FC2ブログ

プロフィール ×

もも先生

Author:もも先生
もも先生は浣腸と医療プレイの先生です。

浣腸や医療プレイに興味のある女性は(下のメールアドレスをクリック)

doctor@figpeach.com

あるいはLINE ID:figpeach
(下のLINKをクリック)

http://line.me/ti/p/k0quccK-hr

 あるいはKAKAO ID:figpachまでお気軽にお問い合わせ下さい。


男性の診察や、男性の補助は一切募集しておりません。LINEなどに連絡をいただいてもお返事できません。

最近は類似のサイトやブログが増えておりますが、ご混同されない様にお願いします。


メールフォーム ×
もも先生にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

検索フォーム ×

QRコード ×
QR

リンク ×
このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示 ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる



 もも先生の診察室ブログ 
医療プレイと浣腸に関するブログです  sinse 2004


PC用浣腸ソフト ヴァーチャル浣腸・オムツ学園~前編~が完成しました [2018/12/15 18:26] 未分類
figpeach softwareのPC用浣腸ソフト ヴァーチャル浣腸・オムツ学園~前編~が完成しました。
本日より販売サイトの方で販売開始しました。

最初はFANZA(元DMM)のみの限定販売となります。

vtak1_samp0.jpg

vtak1_samp1.jpg

vtak1_samp2.jpg


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

LINEのID検索ができるようになりました [2018/11/25 22:01] 未分類
今まで契約キャリアの関係でLINEの年齢認証ができておらずID検索ができなかったのですが、先ほど年齢認証が完了しました。(わざわざこのためにLINEモバイルのSIMカードを買いました) 今までID検索できなかった方も試してみてください。ID=figpeach です。

岐阜県30代主婦の診察 [2018/11/04 20:30] 未分類
Image4.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は岐阜県の30代主婦藍さんの診察を行いました。SMとかには興味はなく、注射などに興味があるそうです。

いつもの様に聴診から入ります。形の整った乳房に聴診器を当てます。心音は正常です。乳首の色も薄くとても綺麗なオッパイです。次に直腸温を測定するためにベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を降ろすと永久脱毛中のツルツルの性器にご対面です。まだ痔になったことがないという肛門にゼリーを塗った指を挿入します。肛門にモノを入れたことがないという藍さんは初めての感覚に身を捩っています。2日ほど排便がないそうてすが、直腸の中に便は無い様です。指を抜いて入れ替えに体温計を挿入します。測定温は37.2度、脇の下だと36.2度、平熱です。

今度は採石位になってもらいツルツルの大陰唇を指で広げると小陰唇の中は愛液でベトベトでした。ライトで照らすとかなりハッキリした尿道口が確認できます。尿道口にカテーテルを挿入すると、間もなく尿がチョロチョロとカテーテルから流れてきます。何時間か排尿してないそうですが、量的には50ccほどでした。

尿検査の次は膣の検査です。クスコ式膣鏡のLを入れましたが痛がったのでSサイズに変えました。膣を広げて、ファイバースコープで膣の中の映像をスマホに写し、藍さんに見ていただきます。藍さんも、自分の膣の中は初めて見たそうです。視診の次は触診です。もも先生の指が藍さんの膣内に侵入します。Gスポット周辺やポルチオ周辺を触りますがあまり反応がありません。事前に「ガシガシ手マンは嫌い」と聞いていたので執拗には責めません。電マのフェアリーブラックエクシードで、クリトリスを刺激します。「気持ちいい」とは言うものの反応が良くなかったのでウーマナイザーに持ち替えます。クリトリスが吸引される初めての感覚に藍さんも感じて喘いでいます。しかしイクと止めたくなるそうで、イキたくないというのでもっと強烈な刺激を与えてイッてもらいましょう。フェアリーブラックエクシードにアタッチメントOOGA Touchを装着してクリトリスとGスポットを責めます。しばらく喘いだ後に「イク~」と絶叫してイッてしまいました。さらにスライヴにシナプスフェーズを装置して今度はクリトリスとポルチオのW攻撃です。最初はポルチオの良さがわからない感じでしたが、ジワジワとこみ上げる快感に藍さんは絶頂に達してしまいました。

