FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


20代何度もイキ続ける全身性感帯の患者さんの診察 [2019/07/15 22:31] 未分類
ayumi0715.jpg


<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知の20代女性、あゆみさんの再診です。またもや生理が被ってしまったため肛門中心の診察となりました。

今回は「1週間くらい、あまり便が出ていない」とのことですので、便秘治療の名目で診察開始です。まずは聴診から入ります。いつも立派なオッパイに聴診器を当てます。心音はやや早め。ついでに乳首に触れると瞬く間に乳首は硬く勃起し、気持ち良さからあゆみさんは「気持ちいい…」と大きな喘ぎ声を出しています。

ベッドに移り検温を行います。膝胸位の姿勢で下着を下すと、タンポンの紐が見えます。もう性器の周囲は愛液でベトベトです。潤滑性を上げるためニトリルの手袋を嵌めた指にゼリーを塗ってあゆみさんの肛門に挿入します。肛門内を指が通過するだけであゆみさんは快楽の声を上げています。指が直腸内に侵入して直腸壁を弄るとあゆみさんは身を捩って快感に耐えています。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。37.3度だったので脇の下で計ると36.3度程度の平熱です。

次に導尿を行います。砕石位の姿勢になってもらいて尿道に12ftのカテーテルを挿入します。間もなく黄色い尿がコップに落ちていきます。今日は300cc弱の大量の尿が採取できました。排尿後、電マのフェアリーブラックエクシ-ドをカテーテルに当てて尿道を刺激します。あゆみさんは尿道も感じる様で悶絶しています。腰を浮かせて痙攣しているので相当気持ちいいみたいです。

今日は生理のため膣鏡は入れません。いきなり感度の検査です。先ほどのフェアリーブラックエクシ-ドをクリトリスに当てて刺激します。強烈な刺激にあゆみさんは「イク、イク!」と大絶叫してイキ続けています。それも10秒に1回位の短い間隔でイキ続けているので何度も何度もイッています。電マをウーマナイザーに替えてクリトリスを吸引します。これもまた相当気持ちいいみたいで何度も何度もイキ続けています。

「生理だけど出血が少なかったら指を入れてみようか」とタンポンを抜いたところ、あまり出血していません。指を入れても問題なさそうです。では、と膣内に指を入れてGスポットを指で刺激します。クリトリスにも負けない気持ち良さだったようであゆみさんは再びイクイク地獄へ。指をGスポットからポルチオに移動させるとポルチオも気持ち良くてこちらでもイクイクの連続。合計50回以上はイッていたと思います。

休憩の後は浣腸です。今日もグリセリン液50%で120ccの浣腸です。前回は我慢できずに3分で出してしまったので、今回は最低でも5分は我慢するように指示して浣腸を行います。今回も比較的早い時間に便意を訴えますが肛門をトイレットペーパーで押さえさせて我慢するように指示します。2分経った頃から便意が強くなったようなのでもも先生が代理で肛門を押さえます。あゆみさんに「浣腸は好きですか?」と聞くと「好きです」と答えます。かなり変態の領域に足を踏み入れているみたいです。何とか5分我慢できたあゆみさんですが、最後は6分15秒まで我慢できました。排便の許可が出たあゆみさんはベッド下に用意された便器にしゃがんでブリブリと排便を始めました。便秘の割には柔らかい便で、何度も肛門からにょろにょろと柔らかい便が排泄されていました。

最後にケリー氏式直腸鏡で直腸内を視診して今日の診察は終了です。

診察終了後は、逆にあゆみさんにナース服を着てもらい、逆診察を楽しみました。


さらに最後は診察後におせっくすをさせていただきました。おせっくすの時も、もも先生のオチンチンに突かれてあゆみさんは何度もイクイクと絶叫しておりました。

************************************************************************

もも先生からのお知らせ

責める/責められるの両方のプレイができるプレイパートナーを探しています。
比較的近くにお住まいで、できればナースさん。年齢的にラストチャンスかと思っています。

************************************************************************


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

京都の40代美熟女の診察 [2019/06/24 23:15] 未分類
0624aya.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は京都の40代美熟女一枝さんの診察です。一枝さんは肛門に興味があり、いろいろ調べた結果もも先生のサイトに辿り着いたみたいです。普段から便秘が酷く、自分で小さな浣腸を使ったこともあるそうです。残念なことに診察前に生理が始まってしまい、コンビニでタンポンを買って診察スタートです。

今日は精密健康診断の設定で診察を行います。最初に聴診を行いますが、心音はやや早い感じです。次いで検温を行います。ベッド上に膝胸位の姿勢で寝てもらいます。肛門の周囲を毛が覆っています。(今回は剃毛無しのため)ニトリルのグローブを嵌めた右手の人差し指が一枝さんの肛門に挿入されます。抵抗もなく指は肛門に入っていきます。しかし「5日便秘してる」と言う割には直腸に全く便がありません。かなり奥の方に溜まっているみたいです。指を抜いて体温計を挿入します。直腸温は37.3度でした。脇の下なら36.3度位だったでしょう。

次は尿検査、導尿です。12Frのカテーテルが砕石位になった一枝さんの尿道に挿入されます。以前手術した時に導尿で痛い思いをしたらしいのですが、今日は痛みもなく挿入できました。黄色い尿が採取できましたが量はほんの僅か。一枝さん曰わく普段から尿量が少ないそうです。

尿検査の次は膣の検査です。食寝のため、もも先生の人差し指と中指が一枝さんの膣に侵入します。Gスポットとポルチオに触れますが反応が薄いです。試しにクリトリスを刺激するとこちらはかなり反応が強いです。中の方は未開発みたいです。一旦指を抜き膣鏡を挿入します。今日はクスコ式膣鏡のMサイズです。開口した先に子宮口が綺麗に見えています。生理中のため経血が染み出しています。ファイバースコープで一枝さんにも膣内を見ていただきます。初めて見る自分の膣内の様子に一枝さんは興味津々です。

