です。最初に膣鏡で膣内の検査をしました。いつもは入らないコリン式の大型膣鏡もスルリと入りました。でも広げると痛そうだったのでそこでSTOP。膣鏡を4弁式のクスコに交換して膣内の視診です。子宮口が気になったので子宮頚部拡張器を少し入れてみました。特に感じない様だったのでそこで止めました。

すぐに欲しそうだったので、次は電マで責めます。今回は電マのアタッチメントを付けた物を膣内に入れ、あまり動かさずにジッとして振動を与え続けます。結構気持ちいいみたいで、愛音ちゃんは何度も何度もイって咆哮のような大声をあげました。

次に浣腸ですが、新たに購入した200cc浣腸器の出番です。50%のグリセリン溶液を浣腸して5分間肛門を押さえられて強制我慢させられた愛音ちゃんは部屋の片隅で便器にブチュブチュと排泄しました。その後も何度かお腹が渋ってトイレに駆け込む愛音ちゃんでしたが、その度にトイレから豪快な排泄音が響いてくるのでした。(もも先生がグリセリン浣腸をしてから空気を100ccほど入れるためです)