少し休憩してから浣腸を実施します。左側臥位に寝てもらい、肛門にネラトンカテーテルを挿入します。今日は50%グリセリン溶液を120cc浣腸します。初めての浣腸になる藍さんは浣腸後すぐに便意を訴えますが、排便の許可は出ません。もも先生に肛門を押さえられて何とか5分我慢した藍さんは、ベッド上に置かれた便器にブジュブジュと排便を始めました。最初は浣腸液が、次いでコロコロした便が藍さんの肛門から排泄されてきます。最後に太い便が一本、ツルッと出てきました。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まず指で肛門と直腸を触診します。肛門内は痔になったことがないので、とても綺麗です。直腸壁も触診しますが、初めて気持ち悪いの感覚に藍さんは肩をすくめています。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を肛門に挿入します。直腸内に溜まっていたグリセリン液の残りが大量にこぼれてきます。腰の下にペットシーツを敷いているので大惨事は避けられました。直腸の中は綺麗なピンク色。今日の診察はここまでです。


多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。

関東北部への往診 [2018/11/02 17:54] 未分類
yuka1101.jpg

<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は栃木県に出張があり泊まるので、地元の20代理子さんの診察を行いました。理子さんとは何年か連絡を取り合っていたものの、なかなか診察が実現しなかったのですがようやく診察できることになりました。最近は仕事が忙しい上にプライベートでも何かと忙しく、さらに診察予定がいくつかキャンセルされたため久し振りの診察になります。何人かの女性から「最近診察してないですね」とツッコミがありましたが、大丈夫、11月からは変態活動に完全復帰です。

いつもの様に聴診から入ります。心音は正常でした。乳房を揉んでいると陥没していた乳首がだんだん勃起します。次に検温のためベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。まず手袋にゼリーをつけて理子さんの肛門に挿入します。指は肛門を抜けて直腸に達します。直腸には便は溜まっていないことを確認して指を抜きます。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。ピピピ…とブザーが鳴って見ると37.1度。脇の下だと36.1度位になります。

剃毛はしないということだったので毛は剃らずに導尿します。姿勢を採石位に変えてもらいます。尿道口付近が濡れ濡れになっていて尿道口を探りにくいパターンでしたが難なくカテーテルを挿入できました。ややチクッとしたみたいですが無事導尿ができました。排尿しようと意識してないのに勝手に尿が排出される感覚が不思議だったと理子さんは回想していました。

次は膣の検査です。まずは指を膣内に入れて触診します。「男性経験はあるけど痛くて奥まで入らなかった」そうなので、慎重に指を進めます。指を抜いてクスコ式膣鏡のSを入れます。開いた膣の中にファイバースコープを入れてスマホの画面で表示します。その画面を理子さんに見てもらいました。簡易的なスコープなのですが、非常に鮮明に写っています。初めて見る自分の子宮口はどんな印象だったのでしょうか?

膣鏡を抜いて感度の検査を行います。最初に電マ(スライヴ)でクリトリスを刺激してみます。「くすぐったい」とベッド上を逃げ回る理子さん。それはウーマナイザーを当てた時も同じ反応でした。普段からオナニーもしないも言ってましたが、勿体ないことてすね。

感度の検査の次は浣腸です。姿勢を左側臥位にして、グリセリン50%で120ccの浣腸を行います。200ccガラス浣腸器にグリセリン液を吸い上げてネラトンカテーテルを左側臥位の理子さんの肛門に挿入します。音もなくグリセリン溶液が注腸されます。1分も経たない内に「お腹が痛い」と訴えるので、もも先生が理子さんの肛門をトイレットペーパーで押さえます。3分を過ぎたところで便意が強くなったみたいなのでベッド上に便器を置いてしゃがませます。もちろん口はもも先生が押さえたままです。しかし4分30秒位で理子さんは便器に排便してしまいました。飛び散ったグリセリン液がもも先生の手にかかります。臭い便が便器に排出されています。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まずは触診です。痔になったことがないという肛門壁は非常にきれいな状態です。続いて直腸壁を触診します。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を理子さんの肛門に挿入します。ピンク色の直腸壁が視診できました。


多分生涯最後になると思われるパートナーを探しています。看護師、あるいは看護学生の女性で、長期間関係を持っていだけて責め/受けの両方ができる方が条件です。浜松近郊だったら尚良し。最良のパートナーが見つかったら今の形態での活動は終了するかも。


新作浣腸ソフト販売開始 [2018/09/24 20:34] 未分類
vn20182s1.jpg
vn20182s2.jpg
vn20182s3.jpg

新作浣腸ソフト「ヴァーチャル診療所~看護師治療編~」本日より発売開始です。
http://figpeach.x.fc2.com/tool/soft.html

のリンクよりダウンロードできます。今ならDMM20%OFFキャンペーン中!