膣鏡を抜いて今度は感度の検査です。先程クリトリスの感度が高いことを確認していますのでいきなりのエース投入、ウーマナイザーでクリトリスを吸引します。普段は電マでオナニーをしている一枝さんですが、ウーマナイザーの強烈な刺激には耐えられず何度もウーマナイザーを手で払います。その度、何度もウーマナイザーを当て直されて一枝さんは息も絶え絶えになっています。Gスポットの反応が良くないのでオルガスターを使って一枝さんのGスポットとクリトリスを同時に刺激します。急激に感じる様にはならなかったものの、「なんとなく気持ちいい」ところまでは来たみたいです。アタッチメントをシナプスフェーズに換え、今度はポルチオとクリトリスの同時責めです。ポルチオはGスポットよりも反応がよく、最後は何度か中イキできるようになりました。

少し休憩した後は浣腸です。小さな浣腸したしたことのない一枝さんですが今日は50%グリセリン溶液を120cc浣腸します。ネラトンカテーテルが一枝さんの肛門に挿入され、グリセリン溶液が注腸されます。30秒ものしないうちに便意を訴える一枝さんですが、もも先生が許可するわけはありません。一枝さんはもも先生に肛門を押さえられて、約束の5分間我慢することができました。5分後、ベッド上で便器に跨がった一枝さんは一気に排泄を始めました。さっきは直腸内になかった便が大量に排泄されています。水分の少ないカチカチの便です。5分我慢することで大腸の奥から押し出されて来たのでしょう。

浣腸の後は肛門と直腸の検査です。まずは膝胸位の姿勢で触診です。もも先生の人差し指が一枝さんの肛門に挿入されます。痔になったことがないという肛門壁を指で触診します。肛門に興味のある一枝さんは「気持ちいい」そうです。さらに指を伸ばして直腸内を触診します。指先に液体感があるのでまだ浣腸液が残っていそうです。

指を抜いてケリー氏式括約筋鏡を肛門に挿入します。中筒を抜いて直腸内を視診します。再度ファイバースコープで直腸内の様子を一枝さんに見てもらいます。残念ながら便塊が邪魔をして今ひとつ観察しづらい状況でした。

************************************************************************
もも先生からのお知らせ

責める/責められるの両方のプレイができるプレイパートナーを探しています。
比較的近くにお住まいで、できればナースさん。年齢的にラストチャンスかと思っています。
************************************************************************


全身性感帯のアラフォー変態さんの診察 [2019/06/05 21:59] 未分類
ayako0605.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は長野県のアラフォー主婦有美さんの2回目の診察です。前回有美さんの変態性の高さには驚かされましたが、やはり女性は40歳前後が一番エロイ気がします。

今日の設定は、嫌らしい汁が止まらない、ということで受診に見えられた女性患者さんのストーリーです。まずは聴診を行います。心音は正常ですが、乳首に触れると大きくエッチな声を出しています。早速感じているみたいです。


直腸温を測定するためベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下げて陰唇を開くと、小陰唇の内側はもう愛液でベトベトになっています。大陰唇のあたりはまばらに毛が生えています。体温計を入れる前に肛門にゼリーを塗った指を挿入します。肛門に指が入った瞬間に感じた有美さんは高くつき上げたお尻を下げて悶えています。無視して指を直腸壁に滑らせます。肛門も直腸も感じる有美さんはひたすら悶えています。その上に指を直腸壁経由でGスポットやポルチオを狙いうちすると有美さんは手首を痙攣させて感じています。直腸内に便はありません。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。直腸温は37.3度。脇の下換算で36.6度ですから平熱です。(いつも思うのですが、体温計は肛門で止まっているのになぜ「直腸温」と呼ぶのでしょうか)

まばらに生えている毛を剃毛します。採石位になってもらい、T字剃刀で剃り上げます。Vラインだけ残してIラインとOラインは全て剃毛しました。綺麗になった陰唇を広げて導尿します。前回同様14Frのカテーテルを有美さんの尿道に挿入します。排尿量はあまりありませんでした。また、前回は相当尿道で感じていたので今回も、導尿後にカテーテルに電マを当てて尿道を刺激します。フェアリーブラックエクシードの回転数を上げると有美さんの喘ぎ声も比例して大きくなります。とても気持ちいいそうです。

次に本日の主体の検査に入ります。膣の検査です。最初に4弁クスコ式膣鏡のLLを有美さんの膣に入れて広げ、視診します。愛液で溢れかえっているためローションを塗らなくても膣鏡がするっと入ります。子宮口が見えたところでファーバースコープで画面に映し、有美さんに自分の膣内を見てもらいます。

視診の次は触診です。もも先生の人差し指と中指が有美さんの膣内に挿入されてGスポットを刺激します。有美さんは気持ち良さに耐えられない様子です。さらに奥のポルチオ付近も責めますが、また違う気持ち良さに有美さんは悶え続けています。指だけでなく器具も使いましょう。まずはウーマナイザーでクリトリスを吸引します。強烈な快感に有美さんは卒倒しそうになっています。続けて。電マ、フェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てて振動責め。クリトリスだけでは物足りないでしょうから、電マ、フェアリーファイブスターに装着したビッグオルガでクリトリスとGスポットの同時責め。有美さんは押し寄せる快感で手首を痙攣させています。さらにスライヴに装着したシナプスフェーズによるクリトリスとポルチオの同時責めも始まります。その上肛門にもも先生の指が入ってきました。3点責めです。有美さんはイキ続けています。さっきからずっと感じ続けています。いったん休憩しましょう。

休憩の後は浣腸です。今日もグリセリン50%で120ccを浣腸します。左側臥位の姿勢になってもらい薬液を直腸に注入します。全量が入れ終わると同時に排便を訴える有美さん。でももも先生がそんなに早く排便を許可するわけがありません。有美さんはもも先生に肛門を押さえられたままベッド上で5分間我慢するしかありませんでした。5分後に排便を許可された有美さんは寝たまま差込便器の中に排泄を始めました。次々と黄土色の便が便器に排泄されます。最後は柔らかい便がにょろにょろと肛門から排出され、便器は便でいっぱいになりました。