20代新人ナースの診察 [2018/09/18 23:43] 未分類
RIMG0002b.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は福井県の22歳新人ナース、英里さんの診察です。今日は英里さんに名古屋まで来てもらっての診察となりました。英里さんとはラインで1年くらいやり取りをして、やっと会えました。目がくりくりとした、純粋そうな可愛らしい女性です。

今日は健康診断の設定でプレイを開始します。まずは聴診からです。さすが22歳、張りのある素敵なオッパイです。揉むと弾力性が素晴らしく押し返してきます。手が乳首に触れると、すぐに乳首は勃起します。

次に検温です。直腸温を測定するためベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を見ると、脱ぐ前から染みが広がっているのがわかります。
kasumi2.jpg

下着を下すと、陰唇は既に大洪水。濡れ濡れです。体温計を入れる前にゼリーを塗った指を英里さんの肛門に挿入します。弾力性のある肛門です。その先、直腸には便は感じられません。指を抜いて体温計を挿入します。測定結果は36.6度。脇の下よりも1度ほど高く出るものなので、低めです。

今度は導尿です。採石位に体位を変換します。陰唇を開こうとしても愛液がベトベトで、ヌルヌルして指が滑ってしまいうまく陰唇が広げられません。ティッシュペーパーで愛液をふき取ってから陰唇を広げ12Frのカテーテルを尿道口から挿入します。名古屋に着いた時にトイレに行ってしまっていたので出るかどうか不安でしたが、チョロチョロと排尿がありました。英里さんは導尿の処置は患者さんに実施済みでしたが、自分が導尿されるのは初めてだったみたいです。さらにカテーテルが入った状態でカテーテルに電マを当てて尿道を刺激します。初めての体験に戸惑う英里さんでしたが、気持ちよかったそうです。


導尿の次は膣の検査です。最初にクスコ式膣鏡のMを英里さんの膣に挿入します。開いてライトで中を照らします。子宮口が正面に見えています。この状態で小型内視鏡を英里さんの膣内に挿入し、スマホでリアルタイムで英里さんに見ていただきました。初めて見る自分の膣内の様子に驚かれた様子でした。膣鏡が抜かれると、今度はもも先生の指が英里さんの膣の中に侵入してきます。まずはGスポット周辺を弄ります。ピンスポットでGスポットを責められると英里さんは快感で腰を浮かせて喘いでいます。とても可愛い声です。指はさらに奥のポルチオ周辺に移動します。ポルチオでも強い快感を感じられるようで今度は体を捩じって暴れています。一旦指を抜いてクリトリスを刺激します。クリトリスもかなり感じるみたいです。まだ電マの経験がない英里さんに電マを使ってみましょう。フェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てて振動を付加します。初めて体験する刺激に英里さんは絶叫しています。さらに電マをウーマナイザーに替えてみます。最高に気持ちが良いようで逃げ惑っています。中がお留守になっているので電マのアタッチメントを入れましょう。最初にビッグオルガを使います。頭の部分が大きいので入れる時は少し痛がりましたが、振動が開始されてクリトリスとGスポットに刺激が伝わると、快感のあまり体が震えています。さらにシナプスフェーズに替えて、クリトリスとポルチオのW責めに切り替わります。これだけでもガクガクとなっていたのにさらにもも先生の指が肛門から侵入してきました。英里さんは「気持ちいい」と言ってましたので、尿道に続き肛門の快感をも得たようです。長時間感度の検査を続けていましたが、さすが22歳。延々責めていてもギブアップすることはありませんでした。

休憩の後は浣腸です。これまた患者さんにはしたことはあっても浣腸されたことがないそうで初体験となります。左側臥位になってもらい、200ccガラス浣腸器にグリセリン50%溶液を120cc入れて浣腸します。わざと少し空気を入れました。(出す時にいい音が出ます)初めての浣腸に、注入後1分も経たないうちから弱気な発言が頻発します。それでも励まされて何とか5分に我慢に成功しました。しかし採石位にして差込便器を腰の下に入れるも「この姿勢では出せません」と言うのでベッド上に簡易便器を置き、跨らせます。跨ると同時に肛門からグリセリン液とガスが一気に排出されました。しかし便が出ません。その後トイレに籠って出してもらい、便を確認しました。黒っぽい下痢状の便でした。最初は匂いがしないと思いましたが、便の直近10cmの距離で匂うと臭かったです。(笑)

最後に肛門と直腸の検査です。再びベッド上で膝胸位の姿勢で寝てもらいます。最初に触診です。もも先生の指が英里さんの肛門に入り、肛門壁と直腸壁を触診します。肛門壁は痔核もなく、非常にきれいな状況でした。次にケリー氏式直腸鏡を入れます。英里さんの直腸壁が血管まできれいに見えました。その後、ゴムスティックを肛門に入れてみましたがゴムスティックは残念ながら英里さんのお眼鏡には叶いませんでした。

その後、もも先生が患者役になって英里さんに診ていただきました。ナースさんとのプレイはこれが楽しみです。ピンクのワンピースのナース服を着た英里さんは天使でした。

オマケで高速椅子に英里さんの四肢を固定し、ウーマナイザーでクリトリスを責めます。
あまりの気持ちよさに英里さんは床に向かって無意識のうちに潮をふいていました。


18歳アイドル並みに可愛い女子大生の診察 [2018/09/01 19:31] 未分類
0831.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は埼玉の18歳女子大生、静佳さんの再診です。静佳さんは女子大生になったばかりの、まだ処女の患者さんです。17の頃には既に浣腸に興味をもっておられ、診察の話はあったものの18歳になるまで待って、ようやくの診察となりました。お会いする前に「チビでデブでブスなのでごめんなさい」とのことでしたが会ってみてビックリ。アイドルグループにいてもおかしくない可愛さに太ってないのに豊かなオッパイ。男性から見たらほぼ見た目満点の女性でした。今日はシティホテルでの診察となります。

最初に聴診を行います。服の上からでも立派なオッパイと判っていましたが、脱ぐとそれはそれは形のいいオッパイです。聴診器を当てると心音は少し早めです。乳房は18歳ですので張りがあります。シコリがないかモミモミしている時に乳首に指が触れると、徐々に乳首が勃起します。

次に検温を行います。パンツ一枚でベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。可愛いお顔とややアンバランスな、大人びた黒い下着です。下着を下ろすと可愛い小さな肛門とご対面。可愛いお顔とマッチしています。肛門周辺にはやや毛が生えています。陰唇周辺は剃毛した跡がありますが、やや伸びています。残念ながら生理になってしまったのでナプキンが当ててあります。陰唇からは経血がたらりと流れており愛液が混じっているかの判断は難しそうです。ゴム手袋をはめた指にゼリーを塗り、静佳さんの肛門にゼリーを塗りましょう。もも先生の人差し指が美沙さんの肛門に挿入します。指が肛門を越えて直腸に達すると、便隗に触れました。それも相当数の便隗です。今朝は排便があったそうですが、直腸の中は便で埋もれています。これは、後で浣腸して綺麗にしなくてはいけませんね。指が肛門と直腸の中を前後すると静佳さんの口から「気持ちいい…」との声が漏れ始めました。指を抜いて体温計を静佳さんの肛門に挿入します。ピピピ…とブザーが鳴って表示を見ると37.6度。脇の下換算で36.6度、平熱です。

検温の次は剃毛になります。大阪の医療プレイ店の某先生のお勧めの剃刀を使って剃毛します。砕石位でジョリジョリと音を立てて陰毛が剃られていきます。Vラインの一部を残して陰唇は綺麗に剃毛されました。綺麗に剃毛された陰唇を開いて今度は導尿です。12Frのカテーテルが静佳さんの尿道口に挿入されます。少しチクッとした様ですが、間もなく紙コップの中にチョロチョロと排尿が始まりました。「我慢してたからたくさん出ると思う」とのことてしたが、実際に排尿されたのは100ccほどでした。