便意が落ち着いたところで肛門と直腸の検査を行います。まずは触診です。肛門には全く痔の形跡はありません。有美さんはまたも悶えています。次に直腸壁を触診します。ぬめぬめと柔らかい直腸壁を指が這うたびに有美さんは喘ぎ声を出して悶えています。

指をぬいて肛門鏡を挿入します。まずは特大のチェルシーイートイン式の肛門鏡を挿入します。苦も無く有美さんの肛門はこの大きな肛門鏡を飲み込んでしまいます。さらに大きなチェルシーイートイン式の肛門鏡も余裕で入ります。ここでまたファイバースコープの画像を画面に映して直腸内の映像をリアルタイムで有美さんに見てもらいます。直腸の中に残っている小さな便塊等が観察できました。

肛門鏡を抜いて肛門の中にゴムスティックを入れましょう。大量に用意されたスティックが出し入れされる度に有美さんは愉悦の声を上げています。さらに電マのアタッチメント、シナプスヴォーグでクリトリスとポルチオと肛門を同時に責められる有美さん。その上乳首も同時に舐められているので全身が感じて痙攣が止まりません。

最後におせっくすをさせていただいてプレイは終了しました。やはり有美さんは変態さんでした。

多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。浜松近郊だったら尚良しです。


20代100回以上イキ続けた患者さんの診察 [2019/05/06 23:22] 未分類
ayumi0506.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知の20代女性、あゆみさんの再診です。前回は生理中の診察だったため診察内容に制限がありましたが、今日は生理でないので通常の診察ができます。

前回の診察で肛門の気持ち良さに目覚めたあゆみさんはから依頼のあった設定は「座った時とかに肛門に違和感があるので診てください」でした。その設定で診察を開始します。服を脱いでもらい、大きなオッパイとご対面です。心音は問題がありません。乳首は心なしか勃起している様に見えます。乳首を触るとすぐに反応します。あゆみさんは感じて悶えています。かなり気持ちがいいみたいです。

次に検温のためベッドで膝胸位の姿勢になってもらいます。パンツを下げて陰唇を広げると膣の中はベトベトに濡れています。この愛液をゼリー代わりにしてグローブをはめた指に塗り、あゆみさんの肛門に挿入します。微妙な感触が気持ちいいみたいであゆみさんは声を出して悶えています。指をGスポットの方に曲げて直腸からGスポットを刺激すると、あゆみさんは「お●っこ出そうです」と絶叫しています。指をさらに奥に入れて直腸を触るとこれまたあゆみさんは気持ちいいみたいで悶えています。直腸壁だけではなくポルチオ付近も強く刺激するとこれまた気持ちいいみたいであゆみさんは感じています。直腸内には少し柔らかい便塊があるようです。指を抜くと指先に軟便がベットリと付着しています。入れ違いに体温計を肛門に挿入します。37.4度なので脇の下換算で36.4度、平熱です。

今回は自分で剃毛してきた様なのですぐに導尿することにします。陰唇を開いて尿道に12ftのカテーテルを挿入します。コップの中に排尿されてジョボジョボと音がします。100cc程の尿が採尿できました。

次に膣の検査です。まずは膣鏡をあゆみさんの膣に挿入します。幅の広いスライド式膣鏡は少し痛かったみたいなのでクスコ式膣鏡のMサイズを使います。膣を広げると子宮口が確認できます。ワイヤレスのファイバースコープを使ってあゆみさんにもリアルタイムで自分の膣の中を見てもらいます。

膣鏡を抜いて触診を行います。もも先生の指があゆみさんの膣内に挿入され、Gスポット付近を刺激します。やはりお●っこが出そうになったみたいであゆみさんは絶叫しています。「イク、イク!」と何度も絶叫して何度もイッてました。そのまま指を奥に入れ、ポルチオ付近を刺激します。やはり気持ちよくなった様でポルチオでもイキ続けています。クリトリスも刺激しましょう。ここからは器具を使います。まずはウーマナイザーでクリトリスを吸引します。余りにも気持ちよすぎで、ウーマナイザーを当てた5秒後には「イク~!」とイッてしまい、その後も数秒毎にイキ続けています。瞬殺とはこのことです。さらに電マにアタッチメントを付けて中も刺激しましょう。最初にオルガスターを電マスライヴに取り付けてクリトリスとGスポットを同時に刺激します。かなり気持ちいいみたいで何度も何度もイキ続けています。途中、意地悪をしてイク直前にスイッチを切ると「止めないでください」とおねだりするあゆみさん。アタッチメントをシナプスフェーズに代えてクリトリスとポルチオの同時刺激に切り替えると、さらに気持ちいいみたいで何度もイキ続けます。途中からイク速さに拍車がかかり、10秒に1回のペースでイキ続けています。100回程イクまで快楽責めは終わりませんでした。

少し休憩して浣腸を行います。今日は前回と同じグリセリン液50%で120ccの浣腸です。左側臥位で200ccのガラス浣腸器を使いグリセリン溶液を注腸します。グリセリン液が全部入りきらないうちに便意を訴えるあゆみさん。もも先生に肛門を押さえられているので我慢するしかありません。3分我慢したところで耐えきれず、ベッド上の便器に排泄してしまいました。完全にしゃがまないうちに漏らしてしまったので最初の一撃は浣腸液、便共に便器を外してしまいます。機転を利かせてペットシーツをくいっと持ち上げて浣腸液と便を受け止めます。何とかベッドのシーツを汚さないですみました。

排便後は肛門と直腸の検査です。まずはもも先生の指を膝胸位になったあゆみさんの肛門に入れて肛門壁を触診します。痔核はありません。そのまま指を直腸壁に移します。指がどんどん直腸の奥に進みます。あゆみさんは直腸の奥も感じる様です。もも先生の指は長いのでこういう時に便利です。さらに直腸経由でGスポットやポルチオを刺激します。とても気持ちいいみたいであゆみさんはずっと悶えていました。

指を抜いてケリー氏式括約筋鏡をあゆみさんの肛門に挿入して直腸壁を視診します。あゆみさんにもファイバースコープを使って自分の直腸や肛門壁の様子を見ていただきました。

最後にアナルビーズを何種類か肛門に挿入して肛門内の感覚を楽しんでいただき、診察はこれで終了となりました。

今日は診察後におせっくすをさせていただきましたが、あゆみさんのフェラチオはとても丁寧で上手!長時間舐めていただきとても気持ち良かったです。

************************************************************************

もも先生からのお知らせ

責める/責められるの両方のプレイができるプレイパートナーを探しています。
比較的近くにお住まいで、できればナースさん。年齢的にラストチャンスかと思っています。

************************************************************************


全身性感帯の40代OLの診察 [2019/04/08 23:22] 未分類
r3.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は神奈川県の40代OL、真希さんの診察です。お会いした真希さんは40代には見えない綺麗な方でした。真希さんは昔はSMっぽいプレイもしたことはあるそうですが、浣腸はお湯しか体験したことがないそうです。また、尿道に綿棒を入れられたり(衛生的に危険ですから止めましょう)したこともあり、尿道が感じるということです。

聴診から入りますが、上を全て脱いでいただくとバランスの良いオッパイが登場です。心音は驚くほど速いです。乳首が最初から立っているので触ってみるとかなり感じています。乳首だけでイケるそうで相当乳首の感度が高いみたいです。昨夜の菜那香さんといい、二日続きで乳首の感度が高い患者さんで嬉しい限り。

次に検温を行うためベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下げると永久脱毛中のためIラインとOラインには毛がありません。ニトリル手袋を着用してゼリーを塗り、指を真希さんの肛門に挿入します。指が直腸まで進入して直腸壁を捉えます。診察前に「肛門からのポルチオ刺激に興味がある」と聞いていたので直腸経由でGスポットやポルチオを刺激します。かなり感じる様で絶叫して快感に耐えています。指を抜いて体温計を真希さんの肛門に挿入します。37.0度でしたので脇の下換算では36.0度、ほぼ平熱です。

検温の次は導尿です。導尿の経験があるということで今日は14Frのカテーテルを使用します。スムーズに挿入されたカテーテルから尿が排出されます。チョロチョロと流れる尿はとどまるところを知らず、最終的に300ccほどの量が採尿できました。尿道が感じると聞いていたので、カテーテルに電マを当てて尿道に振動を伝えます。すると真希さんは押し寄せる快感に悶えて感じています。ここまで尿道が感じる患者さんは少ないてす。長時間振動させ続けましたが、その間真希さんはずと感じていました。

導尿がおわると膣の検査です。まずは触診です。手袋の指にゼリーを塗って膣内に指を入れます。最初はGスポットを狙います。「オ シッコ漏れます~」と感じて必死になっている真希さん、かなり感じています。「イク、イク、」と何度もイキ続けていました。指をポルチオに移動させて刺激を続けます。ポルチオも相当感じる様でこちらでもイキ続けています。一旦指を抜いて視診を行います。クスコ式膣鏡のLサイズを真希さんの膣に入れて広げます。綺麗なピンク色の膣壁と子宮口です。ワイヤレスのファイバースコープを使って真希さんに自分の膣内を見ていただきます。

膣鏡を抜いた後は徹底した感度の検査を行いました。まずはクリトリスから。ウーマナイザーを使って真希さんのクリトリスを吸引します。最初は??という感じでしたが、だんだん感じてきて最後はイッていました。次にオルガスターを電マスライヴに取り付けてクリトリスとGスポットの同時刺激です。これは大ハマリで、真希さんは足をピンと伸ばして体を小刻みに震わせながら「先生、イッちゃいます」と言ってイキ続けています。たまに同時に乳首も責められると、その時は更に絶叫して感じている真希さん。数え切れないくらいイキ続けた真希さんですがアタッチメントをシナプスフェーズに代えてクリトリスとポルチオの同時刺激に切り替わったら、オルガスター以上に感じてイキ続けています。見ていて壊れるのではないかと思うほどに体の痙攣が連続しています。その後もアタッチメントをアイリーコネクト、OOGA Touchと交換して責め続けましたが、真希さんはずっとイキ続けていました。

普段おせっくすはプレイ終了後に行うのですが、今日は「浣腸の後だと挿入中にトイレに行きたくなったら嫌だから」ということでこの時点でおせっくすをさせていただきました。さすがベテラン、気持ちのいいおふぇらやおせっくすをしていただきました。

おせっくすの後は肛門と直腸の検査です。最初は触診です。ゼリーを塗った指を真希さんの肛門に挿入し、グルグルと回しながら直腸壁を目指します。検温時に反応があった、経直腸でGスポットを刺激するポイントを責めます。速攻で感じている真希さんですが、ポルチオ周辺を責め出すと、さらに気持ちよくなったみたいで体を震わせながら全身で感じています。指を抜いて視診を行います。ケリー氏式括約筋鏡を真希さんの肛門に挿入し、直腸壁を視診します。直腸壁と直腸壁の血管が綺麗に見えます。そこでまた真希さんにはファイバースコープの画像で自分の直腸内の様子を見ていただきました。

最後に浣腸を行います。今日の浣腸も濃度50%のグリセリンを120ccです。真希さんには左側臥位に寝てもらい、肛門にネラトンカテーテルを挿入します。浣腸液を注入すると10秒も経たないうちから真希さんは「出る出る」と大騒ぎしますが、もも先生に肛門を押さえられているので排泄することができません。1分30秒のあたりから、真希さんは右手でクリトリスを触りだし、オナニーを始めました。「お腹痛いけど気持ちいい…」と何度もつぶやきながら真希さんは5分間の我慢に成功し、5分後にはベッドの上で豪快に放屁音とともに排泄を始めました。