導尿の次は感度の検査です。しかし静佳さんは処女なので膣の中は触れません。まずはクリトリスを指で刺激します。とても控えめで小さなクリトリスですが、もも先生の指でコロコロとしげきされるとすぐに「気持ちいい…」と悶え始めます。さらに電マ、フェアリーファイブスターをクリトリスに当てます。かなり弱い刺激にしたのですが、軽いオナニーしかしたことがなくローターすら経験したことのない静佳さんには強烈な刺激だった様です。あまりの気持ちよさに顔を隠して腰を浮かせて悶えています。可愛すぎます。さらにウーマナイザーでクリトリスを吸引します。クリトリスだけで何度もイって頭の中が真っ白になったそうです。「もう止めて下さい!」と言うので止めましたが、この時点で静佳さんはヘロヘロでした。

少し休んで体力を回復させた後は浣腸です。静佳さんは30ccの浣腸を2回自分でしたことがあったそうですが、今日はグリセリン50%で100ccの浣腸になります。200ccガラス浣腸器にグリセリン液を満たしてネラトンカテーテルを接続し、左側臥位の静佳さんの肛門に挿入します。ガラス浣腸器のピストンを押して薬液を注入します。直腸にグリセリン液が注ぎ込まれると静佳さんは「おくすり入ってきた…」と呟きます。すぐに浣腸が効いてきて「もう出そう…」と便意を訴えますが、まだ30秒も経っていません。5分我慢できるか心配だったので、もも先生は静佳さんの肛門を押さえてサポートします。それでも頑張った静佳さんは何とか5分我慢できました。ベッドの下に置いた便器にしゃがませると、すぐに肛門から茶色く濁ったグリセリン液が排泄されました。お薬が出た後は放屁が続きます。ブジュブジュと大きな音を立てて肛門から泡をふいています。続いてコロコロの便隗が排泄されました。匂いは全然気になりません。もも先生の目前20cm位の距離で可愛い静佳さんの肛門がパクパクと広がっては便隗を産んでいます。

その後静佳さんはしばらくトイレに篭もっていましたが、トイレからは「ブリッ!ブブブッ!」と豪快な放屁音が聞こえてきました。アイドル級に可愛い静佳さんも浣腸されるとウンチもオナラも止まらなくなるのです。

最後に砕石位にして肛門と直腸の検査を行います。まずは直腸診です。静佳さんの肛門にもも先生の指が入ります。過去に時々裂肛になったという肛門ですが痔核等は無さそうです。さらに奥の直腸に指を進めます。先程の浣腸で、直腸内の便は全て排泄された様で直腸の中は空っぽです。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を肛門に挿入します。直腸内を視診すると、直腸壁の血管が綺麗に観察できました。

今度は肛門から直腸鏡を抜いてゴムスティックを順番に入れます。「変な感覚…」とは言ってましたが、あまり気持ち良くなかったのかも。折角なので、もも先生のオリジナル技である経腸Gスポット刺激を行います。処女で膣内の刺激をできない患者さんへのサービスです。初めてGスポットを刺激された静佳さんは「何、これ?オシ●コが出そう。気持ちいい」と悶絶しています。さらにこれまたオリジナル技の経腸ポルチオ刺激も行いましたが、こちらは子宮口の位置がやや奥にあったことから刺激が弱くあまり感じなかったので再度Gスポットの刺激に集中します。さらに体制を膝胸位にしてGスポットへの刺激を続けたまま、クリトリスにウーマナイザーを当てます。初めて体験するクリトリスとGスポットのW刺激に静佳さんはまたも悶絶し、本日の診察はこれにて終了となりました。

今回もオシ●コと放●がFC2のNGワードに引っ掛かりました。なんでウンチや排尿や排便や放屁がいいのにオシ●コはだめなんでしょうね。
 


生理中の20代女性の診察 [2018/08/25 23:28] 未分類
ayumi825.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知の20代女性、あゆみさんの診察です。あゆみさんは病院に興味があって、歯医者さんとかの器具が並んでいるのを見るとゾクゾクするそうです。

運の悪いことに診察直前に生理になってしまいタンポンを入れての診察となりました。その関係で使う器具等がかなり限定されてしまいました。

腹痛外来患者さんの設定で診察を開始します。聴診のために上を脱いでもらいます。巨乳のわりに乳輪は小さめ。乳首の色もきれいなピンク色です。心音を聴いてみると鼓動がやや早めです。緊張しているのでしょう。乳首を刺激すると、すぐに勃起します。その上、とても感じるみたいで「気持ちいい…」と悶えています。