今日の診察は以上です。

多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。浜松近郊だったら尚良しです。

20代OLのお泊り診察 [2019/04/08 23:14] 未分類
s2.jpg


<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

昨日は千葉県の20代OLの菜那香さんの診察です。菜那香さんは好奇心で浣腸した時に快感を覚えたらしく、5個入りの浣腸をほとんど使い切ったそうです。とても可愛らしいお嬢さんですが、かなりの変態さんかもしれません。今日は深夜スタートのお泊まり診察です。

最初の聴診で菜那香さんが上を全部脱ぎます。立派な張ったオッパイに聴診器を当てると、心音は正常です。乳房のシコリの検査をしている時に手が乳首に当たると菜那香さんは大きく喘いで乳首が立ってきます。気持ちいいということでかなり乳首の感度が良い様です。

次に検温を行うためにベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下ろすとそこには愛液でベトベトに汚れた性器が。かなりエッチなことを考えていたのでしょう。肛門は皺のバランスがとれた、とても綺麗な形をしています。体温計を入れる前に菜那香さんの肛門壁にゼリーを塗ります。ニトリルの手袋を嵌めた指にローションを塗って指を菜那香さんの肛門に挿入します。菜那香さんは大きく喘いで感じています。聞いてみると肛門もかなり気持ちいいそうです。指を回したり直腸壁を刺激したりしてみると、都度菜那香さんは喘いでいます。指を抜いて体温計を菜那香さんの肛門に挿入します。細い体温計の先が入っただけで菜那香さんは喘いでいます。相当肛門の感度がよろしい様です。検温の結果は36.9度。脇の下換算で35.9度ですのでやや低めです。

次は導尿ですが、導尿前に剃毛を行います。採石位に寝てもらい観察すると、3日前に剃ったらしくほとんど陰毛はありませんてしたが、伸びた部分を剃り上げました。陰唇があまりにも愛液でドロドロのため、ティッシュで一度愛液を拭います。スワブスティックで尿道口付近を消毒して、12Frのカテーテルを菜那香さんの尿道口に挿入します。間もなくチョロチョロと排尿が始まり、コップに濃いめの尿が採取できました。導尿後、尿道に入ったままのカテーテルに電マを当てて尿道に刺激を与えると、菜那香さんはこの刺激にもかかなり反応しています。本当に菜那香さんは全身が性感帯の様です。

カテーテルを抜いて膣の検査を行います。まずは触診。手袋を嵌めた指で菜那香さんの膣の中を検査します。指がGスポットに当たると菜那香さんは歓喜の声を上げています。さらにポルチオの付近を刺激するとこちらもかなり反応があります。子宮口はかなり下りてきています。かなり興奮されているのでしょう。一旦指を抜いて膣鏡を菜那香さんの膣の中に挿入します。今日の膣鏡はクスコ式膣鏡のMサイズです。広げると子宮口がバッチリ見えます。ここでワイヤレスのファイバースコープを使って菜那香さんに自分の膣の中を見てもらいます。初めて見る自分の子宮口や膣壁にどんな印象を持たれたのでしょうか?

膣鏡を抜いて今度は感度の検査です。まずはクリトリスにいきなりウーマナイザーを当てます。これは感じてはいたものの予想よりは弱い反応でした。菜那香さんのクリトリスはとても小さく可愛らしいものなので、当たりが良くなかったのかもしれません。そこでウーマナイザーの代わりに電マ、フェアリーミニファイブスターで菜那香さんのクリトリスを責めます。この電マは一定のパターンの振動を繰り返し与えることができる、アダルト専用の電マです。菜那香さんはやがて「イキます~」と言ってイッてしまいました。まだまだ続きます。クリトリスとGスポットを同時に責められる電マのアタッチメント、OOGA Touchを使います。Gスポットがすごく感じる菜那香さんは振動がONになた瞬間に飛び跳ねるように感じています。さらにアタッチメントをオルガスターに代えてやはりクリトリスとGスポットを責めます。菜那香さんはまたもイッてしまいました。まだまだ終わりません。アタッチメントをシナプスフェーズに代えて今度はクリトリスとポルチオを責めます。さらにもも先生の指が菜那香さんの肛門に入ってきました。指が肛門に進入してきた瞬間に菜那香さんはビクッと反応します。そのまま、またもイッてしまいます。

少し休憩した後に肛門と直腸の検査を行います。再び膝胸位の姿勢になてもらいます。指を菜那香さんの肛門に挿入し、肛門壁と直腸癖を丹念に探っていきます。肛門と直腸が感じる菜那香さんは悶絶しています。直腸内には便は無さそうです。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を菜那香さんの肛門に挿入します。直腸壁が視診できます。さらに視野が広い括約筋鏡を挿入します。この時に再度ファイバースコープで自分の直腸壁を菜那香さんに見てもらいました。さらにもっと太い特大のチェルシーイートン式の肛門鏡も入ってしまいました。こちらは更に視野が広いので直腸壁の観察が容易です。この状態でもファイバースコープで見ていただきました。直腸壁の血管まで綺麗に見えています。

最後に浣腸です。今日の浣腸は濃度50%のグリセリンを120ccです。左側臥位に寝た菜那香さんの肛門にオレンジ色のネラトンカテーテルが挿入されます。200ccガラス浣腸器のピストンが押されて薬液が直腸に注入されるとすぐに便意に襲われた様です。もも先生に肛門を押さえられてしばらく我慢していた菜那香さんですが、3分ほど我慢したところでベッド上の便器に排泄してしまいました。ブリブリと大きな放屁音の後に小さな便塊が排泄されています。

診察はここで終了ですが、寝る前におせっくすをさせていただき、抱き合って腕枕したままお泊まりしました。お泊まり診察はのんびりできていいですね。

多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。浜松近郊だったら尚良しです。


PC用浣腸ソフト ヴァーチャル浣腸・オムツ学園~後編~が完成しました [2019/03/26 22:51] 未分類
figpeach softwareのPC用浣腸ソフト ヴァーチャル浣腸・オムツ学園~後編~が完成しました。
本日より販売サイトの方で販売開始しました。

最初はFANZA(元DMM)のみの限定販売となります。
om2sample1.jpg
om2sample2.jpg
om2sample3.jpg


千葉県30代OLの診察 [2019/03/03 23:14] 未分類
RIMG0017b.jpg



<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は千葉県の30代OL、真菜さんの診察です。真菜さんは昔から医療プレイに興味を持たれていらっしゃったようですが、ようやく勇気を出して受診されました。今までイッたことがなく、気持ちがよくなると逃げてしまうそうです。今日は病院の処置の様に淡々と診察してほしいというリクエストがありました。

まずは聴診を行います。立派なオッパイで、30代にしてはかなり張りがある良いオッパイです。聴診器を当てるとやや鼓動が早く感じられます。

次に検温を行います。ベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらい、下着を下げます。性器はほぼ剃毛されておりツルツルになっています。陰唇からは既に愛液が流れ出し、垂れてきています。手袋を付けた指にゼリーを塗り、真菜さんの肛門に指を挿入し入れます。「気持ち悪い…」そうです。昨晩排便があったとのことで直腸の中は空でした。指を抜いて入れ違いに体温計を挿入します。体温計の表示は37.3度なので、腋の下換算だと36.3度、平熱です。

今度は採石位の姿勢になってもらい、剃毛を行います。ほとんど剃れていたので、Vラインのみ軽く剃り揃えました。剃毛の後は導尿です。真菜さんは導尿は初体験の様です。12Frのカテーテルを尿道に挿入します。10cmほど挿入すると尿が排出されてきました。診察前に尿を溜めてもらっていたのでたくさん出ます。ほぼ400ccほど採尿できました。カテーテルを抜く前に電マを当てて尿道を刺激します。振動が伝わった瞬間に真菜さんの表情に変化があり、呻き声が漏れ始めました。どうしたのか聞いてみると「気持ちいい」そうです。真菜さんは尿道が感じる様です。

カテーテルを抜いて膣の検査を行います。まずはコリン式膣鏡で膣を左右に開きます。かなり開けられたので子宮口がハッキリと見えます。ここでファイバースコープを用いて自分の膣の中を真菜さんに見ていただきます。自分の膣の中を見るのは初めてだそうです。(そうでしょうね)膣鏡を抜いてもも先生の指を膣に入れ、触診を行います。最初にGスポット付近を刺激します。ここでは尿道よりも大きな反応がありました。かなり気持ちいい様です。さらに指を奥に入れてポルチオ周辺に刺激を与えます。ポルチオではさらに大きな反応があります。(喘ぎ声の大きさは一番でした)さあ、イッたことのない真菜さんにイッてもらいましょう。まずはウーマナイザーを用意します。患者様からは大変好評の器具で、7割位の方が潮をふくというとんでもない器具です。ウーマナイザーをクリトリスに当てて吸引します。強烈な刺激に真菜さんは体を捩って逃げようとします。しかしもも先生は当てた器具を離しません。真菜さんの体の1/3がベッドから落ちた状態でも、ウーマナイザーはクリトリスに吸着したまま。苦しい姿勢のまま、真菜さんはイッたそうです。(本人談)この時点で真菜さんがかなり体力を消耗していたので少し休憩です。休憩した後は電マのアタッチメント、OOGA touchでクリトリスとGスポットの同時責め。さらにシナプスフェーズでクリトリスとポルチオの同時責めを行いました。

さらに休憩をはさんだ後、肛門の触診を行います。もも先生の指が真菜さんの肛門に入っていきます。かなり狭い肛門です。さらに指を奥に入れて直腸壁を触診し、直腸壁の向こうにあるポルチオを刺激します。かなり気持ちいいみたいで、真菜さんの口から喘ぎ声が漏れてきます。さらに指の位置を移動させてやはり直腸壁経由でGスポットを刺激します。こちらはさらに気持ち良かった様で声も大きく出ています。

指を抜いた後は浣腸です。真菜さんは便秘の時にイチジク浣腸を使ったことがあるそうですが、今日はグリセリン液50%で120ccの浣腸になります。200ccのガラス浣腸器に入れたグリセリン液が真菜さんの直腸に飲み込まれていきます。すぐに弱音を吐くかと思いましたが、効いているとは言うものの4分くらいまでは肛門を押さえずに、無言で便意に耐えていました。しかし、4分ほど経ったところで「もう我慢できない」というので、もも先生が真菜さんの肛門を押さえました。真菜さんは頑張って5分間便意に耐えて、ベッドサイドに置いた便器にグリセリン液を排泄しましたが、便は出ませんでした。


多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。できれば東海地方であればベストです。


京都20代ナースとお泊り医療プレイ [2019/03/02 09:26] 未分類
yuka0228.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は京都の20代現役ナース、由香さんの2回目の診察です。今回はお泊まり診察です。由香さんはまだ男性経験がないのでプレイ内容は少し限定的なものになります。しかし、今回は事前に「膣の中に指を入れて下さい」とのリクエストがありました。なので膣鏡もSSSサイズの極小のものも使いましょう。

今日も腹痛の外来患者さんの設定でプレイを開始します。最初は聴診です。服とブラジャーを脱いでもらうと、前回と同じ健康的な小麦色の肌。バランスの良い形のいいオッパイに聴診器を当てます。心音は正常です。

次に直腸温測定を行います。ベッドに膝胸位になってもらい、セクシーなレースの下着を下げます。エステで脱毛しているようで、性器の周りには陰毛がありません。前回同様、小陰唇から愛液が溢れて肛門周囲まで愛液まみれです。さらに膝胸位の姿勢を保っていると、陰唇から下着にかけて溢れた愛液が垂れて糸を引いています。指にゼリーを塗って肛門に挿入すると、由香さんは「気持ち悪い」と言いますが、本当は気持ちいいのでしょう。肛門の締まりはかなり良いです。指を肛門からさらに先に進め、直腸に移行します。直腸下部は硬い便で埋め尽くされていました。これでは直腸壁を触れません。指を抜いて肛門に体温計を挿入します。直腸温は36.9度。脇の下換算で35.9度、やや低体温です。