次に検温のためベッドで膝胸位の姿勢になってもらいます。パンツを下げると陰唇からはタンポンの紐が出ています。ゼリーを塗ったもも先生の指があゆみさんの肛門に挿入されます。もも先生の指があゆみさんの肛門と直腸を捉えます。あゆみさんは「変な感じ…気持ち悪いような感じ」と言うので、まだ肛門の気持ちよさを理解できてないのかもしれません。肛門から指を抜いて体温計を挿入します。37.7度だったので、脇の下なら36.7度相。ほぼ平熱です。

次は剃毛です。砕石位の姿勢にしてVラインを残してIラインとOラインをT字剃刀で綺麗に剃り上げました。綺麗になった陰唇を開いて尿道にカテーテルを挿入し、導尿を行います。すぐにコップの中に排尿が始まりました。導尿は初めてのあゆみさんですが、排尿の意思もないのに勝手に尿が出る感覚が面白いようです。カテーテルを抜く前に電マ、フェアリーブラックエクシードをカテーテルに当てて尿道に刺激を与えます。初めての快楽にあゆみさんは「気持ちいい…」と悶えています。尿道の快感は初めて体感する女性でも充分に感じられるものです。

カテーテルを抜いて感度の検査を行います。今日はタンポンが入っているのでクリトリスのみになります。電マ、フェアリーブラックエクシードを大きなクリトリスに当てます。バイブやローターの経験はあるあゆみさんですが、電マは初めてだそうです。ローターとは比較にならない強烈な振動にあゆみさんはあっという間に絶頂に達します。電マをフェアリーファイブスターやウーマナイザーに替えて責め続け、合計で30回以上「イク~」と言わせて汗だくになったところで休憩。

休憩の後は浣腸です。今日はグリセリン液50%で120ccの浣腸になります。左側臥位で200ccのガラス浣腸器にグリセリン溶液を入れ、あゆみさんの肛門に注入します。注入後、すぐに便意を訴えるあゆみさんですが「5分以上我慢してください」と言われて我慢するしかありません。頑張って5分我慢したあゆみさんですが、部屋に設置した便器にしゃがんで、ぶりぶりと排便をしていました。

排便後、綺麗になった直腸と肛門の検査を行います。まずは触診です。もも先生の指が膝胸位になったあゆみさんの肛門に入って肛門壁を触診します。痔核は無さそうです。そのまま指は直腸壁に移ります。直腸壁を通じてGスポットやポルチオを刺激すると、強い反応があります。指を抜いてケリー氏式直腸鏡を肛門から挿入します。直腸の中はまだ濁った浣腸液がたくさんあったので、今後まだお腹は痛むでしょう。

最後にタンポンを抜いて、経膣でGスポットとポルチオを指で刺激してあゆみさんを悶絶させて今日の診察は終了です。

************************************************************************

もも先生からのお知らせ

責める/責められるの両方のプレイができるプレイパートナーを探しています。
できればナースさんで。年齢的にラストチャンスかと思っています。

************************************************************************


20代肛門直腸の感覚が好きなOLと複数プレイ [2018/08/15 22:07] 未分類
0815.jpg
<このブログは本当の話か、妄想なのか 読み手様で判断してください>

今日は愛知県の24歳、しのさんの再診ですが、今日は妲己先生もご一緒で3人での複数プレイとなりました。

連休なので渋滞があるかなと思ったのですが、意外とスムーズに待ち合わせ場所まで行くことができました。外来患者さんの設定で診察をスタートさせます。

最初に聴診から入ります。露わになったEカップのオッパイに聴診器を当てます。やや鼓動が早い感じです。妲己先生も聴診器を当てて心音を確認します。乳首は早くも勃起している感じです。

次にベッドの上に上がってもらい、検温のため膝胸位の姿勢になってもらいます。「ズボンを脱いで上がってください」と言ったのにいきなり素っ裸でベッドに上がったしのさん。からかわれて恥ずかしそうにしています。体温計を入れる前に手袋を嵌めた指にゼリーを塗って肛門に挿入します。直腸内には便は無さそうです。肛門が感じるしのさんは、指が這い回るだけで感じてしまい喘ぎ声を出しています。同じように妲己先生も、もも先生に替わって指を肛門に入れます。妲己先生はいきなり膣に指を入れてしまいもも先生に指摘されて大笑いしています。あらためて妲己先生の指が肛門に入りました。妲己先生が直腸の中で指を動かすたびにしのさんは喘いでいます。抜いた妲己先生の指先には少し便が付着していました。指を抜いた肛門に妲己先生が体温計を挿入しました。測定温は37.3度。脇の下なら36.3度程度ですので平熱です。