次に導尿を行います。前回の診察時は膀胱が空で尿がほとんど出なかったので、今回はたくさん溜めて尿意を我慢しながら来てくれました。砕石位で寝てもらいましたが、やはり前回同様大陰唇は愛液まみれで滑ってしまうため、一旦ティッシュペーパーで陰唇を拭いた後に左右に広げます。今回は前回よりも少し太い14Frのカテーテルを使用します。床材の尿道にカテーテルが入ると、間もなく採尿コップに排尿が始まりました。溜めていただけあって、尿量は相当なものです。ほぼ350ccくらいの排尿量でした。

次は感度の検査を行います。最初は指でクリトリスを刺激します。前回同様「くすぐったい」と言って逃げようとしますが押さえつけて刺激を続けます。さらに電マ、フェアリーブラックエクシードでクリトリスを責めます。かなり弱い振動ですが、それでも慣れていない由香さんにとってはかなり強い刺激の様で、「気持ちいい」と喘いでいます。電マをウーマナイザーに持ち替えてクリトリスを責め続けます。強烈な吸引にベッドの上を転がるように逃げ惑う由香さん。暴れるのでテを拘束した上で再度ウーマナイザーで責め続けます。逃げられなくなった由香さんは快感からも逃げられなくなり、ペットシーツに潮を吹いていました。さらに責めは続きます。いよいよ、もも先生の指が由香さんの膣に侵入します。処女膜を破らないように慎重に指を挿入します。指を挿入後、Gスポットを刺激すると、初めての快感に由香さんは悶絶しています。恥ずかしがり屋の由香さんですが、「気持ちいい、気持ちいい」と悶えています。指を抜いて膣鏡を入れます。クスコ式のSSSサイズで、とにかく小さい膣鏡です。私の人差し指と同じく位の太さですので、指が入ればこの膣鏡も入るでしょう。「痛くないですか?」と聞きながら慎重に膣鏡を奥の方まで挿入します。そして徐々に開口します。意外とスムーズに膣を開くことができました。ファイバースコープで膣内を映し出し、由香さんに自分の膣内をリアルタイムで見ていただきます。子宮口まで綺麗に見ることができました。初めて見る自分の膣内に由香さんは興味津々です。あと、処女の子に使えるか微妙な大きさだった電マのアタッチメントOOGA touch、無事膣内に入りました。この後、由香さんは長時間この玩具でクリトリスとGスポットを責められていました。

休憩の後は浣腸です。由香さんは時々自分で浣腸している様ですが、あまり我慢できない様です。今日はもも先生が肛門を押さえるので大変だと思います。今日の浣腸はグリセリン50%溶液を120ccです。由香さんの病院では、ディスポの浣腸は150ccのものを使う病棟があったり、プラスチックの注射器にカテーテルを接続して浣腸することもあるそうです。また、今日はゆかさんのリクエストで紙おむつを使います。先に紙おむつを敷いて、足を持ち上げた膝胸位の姿勢でカテーテルを由香さんの肛門に挿入します。浣腸後直ぐに便意を訴えてトイレに行きたいと懇願する由香さんですが、もも先生が許すはずがありません。ずっと出る出ると大騒ぎしていた由香さんですが、頑張って5分我慢することができました。お尻にベッタリと絡みつくグリセリン液の感触に由香さんは「気持ち悪い」と訴えます。でも自分から紙おむつを着けたいと言い出したので仕方ないですね。紙おむつを開いてみるとグリセリン液しか排出されていません。寝たままでは腹圧がかけられないので排便が難しい様です。その後トイレに連れて行くと、ぶりぶりと大きな放屁音と共に排泄を繰り返していました。

お腹の中が綺麗になったので肛門と直腸の検査を行います。まずは触診のために、もも先生の指が由香さんの肛門に挿入されます。由香さんの肛門は締まりは抜群にいいのに伸縮性に富んでいて太い肛門鏡を楽に飲み込める素晴らしい肛門なのです。指が由香さんの肛門内でぐりぐりと回されています。肛門好きの可愛い変態さんである由香さんは悶絶しています。指をさらに伸ばして直腸壁を捉えます。さっきまでは大量の便塊が入っていたので触れなかった直腸壁を触られて由香さんはまたも悶絶。さらに、もも先生の得意技で直腸壁経由でポルチオを狙って責める技が炸裂すると、由香さんは我慢できずに「気持ちいい~!気持ちいい~!」と腰を上下させて喘いでいます。続けて直腸経由でGスポットを責める技に移行すると「オシッ コが」出ちゃう!と大騒ぎです。指を抜いて肛門鏡を挿入します。

最初はケリー氏式の短い肛門鏡(医療プレイ店で働いていたYナースさんからいただきました)を使います。この肛門鏡は先が細くて、だんだん太くなっていくタイプのものです。由香さんの肛門は難なくこの肛門鏡を飲み込んでしまいます。次に特大のチェルシーイートン式肛門鏡を入れますが、これも由香さんの肛門は躊躇なく飲み込んでしまいます。さらにもっと大きなチェルシーイートン式肛門鏡(前回の診察では、これが気持ちよかったみたいです)を挿入しますが、やはり由香さんの肛門は何の抵抗もなく飲み込んでしまいました。肛門鏡で直腸内を視診する度に直腸奥からグリセリン液と便が降りてくるので(ちょうど直腸内を見た瞬間にゴボゴボとS字結腸から流れてくる)何度もトイレに行ってもらいました。直腸内の様子は再度ファイバースコープで由香さんに見ていただきました。

その後、ゴムスティックで肛門と直腸に刺激を与えると、由香さんは何度も何度も肛門と直腸の快楽に歓喜の声を上げていました。

診察の第一部はこれで終了です。お好み焼きを食べに行って第二部の開始。第二部は、もも先生が患者役です。桃色のナース服を着た由香さんにタップリと浣腸や前立腺で責めていただきました。

さらにゆかさんのへの責めも追加で行いました。ケリー氏式の肛門鏡が気持ち良かったと言うので入れてみたり、クリトリスをクンニしたり膣からのGスポット責め、肛門からのポルチオ責め、Gスポット責め、肛門からのゴムスティック責めなども行い何度も何度も快楽の海で溺れていただきました。翌朝も朝から同様に責め続け、2日間、徹底的に快楽責めを体験していただきました。時間に余裕のあるお泊まり診察は最高ですね。


多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。


医療プレイ好き女性への診察 [2019/02/11 19:11] 未分類
ni0209a.jpg
今日は兵庫のアラフォー初診患者、未玖さんの診察です。未玖さんはアラフォーとは思えない、ロリ顔でなんとも可愛らしい方でした。23歳と言われたらそのまま信じてしまうほど幼い顔立ちです。セーラー服着てたら17歳と言われても信じてしまいそうです。昔から医療プレイに興味があり、何度か医療プレイの経験があるそうです。膣の中で感じたことも無いそうなので、感じていただけるようにしたいのですが、膣と肛門が極端に狭く痛みを感じる(タンポン位のものしか入らないかも…とか)とのことでしたので、困難が予想されます。

まずは聴診から入りますが、ブラの下から現れたのは巨乳!見事なマシュマロオッパイです。心音は正常ですが、少し鼓動が速い様です。乳首を触るとすぐに勃起して、喘ぎ声を出す未玖さん。乳首の感度は良さそうです。次に検温です。直腸温測定のためなにベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下げると綺麗な肛門様と御対面です。大きな形の良いお尻が素敵です。最高に良いお尻。あまりにも素晴らしいダイナミックなお尻(ゆづさん以来)なので、今回はオマケ画像も用意しました。

ni0209b.jpg


この時点でスマホに接続したファイバースコープで未玖さんの肛門をスマホ画面に写して自分の肛門を見てもらいます。未玖さんは、自分の肛門を見るのは初めてだったようです。体温計を入れる前に肛門に指を挿入します。指が肛門に侵入してくると未玖さんは「気持ち悪い…」と呟きます。さらに指を奥に伸ばし、直腸壁を触ります。こちらも気持ち悪がっています。直腸の中には便は無い様です。肛門から指を抜いて、代わりに体温計を挿入します。体温計の表示は36.9度。脇の下換算で35.9度位なので低体温です。

次は剃毛です。体位を採石位に変えて陰唇周りの毛を剃ります。剃る時に左手で陰唇を押さえると、クリトリスが圧迫されて気持ちがいい様です。さらに膝胸位に戻して肛門周りも剃毛します。肛門周りはほとんど毛が生えていません。

陰唇周囲が綺麗になったところで導尿します。陰唇を開いて未玖さんの尿道に12Frのカテーテルを挿入します。間もなくコップにチョロチョロと尿が排出されます。排尿後にカテーテルに電マを当てて尿道に刺激を与えます。未玖さんは初めての刺激に快感を感じている様子です。カテーテルを抜く前に、再度ファイバースコープで「カテーテルが挿入されている尿道」を写して未玖さんに見てもらいます。自分の尿道を見ることすら初めてだった未玖さんは、カテーテルが挿入されている自分の尿道にビックリです。

導尿の次は膣の検査です。狭くて太いものが入らないと聞いているので緊張します。まずは人差し指だけを入れてみます。確かに狭そうです。これだけだと痛みはないみたいですが、気持ちよくはならないみたいです。そのままGスポット付近を刺激してみますが、痛くなると申し訳ないので力加減が難しい。ポルチオも同じで、久しぶりに敗北感を味わいました。(涙)指を抜いて膣鏡を入れます。今日はクスコ式のSSを使います。このサイズなら広げても痛くないみたいです。(そのかわり視野は狭い)再びファイバースコープで膣の中を撮影し、未玖さんにスマホで見てもらいます。「何が何かよくわからん(笑)」ということでしたが、初めて自分の膣の中を見てもらえました。後で聞いたのですが、膣の中を見られるのが一番よかったそうです。膣鏡を抜いた後はノギスで小陰唇の大きさや厚みを測定しました。

次に感度の検査を行います。クリトリスを指で転がすと気持ちいいみたいで、未玖さんは喘いでいます。指を電マに替えてクリトリスに当てます。これも気持ちいいみたいです。さらに電マをウーマナイザーに替えます。これはやはり強力に気持ちいいみたいです。未玖さんは「吸ってる!吸ってる!」と大騒ぎです。そのうちに「イク、イク!」と何度もイッてました。

少し休憩してから浣腸を行います。今日はグリセリン50%溶液を120cc浣腸します。200ccガラス浣腸器にグリセリン液を詰めて未玖さんの肛門から直腸に注腸します。浣腸後1分位で出したいと訴える、浣腸が苦手の未玖さん。もも先生が未玖さんの肛門を押さえますが、押さえてるペーパーと肛門の隙間からガスが漏れてきます。我慢できそうに見えなかったので、未玖さんの腰の下に差込便器を入れます。頑張って我慢していた未玖さんでしたが、4分40秒くらいで便器に排便してしまいした。最初に茶色く濁ったグリセリン液が排泄され、続いて茶色く柔らかい便が漏れてきます。さらに泥状の便がニョロニョロと。匂いを嗅いでみましたが、なかなかキツい匂いがします。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まずは指を未玖さんの肛門に挿入します。右手の人差し指で未玖さんの肛門壁を弄ります。やはり気持ち悪いみたいです。直腸壁も指で弄りますが、こちらも気持ち悪がっています。次にケリー氏色直腸鏡を肛門に挿入して直腸壁を視診します。綺麗な直腸壁が観察できました。

診察後、ナースさんではない未玖さんですが、もも先生に浣腸してくれました。

最後に少しだけですがおせっくすもさせていただきました。未玖さんは腰を痛めてるとのことで、足を上げる姿勢が痛いみたいでしたので、数回出し入れした後にすぐに抜いて、フェラと手でイカセていただきました。満足!