今度は採石位の姿勢になってもらい、剃毛を行います。Vライン、Iライン、Oラインの全剃毛になりました。剃毛して綺麗になった陰唇に膣鏡を入れて膣内の視診を行います。今日はクスコ式膣鏡のLサイズを使います。大きく広がった膣内を妲己先生と一緒に視診しました。視診の次は触診です。もも先生の指がしのさんのGスポットを捉えます。指がGスポットを擦るたびにしのさんは喘いで足をバタバタさせます。また、膣はもも先生の指を締め付けて離しません。さらに指はポルチオに達し、ポルチオを突くとGスポットとは異なる快感にやはり大きな喘ぎ声を発して感じていました。指だけではなく器具も使いましょう。ハイパワーの電マ、フェアリーブラックエクシードでクリトリスを刺激します。単調ながら強烈な刺激にしのさんは感じ続けています。クリトリスに関しては最近評判のウーマナイザーがあります。ウーマナイザーに替えるともう耐えきれなくなったしのさんは両足を閉じようとしますが、二人に押さえつけられて強制的に快感を与え続けられるのでした。さらに中の方も器具で責めましょう。フェアリーブラックエクシードにビッグオルガを装着してクリトリスとGスポットを責めます。さらにフェアリーファーブスターに
装着したアイリーコネクトでクリトリスとポルチオを責めます。アイリーコネクトでポルチオを突く度にしのさんは大きく喘いで足を痙攣させます。空調が効いている部屋とはいえ、しのさんは長時間の快楽責めでぐったりしています。

少し休憩した後は導尿を行います。12Frのカテーテルが膀胱に達すると黄色い尿がコップに排出されています。300cc程の尿が採取できました。導尿の次は浣腸です。今日はグリセリン液50%で150ccの浣腸になります。200ccのガラス浣腸器に入れたグリセリン液が
カテーテルを通じてしのさんの直腸に入っていきます。全ての薬液を入れ切った頃にはしのさんは早くも便意を訴え始めます。でも5分以上我慢させることを標準としているもも先生ですのですぐには出させません。しのさんは「あと何分ですか?」と何度も聞きますが、かなりお腹が痛くなってるようです。もも先生がお腹を指で押して悪戯をすると、妲己先生も真似をしてしのさんのお腹を押します。しかも「今押したのはもも先生ですよ」と嘘をついてもも先生のせいにするのです!すっかり悪者になってしまったもも先生。でも、しのさんは頑張って5分我慢しました。5分後にベッド脇に置いた便器に跨って、妲己先生ともも先生に見られながらブリブリと排便を行いました。(妲己先生はやや離れた場所でw)

最後に肛門と直腸の検査を行います。最初に触診です。もも先生が肛門壁を触診します。次いで妲己先生も直腸壁を触り異常がないか確認しています。さらに直腸壁も触診します。直腸からGスポットやポルチオを刺激する方法を妲己先生に伝授しました。触診の次は視診です。有柄式肛門鏡でしのさんの肛門を左右に開いて肛門壁を外気に晒します。それを妲己先生に見ていただきました。さらにゴムスティックをしのさんの肛門に入れます。どのゴムスティックもしのさんの肛門/直腸を気持ちよくさせるものであり、刺激される度に足を痙攣させながら喘いでいました。締めに電マのアタッチメント、シナプスヴォーグでクリトリス、ポルチオ、肛門の3点責め。さらに両乳首まで責められて5点責めの快感に喘ぎ続けるしのさんでした。



新作浣腸ソフト「ヴァーチャル女医さん研修編(後編)」、本日より発売開始 [2018/07/26 20:06] 未分類
k2s1.jpg
k2s2.jpg
k2s3.jpg

新作浣腸ソフト「ヴァーチャル女医さん研修編(後編)」、本日より発売開始です。

http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_133200/figpeach-001

よりダウンロードできます。今ならDMM20%OFFです。